MacBookを2週間使ったよレビュー。良いところ・悪いところをまとめてみた。

ガジェット・モノ パソコンのモノ
スポンサーリンク

MacBookゴールドを2週間使ってみて

個人的には◎。カズヤ(@kazumiso_s)です。

先々週に届いたMacBookのゴールドを使い始めて2週間ほど経ちました。

そこで、私がMacBookを使って分かったことや感じたことなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

MacBookを2週間ほど使ってみた

MacBookを手にするまでには2011年モデルのMacBook Airの13インチを使用していました。

私の比較基準がこのMacBook Airとなることを前提とさせて頂きます。

また、購入したMacBookは148,800円 (税別)のモデルで、CPUやメモリなどのカスタマイズも一切行っていない最低スペックのタイプになります。

小さく軽くなったこと

大きな違いを実感できたのは、本体の大きさと重さ。

今までMacBook Airを持ち運びする際はバックパックを使っていましたが、MacBookを使うようになってからはトートバックで十分。

920gと軽いのでトートバックを片手で持っても、斜め掛けしても苦にならない。
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、バッグにノートPCが入っている感じがしない。

バッグが小さくなったことで混雑している電車内で邪魔にならないという点も非常に嬉しい。

もちろん、他の物をバッグに入れるとなるとトートバックじゃ足りないかもしれませんが・・・。

ちなみにMacBook Airを使っている時は、下記ページでご紹介しているバックパックを使っていました。
https://applian.jp/coteciel-laptop-rucksack/

薄くなったこと

USB-Cとイヤフォンジャック以外のポートが無くなったこともあり、本体がMacBook Airと比較して0.4cm薄くなりました。

数字以上に手に持ってみると薄さの違いがハッキリと分かります。

が、私は薄くなったことによる恩恵は今のところ感じられていません。

MacBook Airでも十分に薄いし、狭い場所に収納するわけでもないので。

「薄くなったお陰で軽くなったんだから恩恵はある」と言われてしまうと何も言えませんが・・・。

ファンレス設計になったこと

MacBookのCPUは『Core M』というものが採用されており、初のファンレス設計のマシン。

ファンがないことによる恩恵はふとした時に気付いた。

まずひとつが非常に静音

静か過ぎる故に気付きにくいポイント。

さらにもう一つは熱くなりにくい!ということ。

太ももの上に置いて電車の中で作業したりする時にかなり嬉しい。

夏場は特に・・・。

Retinaディスプレイになったこと

MacBook AirになかったRetinaディスプレイがMacBookに搭載されたこと。

iPhoneやiPadには既に搭載されているので初体験ではないが、やはり鮮明で非常に綺麗なのは初見で感じた。
これを一度経験してしまうと、非Retinaには戻れない・・・。

Webページの文字や、開発する際にコードが特に見やすくなった。

綺麗は正義。

薄くなったキーボード

キーボードも一新され、バタフライ構造というものが採用されています。

MacBook Airに比べるとキーストローク(深さ)がかなり浅くなっており、安定性が増しています。

キーの端の方をタイピングしてもしっかりと感知してくれて、打鍵感もそこそこ感じられます。

本体の横幅ギリギリまで敷き詰められたキーボードはフルサイズとなっているため、タイピングの感覚に違和感はあまり感じない。

ただし軽いタッチで入力が行われてしまうため、キーボードの上で指を遊ばせる癖がある方は、不用意に入力してしまうかもしれません。
私がそうなんですが・・・。

また、右下にある4つの矢印キーの上と下が非常に打ちにくい。

その他はすぐに慣れて普通にタイピングできるようになりましたが、この上下キーだけは未だに慣れない。

keyboard

感圧式のトラックパッド

トラックパッドも新しくなっており、圧を感じて複数の操作を可能とした機能『フォースタッチ』が採用されている。
どの部分を押してもクリックと認識され、強く押すと詳細な情報が見れたりするようになった。

これといって便利に感じたことがない機能で、少しいじっただけで自然と扱えるような地味な感じ。

ちなみにフォースタッチは新型MacBook Pro、そして先日発売となったApple Watchにも搭載されています。

今後発売される新型iPhoneなどにも搭載されていくかもしれません。

USB-Cしかないことによる影響

MacBookにあるポートはUSB-Cとイヤフォンジャックの2つだけ。

人によりマシンの使い方は異なってくるので、一概に言えないが以下のことを日常的に行わないなら問題ないと感じる。

  • iPhoneやiPadをMacBookに接続
  • USBメモリやSDカードなどの外部記憶媒体からデータを取り込む
  • CDやDVDなどを挿入
  • 外部モニタにMacBookの画面を出力

iPhoneなどはワイヤレスでデータ同期、データのやりとりはDropBox、iCloud Driveなどのオンラインストレージを利用すれば代替可能。

マウスなどもBluetoothなら問題なく使える。

しかし、外付けHDDやDVDドライブなどを使用したい場合は変換アダプタが必要になります。

Apple純正品のアダプタは既に数種類発売されていますが価格は高め。

早々にポートが豊富で安価なサードパーティ製のアダプタが充実してくれることを期待したい。

USB2.0/3.0にのみ対応したアダプタであれば既に発売はされているので、MacBookを購入する際は併せてチェックしたい。

追記

AnkerのUSB-C 4ポートを購入したので下記の記事でご紹介しています。

MacBookで使えるAnkerのUSB-C変換ポートを買ってみた!

