次期iPadはアンチグレアに!?生産が開始されたと報道が。

Apple関連 リーク情報
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => rumors [name] => リーク情報 ) )
スポンサーリンク

ipad air

これは意外。カズヤ(@kazumiso_s)です。

米メディアBloombergが、「iPad Air 2」と「iPad mini 3」の生産を開始したと報じました。

情報源はApple情報の調達筋らしく、iPad Air 2のディスプレイは9.7インチ、iPad mini 3のディスプレイは7.9インチとのことです。

スポンサーリンク

発売時期など

iPad Airとminiでは発売時期が異なる可能性があるらしく、iPad Air2は9月末、iPad mini3は10月以降になると予想。
もしこの発売時期が正しければ9月9日のApple製品発表会にてなんらかの発表がありそうですね。

更にiPad Air 2のディスプレイには映り込みがなくなる反射防止ディスプレイ(アンチグレア)が採用されるとのこと。
日中に屋外でタブレットやスマホを使うと確かに映り込みがひどくて使いにくい部分があるので、アンチグレアディスプレイが搭載されれば勝手が良くなる部分もあると思います。

しかしその反面、動画視聴・写真閲覧時などはグレア加工の方が綺麗に映るため、個人的にはアンチグレアは搭載して欲しくないところ。
人の好みに分かれそうな部分は購入時に選択できるようにしてくれると嬉しいですね!

iPhone6含め、Apple製品発表会がより楽しみになりました。
9月9日に期待!

via:Bloomberg

スポンサーリンク

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。