経験して分かった。パパがやる「1日10分家事」は仲良し夫婦になれる秘訣だった。

エッセイ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => essay [name] => エッセイ ) )
スポンサーリンク

すっかり家事になれたカズヤ(@kazumiso_s)です。

アナタの家庭では毎日の家事の分担ってどんな割合でしょうか? 今となっては申し訳無い気持ちになりますが、我が家では子供が生まれる前は専業主婦だった妻が全て担当してくれていました。

しかし、子供が生まれ育児が加わると今まで通り家事を全部やるわけにはいきません。 初めての育児となれば分からないことも出てきて妻のイライラ度は日々増していき・・・ ちょっとしたことでケンカに。

なんてことはどこの夫婦も経験していることでしょう。

そんな時に僕が実践した「1日10分家事」がオススメです。

ケンカが激減して夫婦仲がより良くなったので、どんなことを行ったのかご紹介したいと思います。 

スポンサーリンク

 

家のことだからパパも率先して家事をやるべき。

僕達夫婦は子供が生まれてすぐの時はそんなことでよくケンカしていました。

冷静になってみるとたった10分で終わる家事をきっかけに30分以上無駄な時間を費やす結果に・・・。

だったら先んじてチャチャッと終わらせてしまおう。って考えに至りました。

自ら率先してやれば「あれやって、これやって」なんて言われることもないですし、育児で大変な奥さんの負担も軽くなります。

たった10分です。

では、ひとつずつご紹介していきましょう。

お風呂掃除は前の晩に済ませちゃう。

まずはお風呂掃除です。 パパがやる家事の定番ですね。

僕は平日の帰宅時間が20時頃のため、お風呂掃除は妻が担当。

変わって土日は僕が担当でしたが、夕方17時前に妻からお風呂掃除をお願いされることが多々ありました。

ですがテレビを見ていたり子どもと遊んでいたりして、お願いされたタイミングでは掃除したくない気分だったことがあります。

「後でやる」 と断ると妻とあーだこーだ言い合いになってケンカへ発展・・・。 アホくさいですね。

なので僕は毎晩お風呂を出るタイミングで掃除するようにしました。

平日は僕が最後にお風呂に入るので素っ裸のままチャチャッと洗います。

こうすることで、翌日妻はお風呂の時間になったらお湯を入れるだけで済み掃除の負担がなくなります。

小さい子供から目を離す時間も減るため不安になることもありません。

休日はだいたい夕飯前に家族で入ることが多いので、妻がお風呂から出た後に僕が掃除をして妻が夕飯の準備。

非常に効率的です。

特に妊娠中でお腹が大きい時期だとお風呂掃除も大変ですからね。

毎日のお風呂掃除がなくなるだけでかなり楽になったと喜んでくれています。

洗濯機を回して、干して、取り込み、畳む

次に洗濯物関連。 洗濯のおおまかな流れはこんな感じ。

  1. 洗濯機を回して
  2. 終わったら洗濯ハンガーへかけて
  3. 外へ干して
  4. 乾いたら取り込み
  5. 畳む
  6. タンスにしまう

ここで僕が担当しているのは、 1、3、4、5の4つ。

なぜ、この4つなのかというと・・・

1:洗濯は洗剤入れてボタンを押すだけで簡単。

3と4:外へ干すのは2階なので子供から目が離れる、階段の登り降りしたり洗濯ハンガーを持ち上げたりすると奥さんの負担になる。

5:テレビ見ながらでも畳める。 

ようは何も考えずに簡単にできることをやるようにしました。

2番の干し方は、妻的にこだわりがあるそうで、僕がやるとやり直されるからノータッチにすることに。

6番も同じようにこだわりがあるそうです。

普段、子供の服を出し入れするのも妻がメインなのでお任せしちゃっています。

このように一言に「洗濯する」と言っても細かく作業は分担できます。

畳み方とかは教えてもらえばなんとなくできるようになります。

パパがやってると子供も真似してお手伝いしてくれるので、子供にとっても良い影響を与えますよ。

仕事帰りにスーパーに寄って買い出し。

毎日の食卓の準備は奥さんがメインでしょうか? 僕は料理はまったくと言っていいほどやらないので、妻任せです。

当然料理するには材料が必要です。

小さい子供を連れて二人で買い物に行くと重たいものや大量に買い込んだりも厳しくなるので・・・ 仕事帰りににちょろっとスーパー寄って必要な物を買って帰ってみてはいかがでしょうか。

予め買うものが決まっていればあとはカゴに入れて精算するだけです。

仕事中に奥さんに何か買って帰るものがあるか聞いてみてください。

夕食後は洗い物とシンクの掃除。

最後は夕食後の食器の洗い物とシンクの掃除。

食器はさっと大方の汚れを流したらあとは食洗機にぶちこむだけ。 シンクも特に時間のかかるような作業でもないのでパパっと洗っちゃいます。

食洗機の偉大さは使って初めて分かりました。

節水にもなるのでかなりオススメです。

少人数向けのコンパクトなものなら2万円台で購入可能なので、家電量販店などでチェックしてみてください。

まとめ

以上、僕が行っている1日10分家事のご紹介でした。

よくよく考えてみるとすぐ終わるものばかりだと思いませんか。

こんなことで奥さんとケンカするなんて、時間と体力の無駄ってことに気付くはずです。 子供がいる前でケンカなんてもってのほか。

家事といえど自分にも必要なことなので、今までやらずにいたパパさんは是非実践してみてくださいね。

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。