これおすすめ!木製のパソコン L字デスクで広々快適に作業!

ガジェット・モノ 日常で使えるモノ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => gadget [name] => ガジェット・モノ ) [1] => Array ( [parent] => 663 [slug] => usually-goods [name] => 日常で使えるモノ ) )
スポンサーリンク

l字デスク

いい感じ!カズヤ(@kazumiso_s)です。

小さな夢を一つ叶えました。

それは自分の部屋にL字デスクを置くこと!
モニター二台置いても余裕の広さは作業が捗る!

スポンサーリンク

快適 木製L字デスク

ポチっと注文した後、でっかい縦長のダンボールに入ってやってきました。
さっそく二階の私の部屋へ運ぼうとしたけど、

あれ・・・持ち上がらない。

そりゃそうだ。
総重量32kgもありやがるw

一人じゃ腰が粉砕しそうだったので、ダンボールを開けてパーツ毎に運搬。

そしてこちらがデスクを組み立てるためのパーツ全てになります!

パーツ

用意するもの!

デスクを組み立てるために必要な工具はこちら!

プラスドライバーとマイナスドライバー、電動ドライバー、ゴムハンマー。

私はプラスドライバーしか使いませんでしたw
重いものを乗せるのでネジはしっかり留めたほうが良いですね。

電動ドライバーもしくは工具セットは必須だと思います。

マイナスドライバーとハンマーは使い所の記載もなく、何に使うのかまったく分かりませんでした。

用意するもの

いざ組み立て!

組み立てるための図はちと分かり辛い。

パーツの穴の位置をしっかりと確認しながらネジ留めしていきます。
穴の位置を間違えて取り付けると、あとの手順でネジ穴が合わずやり直す羽目になるから注意。

組立図

パーツには番号シールが

各パーツには組み立て図と連動した、番号シールが貼ってあります。

組み立て手順で必要なパーツ番号が書いてあるのでどれを使えばいいかがすぐ分かります。

番号

完成しても・・・

およそ50分で完成!

日曜大工なんて普段やらない私でも一人で組み立てられました。
組み立てるだけなら力も入らないので女性でもできると思います。

作業中は床に傷がつくかもしれないので、毛布などを引くことをオススメします!

逆さま

クルッと回す!

組み立て図の通りにやると、デスクは前の写真のように逆さまになっています。

まさか完成したものをひっくり返すなんて考えてもなかったのでちょっと困惑。

六畳の狭い部屋でなんとか一人で起こすことができましたが、2人以上でやったほうが安全です・・・

危うく窓ガラスをぶち破るとこでした(゚д゚;)

ひっくり返す

配置イメージ

さっそくパソコンたちをデスクの上に配置!

椅子に隠れてしまいましたが、1番左に少しだけ見えているのがプリンター。
その隣から21インチのモニター、13インチMacBook Air、27インチのモニター、最後にヘッドフォン。

これだけ置いてもまだ少し余裕があるのでかなり広々しています!

足元もスッキリしていてゆったり座れます。

配置イメージ

注意点

ちょっと気になったのがデスクに指紋がつきやすい!
選んだ色も影響してるかもですが、ちょっと目立つ・・・。

木材の天板は安っぽい質感。

高級感はありません。
まぁ1万円以下だから仕方ないか。

指紋がつく

最後に

組み立ては50分で終わりましたが、同時購入した椅子の組み立て、前使っていたラックの解体、パソコンなどの設置、後片付け・・・など全ての作業を行ったら全部で5時間弱を要しました。
時間には余裕を持って作業を行いましょう!

めっちゃ疲れるし、ダンボールとプラゴミもかなり出ますw
それでも作業後に新しいデスクで飲むコーヒーは格別でした!
俺、お疲れ様。

6年ぶりくらいに新調した27インチモニタにも満足。
最近のモニタは安くてデカくて綺麗だ(゚Д゚)

残念ながら、人気のためか購入したL字デスクは楽天でもAmazonでも売り切れ。
物は違ってしまいますが、同じようなL字デスクはたくさんあるので気になった方はチェックしてみてください!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。