毎年を買い換える程好きだったiPhoneに僕は飽きてしまった。

エッセイ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => essay [name] => エッセイ ) )
スポンサーリンク

毎年を買い換える程好きだったiPhoneに僕は飽きてしまった。

iPhoneの買い替えを初めて見送ったカズヤ(@kazumiso_s)です。

日本で大人気のスマートフォン「iPhone

新しいもの好きという性格の僕は、このiPhoneが日本で発売された初めて発売されたモデルから使ってきています。

当初は「携帯電話にボタンがなくて画面だけだ!アプリってなんだ!指で触ったら動くのかー!!」 なんて興奮していたことを今でも覚えています。

そんなiPhoneに魅了されMacなどのApple製品にも興味を持つようになった。

それから7年間、iPhoneに関してはiPhone 6s Plusまで毎年新モデルへ買い替えてきました!

しかし・・・そんなiPhoneへ対する熱も冷めてしまい、先日発売となった新モデル「iPhone 7」への買い替えは見送りました。 

スポンサーリンク

材料出尽くし感が否めないiPhoneシリーズ

Appleは新しい製品が発売となる数週間前に大々的に発表会を行います。

そこで新しいiPhoneに搭載される新機能やデザインなどが公にお披露目となります。

当ブログでも多くの情報をまとめてきました。

ガジェットブログなどではリークされた情報を元に「今年はこんな機能が搭載されるんじゃないか。」なんて話題を取り上げたりして盛り上がっています。

僕もこの類の話は大好きで、いつもワクワクして製品発表会を楽しみにしていました!

しかし、今回発表されたiPhone 7に至っては・・・ガッカリ感が否めませんでした。

SUICAが使える!防水になった!

iPhone 7の目玉機能となったのはSUICAが使えるようになった事と、防水機能が備わったことでしょうか。

何年も前からiPhoneで決済できる機能が搭載されるなど噂され、期待されてきたことなので待ち望んでいた方も多いはずです。

また、防水機能が公式で発表されたことにより、水に濡れても安心感が得られるようになったかもしれません。

でも・・・ この2つの機能は随分前からアンドロイドスマホに搭載されていて、おサイフケータイとして2010年にはスマホに搭載されたモデルが登場しています。

防水機能も5~6年前には対応したスマホは発売されています。

つまり、今更iPhoneに搭載されたからといってなんらスゴイとは思えず感動がなかった。

むしろ機能面でやっとアンドロイドと横並びになれたなと思うくらい。

モデルチェンジするペースが変わった?

iPhoneは2年毎に本体の筐体を変えてきました。

3Gから4になった時は角ばったモデル、4から5になった時は縦長・薄型モデルに、5から6になった時は大型化に。

6から7になった時はどうでしょう。

イヤフォンジャック廃止、一部モデルのみカメラが2つ搭載などの変更はありましたが、筐体に大きな変化はありませんでした。

今までのサイクルであれば変わっていたはずなのに・・・。

以前、iPhoneの寿命は3年間とAppleが正式にコメントしたこともあるので、モデルチェンジするサイクルを2年から3年へ変えてきたのかもしれません。

ですが、今更感満載の新機能搭載に加え筐体も変わらないiPhoneには魅力は何も感じない。

iPhoneよりアンドロイドスマホの方が優れている・・・かも?

ずっとiPhoneを使ってきていた僕ですが、仕事の都合で一時期アンドロイドスマホと2台持ちしている時期がありました。

確か6年くらい前で、ギャラクシーS3だった。

当時、iPhone 4sと使い比べしていましたが、サクサクとした操作性やアプリの充実具合など総合的にiPhoneに軍配があがっていた。

アンドロイドなんてまだまだ使えるレベルに達してないな!」なんていう風に思うほど性能に差があったことを今でも覚えている。

それ以降、まともにアンドロイドスマホを触ってこなかったので比較できないが、今のiPhoneと同等もしくはそれ以上の性能を発揮しているスマホがあるんじゃないかな。

現にiPhoneからアンドロイドへ乗り換えた人達の意見では、別に遜色なく使えるから固執する必要はないと言われます。

実際に使ってみないと分からないことが多くあるので、今買い換える勇気があるかないかと言われればないんですが・・・ 本格的に買い替えを検討し始めたらアンドロイドスマホも視野に入れようかと思っています。

10月初旬に発表が期待されているGoogleの新ブランドスマホも気になる。

そもそもiPhoneである必要はあるのか?

iPhoneが日本で流行っている理由はなんでしょうか。

みんなが使っているから。」という日本人気質が蔓延してなんとなくiPhoneにしている方が多いのでは?

妻なんかはその類で、周りの友だちがiPhoneに替え始めたから自分も欲しいと言ってきました。

僕のお古を毎年渡して使ってもらっていますが、使っている機能と言ったら「通話、ネット閲覧、LINE、電子書籍、Youtube」だけです。

特にiPhoneでなくてもいい使い方です。

じゃあ僕はと言うと・・・ 奥さんの使い方にテザリングが追加になったくらいで、やはりiPhoneではなくてもいい。

今となっては新しいアプリを積極的にインストールしたりもしないし、クラウドサービスもGoogleで事足りる。

Macとの連携がスムーズではあるが、そんなものはアンドロイドとWindowsでも問題なく行えるだろう。

・・・ なんでiPhone使い続けてるんだろう(笑)

今後、iPhoneに驚かさせることはあるのか?

今後発売される新型iPhoneに期待できる新機能はなんでしょうか。

無線充電、数日間使えるバッテリー、8Kディスプレイ搭載、折り畳める本体、スペックを柔軟にカスタマイズできる、超低価格化」 僕の乏しい頭ではこれくらいしか浮かんできません。

この思いもよらない新機能の発表だけが唯一iPhoneを使い続けている理由かもしれない。

でもそれももう望めないか? 発表会にどうでもいいマリオの宣伝が入るくらいだ・・・。

そもそも世間はiPhoneに興味なし?

毎年恒例のiPhone発売とあって、キャリアやメディアが大賑わいで報道されました。

たくさんのiPhoneユーザーが増えた今、新機種にはみんな興味があるのかな?と思っていましたが、実際は異なっていそう。

妻なんて「新しいiPhone出たんだー。何が違うの?」と言った具合だし、会社に行っても「まだこれ(iPhone6)使えるからいらない(笑)」と同僚は言う。

すぐに新機種に買い換える人と言えば「iPhone5sなど使っていてバッテリーの減りが早過ぎる、画面が割れている」など今使っているiPhoneに故障・不具合が生じてる方ですかね。

後はガジェットバカくらい。

また、予約分で在庫が全てなくなったというAppleのコメントが出たことも記憶に新しいが、そもそも「在庫切れ=人気」という印象を植え付けるために生産数を少なくしていたのでは?と疑ってしまう。

まとめ

iPhoneやAppleを嫌いになったわけではありませんが、大金積んでまで新しい物を使おうとは思わなくなってしまいました。

タダでもらえるなら喜んで使いたいですが(笑) 新しいスマホに10万払うならカメラレンズ買ったり、家族で旅行したり・・・他に回したり他のことに使いたいな。

僕がそれだけ他のことへ興味を持ち始めただけかもしれませんが・・・。 とは言え、少なくとも後1年は今のiPhone6s Plusを使う予定。

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。