夏に流行る子供の病気「ヘルパンギーナ」と「プール熱」について覚えておこう。

育児・子育てのこと 教育
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => child [name] => 育児・子育てのこと ) [1] => Array ( [parent] => 1583 [slug] => educate [name] => 教育 ) )
スポンサーリンク

夏に流行る子供の病気「ヘルパンギーナ」と「プール熱」について覚えておこう。

初期症状を見逃さないように!カズヤ(@kazumiso_s)です。

首都圏も長かった梅雨も終わり本格的に夏本番となってきました!

暑い夏に外でいっぱい遊ぶ、プールなどで水遊び、休暇を取って旅行に行ったりと・・・楽しいことがいっぱいありますね。

でも、そんな夏には注意しておきたい子供の病気がいくつか存在します。

その中でも特に流行っている「ヘルパンギーナ」と「プール熱」について調べてみました! 

スポンサーリンク

 

夏風邪の代表格「ヘルパンギーナ」に要注意!

子供の夏風邪の代表格とも言える「ヘルパンギーナ」という病気はご存知でしょうか。 どんな病気なのかをチェックしたいと思います。

ヘルパンギーナの症状とは?

ヘルパンギーナとは、急性のウイルス性喉頭炎のことで、夏に乳幼児を中心に流行る病気です。

感染者は0歳から5歳以下の子供が全体の90%以上を占めていて、1歳~2歳未満の子供の感染割合が最も多くなっています。

感染すると2~4日の潜伏期間の後、突然39度以上の高熱、口の中に水ぶくれ、ノドの痛みが出来てしまいます。

発熱時には熱性けいれんが伴い、口の中にできた水ぶくれが破れ傷みが出ることにより不快感から機嫌が悪くなったり、食事や授乳を拒んだりする傾向にもあります。

汗のかきやすい季節のため、脱水症状にも気をつけなければなりませんね。 症状は1~4日間ほど続きます。

特効薬はなく症状を抑えて自然治癒を待つしかない

ヘルパンギーナに効く特効薬は未だなく、症状を抑える薬を用いながら自然治癒を待つしかありません。

安静にしつつ水分をしっかり取らせてあげましょうね。

感染経路は便の接触感染、唾からの飛沫感染

ヘルパンギーナに関する原因としては以下の2通りが主になります。

  • 便を介した接触感染
  • 唾から飛沫感染

便からの接触感染であれば大人はおむつを変える時、子供はトイレで用をたすときに考えられますね。

また、唾からの飛沫感染は別の人が使用したお箸で子供にご飯をあげたり、可愛くついついチューしちゃったり・・・色々あると思うのでこちらも十分注意が必要です!

「プール熱」と呼ばれる「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」にも注意!

続いてプール熱と呼ばれる「咽頭結膜熱(いんとうけつまくねつ)」。

そのまんまですが、プールで感染することが多いので「プール熱」と呼ばれていて、アデノウイルスというウイルスが原因で起こる感染症になります。

こちらもどのような病気なのかをチェックしたいと思います!

プール熱の症状とは?

プール熱の主な症状は「発熱、喉の痛み、眼症状」で、6月頃から感染がみられ7月、8月にピークに達する病気です。

感染者の約6割が5歳以下の子供というデータが出ており、喉の痛みに加えて、目の充血や痛み、かゆみなどの症状が現れます。

症状は5~7日間ほど続きます。

ただし、生後14日以内の新生児に感染した場合は全身性感染を起こしやすく、重症化する恐れがあるとのことなので新生児のいるご家庭は十分に注意しましょう。

プール熱も自然治癒を待つしかない

プール熱も「ヘルパンギーナ」と同じく特効薬がありません。

そのため鎮痛薬や解熱剤などを用いて症状を抑える薬を服用し、自然治癒を待つことになります。

発症の疑いがある場合は小児科に行き、眼症状がひどい場合は眼科での診察も検討しましょう。

また、プール熱は感染力が強いため医師の許可があるまでは幼稚園や小学校などへは登校できません。

感染経路は咳などの飛沫感染と手指を介した接触感染

プール熱の感染経路もヘルパンギーナと似ていて、

  • 咳やくしゃみなどからの飛沫感染
  • プール熱に感染している患者からの接触感染
  • 汚染された水から結膜への直接侵入

などがあげられます。 家族間でタオルなどを共有していると次々に感染が広がっていく傾向にあるので要注意です。

まとめ

ヘルパンギーナ」も「プール熱」も非常に感染力が強い病気です。

周りのお友達や兄弟が感染したら数日間は体調に気を配りましょう。

子供の体調が少しでも悪いと感じた場合はこれらの感染症を疑い、高熱などが出たら早めに病院へ診察に行きましょうね!

子供の前で親がうろたえたら余計に心配にさせてしまうので、冷静に落ち着いて対処しましょうね。

また、感染力が強い病気のため外出から戻った際、トレイの後などはしっかりと「除菌力の高いハンドソープ」でしっかりと手洗いして予防!

そして家族みんなで楽しい夏を過ごして思い出をたくさん作りましょう!

それじゃ、また。

参考: 健栄製薬 ヘルパンギーナ説明ページ 健栄製薬 プール熱説明ページ

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。