Mac パス表示してファイルがどこにあるかを分かりやすくする設定!

パソコンで使える小技 パソコンのこと
Array ( [0] => Array ( [parent] => 1268 [slug] => pc-tweak [name] => パソコンで使える小技 ) [1] => Array ( [parent] => 1586 [slug] => pc [name] => パソコンのこと ) )
スポンサーリンク

ファイルパスを表示

常にパス表示!カズヤ(@kazumiso_s)です。

MacのFinderを開いている時に、今どこのディレクトリにいるのかが分かりにくい。

Windowsのエクスプローラーと違ってパスが表示されないため、乗り換えた方には非常にストレスに感じると思います。

そんな人のために、常にどこのディレクトリにいるかを表示する便利な設定があるのでご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

Finderのディレクトリパスを表示する設定

設定と言っても、やることはたったのひとつ。

Finderをアクティブにした状態で、メニューバーの表示にある『パスバーを表示』を選択するだけ!

表示メニューから設定

Finderの下にファイルパスが表示された

即座にFinderの下部にファイルパスが表示されるようになりました!

これで今どこの場所のファイルを選択しているかが分かるようになりました。

ファイルパスが表示された

設定しなくても参照可能

ファイルパスを常に表示させたくないという方はこちら。

Finderの上部中央にディレクトリ名が表示されています。

ここにマウスポインタを乗せて、右クリック(トラックパッドは二本指で)するとファイルパスが縦に並んで表示されるようになります!

ワンクリックで表示

最後に

画面下部に表示したファイルパスは上位階層をダブルクリック、ディレクトリの上で右クリックした場合はシングルクリックすることで瞬時に移動が可能となります!

どこのディレクトリにいるかが視覚的に分かりやすくなるだけでなく、ディレクトリ移動が楽になるという利点もあります。

Macの操作に慣れていない方は是非お試しください!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。