Misfit Rayで使えるか?お手頃価格「393A」ボタン電池をAmazonで買ってみた。

ガジェット・モノ 日常で使えるモノ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => gadget [name] => ガジェット・モノ ) [1] => Array ( [parent] => 663 [slug] => usually-goods [name] => 日常で使えるモノ ) )
スポンサーリンク

Misfit Rayで使えるか?お手頃価格「393A」ボタン電池をAmazonで買ってみた。

Misfit Rayが手放せないカズヤ(@kazumiso_s)です。

オシャレで防水使用で長期間バッテリーが持つ活動量計「Misfit ray」を2016年5月から使用しています。

約6ヶ月間バッテリーが持つと言われていた製品ですが、LINEなどの通知機能がアップデートで追加になったことにより一ヶ月間早い5ヶ月間で電池切れしてしまいました。

その間、活動量が記録されないため早々に電池交換を行おうと思いましたが・・・ 公式サイトで電池を買うとめっちゃ高い!

3個セットで1,279円(税込)もします・・・年間2,500円ほどかと思うとちょっと高く感じる。

代わりになるボタン電池がAmazonでないかを探してみたら、10個で500円とかなりお買い得なものがあったので買ってみました!

スポンサーリンク

ボタン電池「393A」の互換バッテリーでもちゃんと動いた!

Misfit Rayは393ボタン電池を3個使用します。

購入した商品のパッケージにもしっかりと記載があります。

さっそくMisfit rayの電池を交換!

バンド部分をグリッと回すと交換できます。 ・・・

詳細な電池交換方法はMisfit Rayの公式サイトをご覧になってみてください! 

公式サイトから購入したバッテリーじゃないからちゃんと動くか不安だったけど・・・

無事にLEDライトが光ってしっかり動作してくれました!

さっそくiPhoneアプリを起動して同期したらしっかりとデータ連携してくれました。

ただ、電池が切れていた期間のデータはやはり保存されていなかった・・・。

当たり前ですが(・ω・;A)

まとめ

安価なバッテリーでしたが無事にMisfit Rayが動いてくれてひとまず安心!

あとはどれくらいの期間まで電池が持つか検証が必要ですね。

最低でも3ヶ月は持って欲しい!

2016/11/19 追記

たったの1ヶ月ちょいでバッテリーが空になりました。

純正品とは違いやはり寿命は短いですね。

1回3個使うから10個セットだと3回分・・・。

交換の手間は多いけど値段考えたらそれでも十分かな。

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。