難しくないぞ!ESTA(エスタ)を自分で申請・確認する方法!

日々の出来事 日常ネタの雑記
スポンサーリンク

ESTA

入力するだけ!カズヤ(@kazumiso_s)です。

アメリカへ旅行する際に必要なESTAというものを自分で申請してみました!

旅行代理店などでESTAの代理申請をお願いすることもできるみたいですが、手数料で5千円くらい取られるらしい。

5千円も取られるってことは相当難しいんだろうな・・・と思いきや、必要事項を入力して支払いするだけで完了してしまいました。

ESTAの申請を代理店に任せようか悩んでいる方は、この記事の内容をみて自分にできるか判断してみるといいかもしれません!

スポンサーリンク

ESTAについて

申請を行う前にESTAについてご説明。

ESTAとは!?

ESTAとは「Electronic System for Travel Authorization」の略で旅行許可を得るための電子渡航認証システムになります。

インターネットを利用して個人でも申請可能なものとなり、米国へ入国する際は申請が義務化されています。

料金と有効期限

ESTAを申請する際は一人につき$14となります。
日本円で1400円前後になりますね。

1度申請すると2年間は有効となり、期限内であれば何度米国へ渡航しても料金は支払わなくて済みます。

だだし、ESTA有効期限内にパスポートの期限切れ、パスポート破損による再取得した場合はなどは再度ESTAの申請及び$14の支払いが必要となります。

自分のESTAが有効期限内かどうかはこちらで説明します。

申請に必要なもの

ESTAを申請する際に必要なものは以下になります。

  • 申請するパスポート
  • クレジットカード

予め手元に用意した上で申請作業を行いましょう!

申請方法

それではESTAの申請手順をご紹介していきます。

こちらのESTA申請サイトをパソコンで開きましょう!

トップ画面

新たにESTAを登録する場合は左側の「個人またはグループでの米国渡航に関する新規認証を申請」の枠にある申請ボタンをクリックして進みます。

ESTAトップ画面

申請内容

開いた画面でパスポートの所有者情報の登録を行います。
項目が多いので分割してご紹介

個人情報

登録内容の上の部分は名前や生年月日、国籍などの入力になります。
名前はアルファベットで入力する必要があります。

パスポートに書かれている情報を確認しながら入力しましょう。
赤い米印が付いている項目が必須入力となります。

申請内容1

チェック項目

「伝染病にかかっているか、身体的に障害があるか、麻薬中毒者ではないか」など7つのチェック項目があります。
「はい、いいえ」で回答していきましょう!

申請内容2

最終確認

ESTAで申請する内容について理解したことを証明するためにチェックを入れる必要があります。
全て入力できたら「次へ」ボタンで進みましょう!

最終確認

再確認

先の画面で入力した内容の確認画面が開くので間違えがないかしっかりとチェックしましょう!
間違えがなければ、再確認のためにパスポート番号などを入力します。

再確認

支払い待ち

登録内容の確認が完了すると料金の支払い待ち状態となります。

1人分の申請で終わる方は免責事項にチェックを入れて、支払いボタンをクリックして進みましょう。

右上にある新規申請の追加というボタンをクリックすれば、複数人分を一度に申請することができます!

支払い待ち

グループ作成

複数人のESTAを申請する場合、代表者がグループを作成する必要があります。

作成といっても、名前や生年月日を入力するだけです。
作成後は別の申請者の情報を続けて入力していくだけで一度に最大50人分まで申請することができます!

同時に複数人を申請したからといって、同じ日に旅行に行かなければいけないわけではありません。
あくまで同時にESTAの申請を行うだけなので、友人や家族などまとめて申請したい方は手間が省けます!

私は5人分まとめて申請!

グループ

登録完了

支払い

人数分のESTA申請料をクレジットカードで支払います。

名前や住所などは全てアルファベットでの入力となります。
支払うクレジットカードの所有者情報を入力して支払いましょう!

支払い

申請完了!

クレジットカードでの支払いが完了すると申請したESTAの認証待ち状態となります。
認証されるまで最大で72時間かかる場合があります。

右側のESTA申請状況欄が「渡航認証許可」となっていれば完了です!
私は10分後くらいに確認したら全員分許可されていました。

これで申請したパスポートで米国へ入国することが許可されたことになります。

申請完了

申請完了

申請状況の確認

過去にESTAを申請していて有効期限内かどうかを確認したい方、新規で申請したものが許可されたかを確認したい方はこちらをご参考下さい。

こちらのESTA申請サイトを開いたら、右側の「以前提出した1人または複数人のための米国への渡航認証を検索」を選択します。

1件だけ検索するか、グループで検索するか選択できるのでどちらかを選び、照会に必要な情報を入力しましょう!
パスポート番号、生年月日、姓名が分かれば検索ができます。

確認

最後に

以上でESTAの申請作業は完了になります。
お疲れ様でした。

パスポート番号、個人情報を入力してクレジットカードで支払いをするだけで申請ができることが分かったと思います。

代理店にこの作業を頼むと5千円弱の手数料が取られます。
もちろん、ESTA申請料の$14とは別にです。

自分で申請して5千円を浮かすことができれば・・・

  • 空港までの交通費の足し
  • ワンランク上のディナーに
  • アクティビティをちょっと豪華に
  • お土産の追加

などなど、旅行がちょっと豪華になりますね。

必要事項を入力するだけで申請できるのでパソコンに不慣れな方もチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

空港などで外貨両替すると手数料がかなり高くなってしまうので、出来る限り安く済ませましょう。



しっかりと事前準備を行い、アメリカ旅行を楽しみましょう!

関連するこちらの記事もどうぞ!

しっかり準備!海外旅行に行く為に必要だった12のこと。
しっかり準備!海外旅行に行く為に必要だった12のこと。
しっかりと準備しよう!カズヤ(@kazumiso_s)です。先日、義弟の結婚式出席の為にハワイへ旅行に行ってきました!新婚旅行以来、2回目の海外旅行でテンションブチ上げだったんですが意外と出発までにやることが多くて大変。海外なんて滅多に行く機会がないので次の旅行のために備忘録として今回準備した12のことをまとめてみました。旅行会社決め海外に旅行へ行く
こちらの記事を読む

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。「好酸球性副鼻腔炎」という難病かもしれない?嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。