「ソフトバンクでんき」契約で電気代とスマホ代を節約!

お金の節約術
スポンサーリンク

ソフトバンクでんき

電力小売り全面自由化に伴い、ソフトバンク株式会社の電力サービス「ソフトバンクでんき」が2016年4月1日より提供されることが発表となりました!

このソフトバンクでんきに乗り換えることで、今使っている電気代が少し安くなる!

ソフトバンクのスマホを利用している方が「ソフトバンクでんき」を利用すると月々の利用料金が安くなるお得な割引も用意されています。

そんな「ソフトバンクでんき」の料金プランや割引情報、特典などをまとめてみました!

スポンサーリンク

「ソフトバンクでんき」契約で電気代とスマホ代を節約

「ソフトバンクでんき」では契約プランが3種類用意されています。

これらを4月1日から東京電力エリア、中部電力エリア、関西電力エリアへの提供を開始し、順次全国へ拡大されていきます。

こちらの記事では東京電力エリアを対象とした、提供開始となる契約プラン3種類の料金や割引額などをまとめております!

ソフトバンクでんき「スタンダードS/L/X」プラン

一つ目のプランは「スタンダードS/L/X」プラン。

家族構成が単身世帯、夫婦共働きや現在の月額でんき料金が6,500~8,000円の家庭に適したプランとなります。

スタンダードプランに限り、以下のプランが3つに細分化されています。

  • スタンダードS:アンペアブレーカ契約で60アンペアまでの方向けプラン。
  • スタンダードL:自身で取り付けたブレーカによる契約で6kVA以上向けプラン。
  • スタンダードX:スマートメーターによって計測された30分ごとの使用電力量を使って、過去1年の使用実績から基本料金を決定するプラン。

基本料金、電力料金はそれぞれ以下の通りです。

スタンダードSの場合

基本料金:10Aにつき280円80銭
電力料金:最初の300kWh内は1kwhにつき、23円30銭
     300kWh超過後は1kwhにつき、30円02銭

スタンダードLの場合

基本料金:1kVAにつき280円80銭
電力料金:最初の300kWh内は1kwhにつき、23円30銭
     300kWh超過後は1kwhにつき、30円02銭

スタンダードXの場合

基本料金:10kWにつき561円60銭
電力料金:最初の300kWh内は1kwhにつき、23円30銭
     300kWh超過後は1kwhにつき、30円02銭
最低月額料金:1契約につき、231円55銭

ソフトバンクでんき「バリュープラン」

二つ目のプランは「バリュープラン」。

東京電力とのアライアンスにより実現された共同プランとなっており、電力量料金が300kWhまで定額、300kWhを超えると割安になる単価設定で電気使用量の多い家庭向き。

さらに実際の電力使用量が300kWhに満たなかった場合は、使わなかった電力量に応じてTポイント付与またはソフトバンクの携帯電話で使用可能なデータ量での還元のどちらかが選べるプランとなっております。

家族構成が3~4人家族や現在の月額でんき料金が8,000~1万6,000円の家庭に適したプランとなり、利用者が最も多くになりそうなプランです。

基本料金、電力料金はそれぞれ以下の通りです。

基本料金:1kWhにつき432円00銭
電力料金:定額料金が最初の300kWhまでが月額7,020円となり、
     300kWh~400kWhの間は1kWhにつき25円89銭の従量料金
     400kWh以降は1kWhにつき30円02銭の従量料金

月の使用量が300kWhより下回った場合は、5kWhごとにTポイント50ポイント付与、またはスマホのデータ通信料0.15GBが付与されます。
ただし、端数切り捨てとなり、月最大100kWhまでが対象となるので注意が必要。

このバリュープランで最大限お得となる使用モデルは、月の使用量が200kWhでTポイントが1,000ポイント付与された時。
貯まったTポイントはファミリーマートでの支払いやソフトバンク携帯の料金支払いに使えたりします。

ソフトバンクでんき「プレミアムプラン」

三つ目のプランは「プレミアムプラン」。

電力量料金が400kWhまで定額、400kWhを超えると割安になる単価設定で電気使用量の多い家庭向き。

家族構成が二世帯住宅、三世代同居など大家族や現在の月額でんき料金が1万6,000円以上の家庭に適したプランとなります。

こちらのプランはバリュープランとは異なり、Tポイントやデータ通信量への還元はありません。

基本料金、電力料金はそれぞれ以下の通りです。

基本料金:1kWhにつき468円00銭
電力料金:定額料金が最初の400kWhまでが月額9,700円となり、
     1kWhにつき29円04銭の従量料金

ソフトバンクでんき「FITでんきプラン(再生可能エネルギー)」

ソフトバンクのオリジナルプランとして「FIT電気(再生可能エネルギー)」を活用した電力を希望する方に提供となるプラン。

記事執筆時点では提供に関する詳細な情報は公開されておりません。
今後同社からの発表されるのを待ちましょう。

「ソフトバンクでんき」契約で「おうち割」の対象に!

「ソフトバンクでんき」を契約することでおうち割のという割引サービスの対象となります。

ソフトバンクの携帯電話または「SoftBank 光」などの固定通信サービスをセットで契約することで、ソフトバンク携帯電話の代表回線または固定通信サービスの利用料金が割引になります。

割引額はソフトバンクでんきの契約プランによって異なり、割引額は以下の通りです。

  • スタンダードS/L/X:100円/月
  • バリュープラン:200円/月
  • プレミアムプラン:300円/月

注意すべきは、ソフトバンクでんき1契約につき1回線が割引対象となること。
夫婦でソフトバンクの契約していても2人分はおうち割の対象とはなりません。

また、割引適用期間は適用開始月より起算して24カ月目までとなります。

電気代の試算

ソフトバンクが「おうち割 でんきセット」のモデルケースを発表しています。

【条件】
・一戸建て3人世帯・全員がソフトバンク携帯電話利用者の家庭の場合
・1カ月の平均でんき使用量:392kWh
・バリュープランを契約

【試算】
東京電力で従量電灯B(40A)プランを契約した場合:約1万850円
ソフトバンクでんきのバリュープランを契約した場合:約1万350円

上記の通り、月に500円の差がでる結果に。
年間に換算すると電気代の差で6,000円、Tポイント付与で520ポイント、おうち割適用で2,400円となり、計約8,920円のお得になります。

おうち割は24ヶ月間のみ適用となるため、3年目以降では年6,520となります。

毎月使用する電気量は当然異なってくるので一概にもいえませんが、おおよそのお得目安にはなります。

料金以外にもお得なサービス「おうちレスキュー」が特典

ソフトバンクでんきでは、電気代が安くなる上に以下の特典が2年間利用できます。

  • 水漏れや配管のつまりなどの「水のトラブル」
  • 鍵の紛失をはじめとする「カギのトラブル」
  • ヒビ割れや破損などの「ガラスのトラブル」

上記のトラブルが起こった際、出張料・作業料無料で対応してくれるものになります。
ただし、作業により部品代・特殊作業代・延長料金などが発生する場合があります。

まとめ

まとめると、ソフトバンク電気に乗り換えた場合のメリットは以下のようになります。

  • 月々の電気代が500円前後のお得になる
  • バリュープランのみTポイントまたはデータ通信量の付与がある
  • 2年間は100円~300円の割引(おうち割)が適用される
  • 2年間はお家のトラブル対応の特典が付いてくる

今までの電気代と比べてどのプランがお得になるかは、「ソフトバンクでんき」特設サイトにて公開されている料金シミュレーターを使用するといいかもしれません!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。