処理能力について

MacBookのCPUは『Core M』が使われており、MacBook Airなどに比べて処理能力が劣るタイプを使用しています。

MacBookの購入を検討しているけど、懸念している点はCPUの性能。なんて方も多いはず。

私も購入前はこのCPUのパワー不足だけが不安でしたが、いざ使ってみると思った以上に軽快に動作してくれています。

と言っても、作業内容は高スペックを必要としないこと(以下参照)ばかりなので当たり前かもしれませんが・・・。

ネット閲覧、メール、写真閲覧、動画閲覧、音楽視聴、Skitchで画像編集、ブログ記事の執筆、Sublime Text 3を使ってのブログデザインの改修

さすがにこれだけだとつまらないので、iPhoneアプリを開発するためのツール『Xcode』をインストールして、変数の値を出力する程度の簡単なプログラムを書いてみた。

負荷がかかりそうなツールだと思ったのですが、MacBookはXcodeを起動・使用していても固まることもモッサリとすることもありませんでした。

起動しただけで固まってしまうのでは!?と思っていましたが意外とイケる。

4年前のMacBook Airからの乗り換えだっただけに、私には低スペックとは感じることなく快適に使えている。

予算に余裕があればカスタマイズしておきたかったけど・・・。

バッテリー

インターネット閲覧なら最大9時間持つバッテリーと公式で謳っているMacBook。

バッテリー満タンの状態から、画面の明るさを20%ほどにしてiPhoneのテザリングでネットに繋ぎ、コーディングなどを1日1時間前後行う。

シャットダウンは一度もせずに使わない時はパタッと閉じた状態にしてカバンに入れっぱなしにして使い続けたところ、月曜の朝から木曜の夜まで持ちました。

実質的な作業時間は4~5時間で、満タンから空になるまでは90時間ほど持ったことになります。

満タンにしてあれば1日、2日間は使えるという安心感がある。

本体価格

私が購入した最低スペックのタイプで148,800円(税別)となります。

対してMacBookに近い『MacBook Air13インチ』の最低スペックは・・・112,800円(税別)

これだけで見てしまうと3万円以上の価格差がありますが、MacBook AirをMacBookと同じSSD容量の『256GB』、メモリ容量を『8GB』にカスタマイズしてみると・・・

148,800円 (税別)

MacBookと同じ価格になります。

この2つを比較した時に異なる仕様をざっと挙げると以下の通り。

スペックを妥協して価格を抑えられるMacBook Airと比較すると、MacBookの割高感は否めませんがRetinaディスプレイが搭載されていることを考えると納得はできます。

  • MacBook AirはCPUがCore i5で処理能力が高い
  • MacBook AirはSDカード、USBなどのポートが多い
  • MacBook Airはバッテリーの持ちがMacBookより良い
  • MacBook Airは画面が1チンチ大きい
  • MacBookは解像度が高くRetinaディスプレイ搭載
  • MacBookはフォースタッチ搭載
  • MacBookはUSB-C搭載
  • MacBookはカラーが3色選べる

その他、細かい部分はAppleのオンラインストアを確認してみてください。

まとめ

最後になりますが、私がMacBookを使ってみて感じたことをまとめるとこんな感じ。

私の使い方であればMacBookの仕様で問題なく使用できており価格相応だと大変満足しております。

  • 小さく、軽いため持ち運びが楽
  • 静音
  • 本体が熱くなりにくい
  • ディスプレイが綺麗なので文字などが読みやすい
  • 思いの外、サクサク動く
  • バッテリーは一日余裕で持つ
  • 薄いキーボードに慣れる必要がある
  • 上下の矢印キーが打ちにくい
  • トラックパッドはどこでもクリック可能
  • 感圧式によるメリットは感じられない
  • USB-Cしかないことはデメリットではない
  • 最低購入価格は高め
  • 外出先で充電する際に既存の電源アダプタが使えないため、必要に応じて持ち運ぶ必要がある

今後発売されるMacBookのCPUが高スペックになればなるほど、『この無駄のないMacBookの形が主流になってもおかしくない。』と感じさせられるマシンでした。

しかし現状では『ポートが汎用性の低いUSB-Cしかない、CPUが他に比べて低スペック、キーボードが打ちにくそう』とデメリットに挙げられる部分も多いMacBook。

衝動買いしたら失敗する可能性が高いマシンではあると思います。

安い買い物ではないので、『自分がマシンを手にして何をするのか。』ということをしっかりと整理した上で、MacBook Air、MacBook Pro、Windowsマシンなど含めて検討したほうが良いでしょう!

大きな不満が出なかったため偏ったレビューとなってしまいましたが、購入を検討している方の参考になれば幸いです。

たまにヤフオクで安く購入できることがあるのでこまめにチェックしてみるものいいかもしれません。

外観などはこちらの記事でご紹介しているので良かったらご覧になってみてください。
https://applian.jp/macbook-gold-photo-review/

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。「好酸球性副鼻腔炎」という難病かもしれない?嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。