Maps+の使い方~Googleマップを使用した高機能地図アプリ!~

Apple関連 iPhoneアプリ ナビアプリ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => iphone-app [name] => iPhoneアプリ ) [2] => Array ( [parent] => 687 [slug] => navigation [name] => ナビアプリ ) )
スポンサーリンク

Googleマップを使用した高機能地図アプリ「Maps+」のご紹介です!

iOS5系の標準地図アプリと同じ、Googleマップを使用しているのでとても使いやすいです!

価格: 無料
カテゴリ: ナビゲーション, 旅行
※アプリ価格は掲載時のものです。

AppStoreでアプリをチェック!

スポンサーリンク

トップ画面

アプリを起動すると、ただの地図が表示されます。

最初は、世界地図w

まずは、画面上にボタンを配置しましょう。

右下の黒丸のボタンをタップします。

Maps+

 Editをタップ

Toolsの画面になるので、右上の「Edit」をタップします。

Maps+

 ボタンを配置

地図上にウインドウが表示され8種類のボタンが表示されています。

そして画面の四隅に白い丸が3個ずつ表示されているのがわかると思います。

この白い丸のところに黒いボタンをドラックして好きな位置に配置できるのです!

黒いボタンの意味はそれぞれ以下の通りです。

虫眼鏡:スポット検索

ターゲットマーク:現在地表示

ピン:地図にピンをドロップ

点が結ばれているやつ:ルート検索

歯車:設定画面表示

tマーク:周辺でツイートされたつぶやきを表示

点が中央にあるやつ:トラック記録

ベル:アラーム機能を設定

Maps+

 虫眼鏡

以下に一部機能をご紹介します!

「虫眼鏡」ボタンはスポット検索です。

調べたい単語を入力すると、該当場所にピンがドロップされます。

やはりGoogleマップは見やすいですね!

Maps+

Twitter

「Twitterマーク」ボタンは、地図を開いている場所周辺でツイートされた箇所を表示します。

白いふきだしがツイートされた場所で、タップするとつぶやきがみれます。

Maps+

 ベル

「ベル」ボタンをタップすると地図を開いている場所にアラーム機能を設置できます。

設置した周辺を通ると、アラームを鳴らすように設定できます。

Maps+

 ルート検索

そして一番使うであろう機能のルート検索です。

「点と点が結ばれている」ボタンをタップし、画面上部表示されているボタンをタップしましょう。

車で移動・自転車で移動・徒歩で移動のいずれかを選択します。

Maps+

 目的地までのルート

移動手段を選択し目的地を入力すると現在地から目的地までのルートを表示してくれます。

ルートをタップすると距離と所要時間が表示されるので、便利です!

Maps+

英語表記なので、最初は戸惑うところもあると思いますが、慣れてしまえば簡単です!

使いこなせるように頑張りましょう!

価格: 無料
カテゴリ: ナビゲーション, 旅行
※アプリ価格は掲載時のものです。

AppStoreでアプリをチェック!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。