ソフトバンクの新サービス「スマ放題」が4月21日より提供開始!

日々の出来事 小ネタ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => daily [name] => 日々の出来事 ) [1] => Array ( [parent] => 1064 [slug] => topic [name] => 小ネタ ) )
スポンサーリンク

ソフトバンク

安い!?高い!?カズヤ(@kazumiso_s)です。

ソフトバンクが新たな定額サービス「スマ放題」を4月21日より提供開始すると発表を行いました。

このスマ放題は音声定額とパケット定額がパックになったスマートフォン向けの定額サービスとなります。

スポンサーリンク

一部改定

2014年1月に新定額サービスを提供すると発表しましたが、当時の発表内容と今回発表した内容とで一部改定された部分があります。

1ヶ月あたりの通話量

Sパック:3分/50回 → 5分/50回
M・Lパック:5分/1,000回 → 10分/1,000回

超過した際の通話料金

30円/30秒 → 20円/30秒

ソフトバンク携帯電話宛ての国内音声通話

無料(午前1時~午後9時)

スマ放題の概要

スマ放題にはS、M、Lの3つのプランがあります。

Sパック

国内音声通話:5分以内/50回まで。
超過した場合は20円/30秒の通話料が発生。

国内パケット通信は2GBまで。
超過した場合は250円/100MBのパケ代が発生。

月額利用料金は5,980円

Mパック

国内音声通話:10分以内/1,000回まで。
超過した場合は20円/30秒の通話料が発生。

国内パケット通信は7GBまで。
超過した場合は125円/100MBのパケ代が発生。

月額利用料金は6,980円

Lパック

国内音声通話:10分以内/1,000回まで。
超過した場合は20円/30秒の通話料が発生。

国内パケット通信は15GBまで。
超過した場合は100円/100MBのパケ代が発生。

月額利用料金は9,980円

専用基本使用料

2年契約の場合、月額980円
通常契約の場合、月額1,960円

ソフトバンクWi-Fiスポット、テザリングオプションの使用料は無料。

その他

当サービスの対象機種は「SoftBank 4GおよびSoftBank 4G LTE対応スマートフォン」となります。

専用基本使用料、S!ベーシックパック(月額300円)への加入は必須となります。

規定のパケット量を超過すると料金が加算されていきますが、この超過加算を行わないようにする「あんしん料金オプション」というものに月額300円で加入できます。
ただし、超過後の通信速度は128kbpsとなります。

またSパック、Mパックは直近3日間の通信量が1GBを超える場合、Lパックは2GBを超える場合、速度制限がかかる場合があります。

割引キャンペーン

「スマ放題」開始を記念して、Mパック、Lパックの月額利用料を6カ月間毎月1,000円引きとなる「スマ放題スタートキャンペーン」を実施。

これが適用されることで、6ヶ月間はMパックが5,980円・Lパックが8,980円となります。

最後に

一番安いSパックを選択した場合、月額7,260円となります。
高額に思えるかもしれませんが、毎月通話料を多く払っている人はスマ放題の方が安くなるかもしれません。

またLパックなら15GBまでパケットを利用できるので動画をたくさん観たり、テザリングを多用する人はモバイルルーターなどを使わずにソフトバンクスマホ一本にすると節約になるかもしれません。

自分が毎月どれくらい通話するか、インターネットを使うかをしっかりと把握して最適な料金プランを設定しましょう!
消費税も上がったので、毎月の通信費を節約できるといいですね!

参考:ソフトバンク

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。