メルドニウムって何?シャラポワ選手がドーピング検査に引っかかった薬物を調べてみた。

日々の出来事 日常ネタの雑記
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => daily [name] => 日々の出来事 ) [1] => Array ( [parent] => 1064 [slug] => zakki [name] => 日常ネタの雑記 ) )
スポンサーリンク

メルドニウム

まさかの事態に・・・。カズヤ(@kazumiso_s)です。

女子テニス、元世界ランク1位のマリア・シャラポワ氏が3月7日に全豪オープンテニスのドーピング検査で禁止薬物が検出されたと発表しました。

陽性反応として出たのは『メルドニウム(Meldonium)』という物質。

聞いたことのないものだったので調べてみた!

スポンサーリンク

狭心症および心筋梗塞などを治療するために使用される「メルドニウム」

シャラポワ選手はメルドニウムを2006年から使用していたものの、2016年に禁止薬物に指定されていたそうです。

シャラポワ選手は禁止物質のリストを確認せず、メルドニウムを服用してしまい、今回の事態となってしまいました。

このメルドニウムとは、一体なにかと調べてみると・・・

Latvia(ラトビア)という製薬会社が製造しているもので、狭心症および心筋梗塞を臨床的に治療するために使用される。と記載があります。

世界アンチ・ドーピング機構禁止物質の(WADA)のリストにあるとも載っていますね。

心筋梗塞の治療とあるのでシャラポワ選手は病気だったのかと思いましたが、その他にも精神的、肉体的ストレスの症状を軽減、体液性免疫の活性化、心臓保護作用などがあるそうです。

心臓保護の作用あるということは、長時間の試合になっても疲れにくくなるのでしょうか。

プロの厳しい世界で戦ってくにはストレス軽減も嬉しい効果。

しかし、以下のような副作用もあるそうです。

どれほど影響を及ぼすか分かりませんが、良いことばかりではないようですね。

  • 心臓血管系:頻脈、 血圧の変化
  • 中枢神経系: 精神運動性激越
  • 消化器系の一部: 消化不良症状
  • アレルギー反応:皮膚のかゆみ、赤み、 発疹、 浮腫

最後に

シャラポワ選手は会見にて『「大きな過ちを犯しました。」』と謝罪を行い、3月12日から暫定的な出場停止処分が科されました。

最終決定は保留となっているので今後の発表に注目が集まりますね。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。