e-Taxで医療費控除の確定申告。簡単に申請できた!

お金のこと お金の節約術
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => money [name] => お金のこと ) [1] => Array ( [parent] => 1597 [slug] => saving [name] => お金の節約術 ) )
スポンサーリンク

e-Taxで医療費控除の確定申告。簡単に申請できた!

意外と簡単。カズヤ(@kazumiso_s)です。

昨年に支払った医療費が10万円を超えたのでe-Taxを使って医療費控除申請をしてみました。
なんか難しいイメージがあって申請が憂鬱でしたが、意外と簡単だった!

簡単に医療費控除の申請手順をまとめてみたのでご紹介!

スポンサーリンク

e-Taxの利用準備

まず、e-Taxを利用するための事前準備が必要になります。

利用者識別番号というものをまだ取得していない方は、こちらの記事を参考にしてみてください。

準備が整っている方は先に進みましょう!

自宅で申請!e-Taxで確定申告を行うための準備・設定方法。
自宅で申請!e-Taxで確定申告を行うための準備・設定方法。
意外と大変。カズヤ(@kazumiso_s)です。自宅からインターネット経由で確定申告が行える「e-Tax」。副業での確定申告、医療費控除の申請を行うために設定を行いました!意外と手間がかかって面倒だったので初めてe-Taxを行う方向けに手順をまとめてみました。必需品の準備e-Taxを利用するにあたって必要なものが2つあります。それぞれ事前に準備して
こちらの記事を読む

作業の前に

準備

医療費控除を申告する際に準備しておきたい物が2点。

申告する医療費の明細と、病院などへ行く際にかかった交通費の明細です。
医療費の明細は個人、病院毎にまとめておくと後の作業がスムーズになります。

交通費に関してはバスや電車であれば明細は不要、タクシーなら領収書が必要になるそうです。

利用ブラウザ

e-Taxを利用する際はブラウザには注意しましょう。

Windowsユーザーは「InternetExplorer」
Macユーザーは「Safari」

を使って作業を行う必要があります。

普段使っているGoogleChromeでうっかり作業をしてしまうと、最後の最後でエラーとなり1からやり直しになるかもしれません。

私みたいに(-ω-;)

申請手順

確定申告書等作成コーナー

さて、利用するブラウザをしっかりと確認した上で、確定申告書等作成コーナーページを開きます。

青い大きいボタンをクリックして申告作業を開始しますが、その前に医療費控除を申告する場合に便利なものがあるので取得します。

左側の「医療費集計フォーム」という部分を選択してExcelファイルをダウンロードして、任意の場所へ保存しておきましょう!
医療費を簡単に集計できるファイルで、あとで活躍します。

用意ができたら作成開始!

