iPhone4SのSIMアンロック方法~GEVEY Ultra Sを使用して、XiでのSIMフリー化に成功!~

iPhone関連 各種手順
Array ( [0] => Array ( [parent] => 238 [slug] => iphone [name] => iPhone関連 ) [1] => Array ( [parent] => 686 [slug] => proc [name] => 各種手順 ) )
スポンサーリンク

iPhone4SのSIMロック解除方法をご紹介いたします!

「GEVEY Ultra S」というものを使用して行います。
こちらは脱獄していない端末でも、SIMアンロックが可能な方法です!

ドコモのGalaxyS3を契約した際の、XiSIMで使用することができました!

スポンサーリンク

 SIMアンロックした端末

SIMアンロックを行う前に、私がSIMアンロックを行った時の、端末情報を記します。

端末: iPhone4S
キャリア: SoftBank
iOS: 5.1.1
モデルファームウェア: 2.0.12
脱獄: 非脱獄

購入したGEVEY Ultra Sはこちら。

SIMアンロック後はドコモのXiSIMを使いました!

こちらの状態であれば必ず成功する・・・というわけではないので、

あくまで参考として捉えて下さい。

それでは!GEVEY Ultra Sを用いた、SIMアンロックの手順をご紹介して参ります。

1:iPhoneの電源を切り、GEVEY Ultra Sと付属のアクティベートSIM(白いSIM)をセットし、iPhoneを再起動します。

GEVEY_Ultra_S

「GEVEY Ultara S」といっているのは、白いSIMの左にあるアダプターのことです。

こちらの上に白いSIMを乗せて端末に挿入しましょう。

ちょっと入れづらいですが、ぐっと押し込みましょう!

左上のキャリア部分が「検索中・・・」となるはずです。

通常通りロックを解除しましょう。

GEVEY_Ultra_S

2:キャリア選択を行い、GEVERY Ultra Sを外します。

ロック解除後、しばらくすると(1~2分)キャリア選択画面が表示されるので、

端末を購入した際のキャリアを選択しましょう。

※私の場合は「JP SoftBank」です。

キャリアを選択したら、すぐにGEVEY Ultra Sを端末から抜いて下さい。

キャリア選択後、一定時間放置してしまうと動かなくなってしまいます。

そうなってしまった場合は、もう一度電源を切って手順1からやり直して下さい。

GEVEY_Ultra_S

3:SIMアンロック後に使用するSIMを挿入します。

手順2でキャリア選択後にこちらの画面が表示されます。

こちらの画面になったら、GEVEY Ultra Sに装着するSIMを、

白いSIMからアンロック後に使用するSIMに交換して下さい。

挿入したら、了解ボタンをタップしましょう。

GEVEY_Ultra_S

4:左上のキャリアに交換後のSIMキャリアが表示されるまで待ちましょう。

手順3で了解ボタンをタップすると、ホーム画面に戻ります。

その状態でしばらく待つと、電波を掴みます。

電波が取れたら、キャリア名が「NTT DOCOMO」などに変わると思います。

GEVEY_Ultra_S

設定画面でも確認が取れました。

GEVEY_Ultra_S

これで、一旦SIMアンロックは完了です!

5:データ通信(APN)の設定を行います。

iPhone4Sでは、プロファイルというAPNの設定情報を端末にインストールする必要があります。

※SofntbankのiPhoneの場合

WIFIに接続し、Safariで以下のURLにアクセスしましょう。

http://www.gevey.com/apn/

moperaなどで契約した情報をこちらの画面に設定しましょう!

GEVEY_Ultra_S

※auのiPhoneの場合

私が端末を所持していないので、画像はありませんが、

設定アプリから一般→ネットワーク→モバイルデータ通信でAPNの設定が行えるようです。

6:iモードメールの受信設定

こちらはドコモユーザー限定になってしまいますが、SIMフリー化したiPhone端末で、

iモードメールを受信する設定をご紹介します。

2つのサービスに登録することにより、実現します。

【iモード.netへの登録】

ドコモが提供する、iモードメールをWebから送受信できるようになるサービスです。

iモード.netの詳細はこちら

【モバセクへの登録】

アユダンテ株式会社という会社が提供しているメール転送サービスです。

iモード.netに登録したメールアドレスを任意のメールアドレスに転送することができます。

無料サービスもありますが、広告が表示されるので、有料での利用をお薦めします。

モバセクの詳細はこちら

設定はこちらのサイト様を参考にさせて頂きました。

iPhoneにドコモのiモードメールの受信をプッシュ通知する方法

これでiPhone端末でドコモメールが送受信できるようになります。

7:利用料金について

SIMフリー化したことによる、毎月の利用料金をご紹介します。

私の契約情報ですので、御参考までに。

基本使用料: タイプXi にねん 780円
パケット定額料: Xiパケ・ホーダイ フラット 4700円
プロバイダ: SPモード 315円
付加サービス: iモード.net 210円
付加サービス: mopera U 525円
月々サポート: GalaxyS3 -2310円
ISPセット割引: iモード,SPモード -315円
外部サービス: モバセク 315円
毎月の支払合計: 4220円

iPhone4SとGalaxyS3の端末代は、全て支払い済みなので、毎月の支払いにはありません。

割賦が残っている方は、上記に加算されるイメージになると思います。

8:SIMフリー後に、できたこと・できなかったこと

最後になりますが、SIMフリー化後に、動作確認が取れた機能・取れなかった機能をご紹介します。

【動作確認が取れた機能】

・ドコモ回線としての通話

・iモードメールの送受信

・AppStoreのアカウント引き継ぎ

・AppStoreからアプリインストール

・iTunesとの同期

・SMSの送受信

・脱獄

【動作確認が取れなかった機能】

・テザリング

・LTE通信

ざっと、こんな感じです。

テザリングはできて欲しかったですね。

また、LTE通信はiPhone端末が対応していないため、Xi契約SIMでも3G回線となってしまいます。

長くなりましたが、以上がGEVEY Ultra Sを用いたSIMアンロック方法でした!

再起動をしても、再度手順を行う必要はありません!

快適なSIMフリー生活を送って下さい^^

※この記事でご紹介した方法で必ず成功するとは限りません。

また、iPhoneが起動しなくなるなどのリスクもあります。

リスクをご理解・ご承知の上、自己責任にて行って下さい。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。