Windowsのalt + tabみたいにアプリをMacで切り替える方法

スマホやパソコン パソコンのこと 便利なパソコンツール
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => it [name] => スマホやパソコン ) [1] => Array ( [parent] => 1586 [slug] => pc [name] => パソコンのこと ) [2] => Array ( [parent] => 1268 [slug] => tools [name] => 便利なパソコンツール ) )
スポンサーリンク

Windowsのalt + tabみたいにアプリをMacで切り替える方法

ずっと煩わしかったカズヤ(@kazumiso_s)です。

同じアプリを複数ウインドウで開いている時に別のウインドウへ切り替えてアクティブにしたい時、多々ありますよね。

Windowsなら”alt + tab”でサクッとできますが、Macだとそうもいきません。

同じように”command + tab”で切り替わるのはアプリ単位となってしまうからです。

例えばブラウザを複数ウインドウ開いている時、Finderで複数開いている時・・・

裏に隠れている同じアプリウインドウはアクティブになりません。

Windowsに慣れていると非常にイライラっとします。

が!

senebier(セネビエ)”というアプリを使えばWindows感覚でウインドウの切り替えが可能になります!

神アプリすぎるのでご紹介。

スポンサーリンク

ウインドウ切り替えを快適に!senebierの使い方

使い方はとっても簡単です。

まず”senebierの公式サイト”からアプリをダウンロードしてきて解凍しましょう。

AppStoreでは公開されていないので注意です。

システム環境設定を開く

次にsenebierを使えるようにするための設定をします。

Macのシステム環境設定を開き、ここにある”セキュリティとプライバシー”を選択。

ダウンロードしたアプリの実行許可

一般タブを開くと下の方に

ダウンロードしたアプリの実行許可

という設定箇所があります。

こちらを

App Storeと確認済みの開発元からのアプリケーションを許可

を選択します。

コンピュータ制御の許可

続いて、プライバシータブをクリック。

左側の欄から”アクセシビリティ”を選択します。

右側にsenebierが表示されるのでチェックを入れて保存します。

これで使用準備完了!

ショートカットキーを押すとアプリ一覧が表示

option + tab

この2つのキーを同時に押すと・・・senebierが前面に出てきて使用中のアプリ一覧が表示されます!

複数ウインドウ開いているアプリもしっかり分かれています。

一覧が表示された状態でoptionキーを押したままtabを押すと、選択中アプリが切り替わっていきます。

最前面に表示したいアプリのところでoptionキーを離すとパッと前面に表れます!

Windowsと同じ感覚で扱えるので重宝します。

いやー。神ですね。

まとめ

senebierを表示するショートカットキーは自分の好きなように設定が可能。

私は”command + 1”に変更して使っています。

Windowsでの操作に慣れているユーザーは感動すること間違いなしです。

お試しあれ。

それじゃ、また。

senebier(セネビエ)のダウンロードはこちら

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。