作業開始

e-Taxを選択

申請方法の選択になります。
e-Taxは左側を選択。

e-Tax

環境確認

利用者識別番号取得の際もありましたが、利用するパソコンの環境確認などを行います。
全てにチェックを入れて次へ進みます。

環境確認

利用者識別番号の有無

利用者識別番号を取得済みであれば左側を選択。
まだ取得していない方はこちらを参考にして下さい。

利用者識別番号

利用者識別番号の入力

ここで自分の利用者識別番号を入力して情報検索を行います。

が、私は自分の利用者識別番号が見つからないと言われてしまいました・・・。
でもそのまま申請手続きを進めることができましたw

最後のほうで最終的に利用者識別番号の認証があるので問題ないのかな。

利用者識別番号の入力

所得税の申告

次に開いた画面から作成する申告書の種類を選びます。
医療費控除は上から2番目の

「所得税及び復興特別所得税の確定申告書」

となります。

所得税

申告書選択

申告者の所得内容によって、申告書の作成手順が変わります。
左側青い枠内の内容を確認して該当すれば青色の申告書を選択しましょう。

会社勤めの方ならおそらく青い部分が該当するのではないでしょうか。
よくわからない方は右側の緑枠を選択してみてください。

申請書選択

提出方法

申告書を提出する方法を選択します。
先程からe-Taxを利用すると選択しているにも関わらず、再度確認が入ります。

「e-Taxにより税務署に提出する」が選択されていることを確認し、申告者の生年月日を入力して進みます。

提出方法

給与所得内容

次に給与所得内容の入力があります。
医療費控除を申請する年の源泉徴収票を用意して必要項目に値を入力していきます。

源泉徴収票と見比べて、種別名が一致したところの金額を入力すればOKだと思います。
見本も確認することができるので間違いのないようにしましょう。

源泉徴収票

医療費控除

給与を入力したらこちらの画面になります。

ここにある医療費控除となっている箇所の入力するボタンをクリック!

医療費控除

医療費集計

次に申告する医療費の入力方法を選択します。

医療費控除をe-Taxで申告する場合、領収書を税務署に提出する必要がありません。
しかし、その場合は事細かにいつ、どこで、だれが、なんのために、いくら支払ったか。というのを入力する必要があります。

そこで役立つのが最初の画面でダウンロードしてきた医療費集計フォームになります。

直接ブラウザ上で申告内容を入力することもできますが、件数が多い場合は集計フォームを利用した方が楽だと思います。
領収書の数が少ないけど金額が大きいという方は直接の方が早いかもw

また、領収書を税務署に送付するのであれば医療費の合計金額のみ入力すればOKです。
どちからを選択しましょう。

医療費集計フォームを利用する場合は入力済みのファイルを②で選択し、③の読み込みボタンをクリックしましょう!

医療費集計フォーム

医療費集計フォーム

ダウンロードして医療費集計フォームはこんな感じです。
Excelのファイルになるので医療費の明細書を見ながら各項目を入力していきます。

氏名や続柄、病院名などはコピペで反映することができるので入力がスムーズになります。
全て入力したら任意の場所へ保存。

医療費集計フォーム

医療費集計フォーム読込結果

集計フォームを読み込んだら結果画面が表示されます。
合計金額等を確認し、問題なければ反映させます。

入力エラーがあった場合はここの画面に表示されるので内容を確認して修正を行い、再度読み込みを行います。

集計フォーム結果

読み込み確認

医療費集計フォームを読み込んだ結果が一覧に反映されます。
最終的に申告する全ての内容を入力し終えたら次へ進みます。

以降は住民基本台帳カードを読み込んでおく必要があるのでパソコンに繋いでおきましょう。

結果確認

最後に

医療費の集計以降は申告内容の確認、申告者情報、還付金の支払口座の入力などを行い最後まで進めれば医療費控除の申告は完了となります。
特に難しい作業がないため割愛させて頂きます。

また、ご紹介した個別で医療費明細を入力して申告する場合は税務署へ領収書の提出は不要になりますが、3年間は保管しておく義務があります。

医療費控除の領収書の保存期間が3年から5年へ変更となりました。

税務署から申告した内容について問い合わせがあった際に答えられるようにしておいてください。

集計作業がちょっと面倒に感じますが、集計フォームを利用すれば意外と早く終わると思います。
深夜や土日祝でも申告できること、税務署へ足を運ぶ必要がないことを考えればe-Taxでの確定申告はかなり楽ですね。

医療費で年間10万円以上支払った方はe-Taxでの申告に挑戦してみてはいかがでしょうか。

※株式投資で損失が出た時に行う繰越控除の手順もまとめてます!

繰越控除!株で損した時にe-Taxで行う確定申告の手順!
繰越控除!株で損した時にe-Taxで行う確定申告の手順!
しっかり確定申告しておこう!カズヤ(@kazumiso_s)です。株式投資を行う際、利益がでると即座に税金を払って確定申告不要となる「源泉徴収ありの特定口座」。株を始めた時に「確定申告不要ならこれでいいやー」と、よく調べもしないで、この口座を開設しました。でも年間で損失が発生した場合は確定申告を行うと損失の繰越ができるとのことなので、今年からe-Taxで確定申告する
こちらの記事を読む

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。