Skitchの使い方~写真などに手書きメモや飾り付ができるEvernote社のフォトアプリ~

Apple関連 iPhoneアプリ 写真アプリ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => iphone-app [name] => iPhoneアプリ ) [2] => Array ( [parent] => 687 [slug] => photo [name] => 写真アプリ ) )
スポンサーリンク

MACアプリとしても有名なフォトアプリ「Skitch」のご紹介です。

手軽に写真へコメントを入れられたり、Webページなんかにもメモが描けちゃいます!

価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
※アプリ価格は掲載時のものです。

AppStoreでアプリをチェック!


スポンサーリンク

トップ画面

アプリを立ち上げると加工する写真の選択になります。

ライブラリーから選択してみます。

Skitch

 アイテム描画

写真などを選択するとすぐに加工できる状態です。

右上に矢印が表示されています。

ここに表示されているアイテムが描画するアイテムになります。
Skitch

 矢印を追加

矢印を表示させたい箇所をなぞると描画されます。

なぞる幅が長いほど、長い矢印になります。

Skitch

 アイテムの編集

一度描画したアイテムをタップすると、両端に青い丸が付きます。

この状態は大きさや表示位置を調整できます。

この時、他のアイテムもタップすると複数のアイテムに対して同じ操作が適用されるようになります。

削除したい場合は、右下のゴミ箱をタップしましょう。

左下の矢印をタップすると一つ前の状態に戻ります。

連続で押せばどんどん戻ります。

Skitch

 枠やペンなども!

描画できるアイテムは矢印以外にもあります。

右上の矢印をタップすると、メニューが表示されます。

「a」を選択すると文字の入力が可能。

四角い枠を選択するとすると、描画可能。

ペンを選択すると、フリー手書きが描画可能。

ペンの下を選択すると、モザイクをかけることができます。

その下を枠を選択すると、トリミングができます。

カラーパットを選択するとその色でアイテムを描画できます。

また、すでに描画済みのアイテムを選択するとした状態で色を選択すれば、色を変えることも可能です。

一番右のレバーは、アイテムの線の太さや文字の大きさを調整できます。

Skitch

 写真を加工しよう!

このように様々なアイテムを使用して、画像に色々なものを書き込めます!

Skitch

作成した画像はEvernoteに連携したり、メール添付、カメラロールに保存ができます!

基本的な使い方は以上になります!

初期画面で地図やWebページを選択すれば、写真以外にも加工可能です!

ちょっとしたメモだったり、資料へのマーカーするのにも便利です!

価格: 無料
カテゴリ: 仕事効率化, ライフスタイル
※アプリ価格は掲載時のものです。

AppStoreでアプリをチェック!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。