LINEでそのままの思い出をシェア。オリジナル写真を送信する方法!

iPhone関連 各種手順

綺麗な思い出をシェアしよう!ぴあろ(@iPIARO)です。

2016年5月9日にアップデートを行ったLINEアプリで、トークで写真を共有する時に画像サイズを劣化させることなく、そのまま送る事が可能になりました!

スポンサーリンク

LINEのトークでオリジナル画像を送信する方法

今までLINEで画像を友だちに送る時は、画像のサイズを小さくした状態で送信される仕様となっていました。

たまに送られてきた画像が汚い。と感じることもあったはずです。

でもこれからは撮った写真をそのままを状態で送ることができるようになりました!

手順は簡単。

トークで写真を送る時、左下に表示されている「オリジナル画質」という部分をタップしてチェックを入れる!

このチェックが入っている状態で送信すると画像サイズを変えることなく友だちにシェアできるぞ!

比較してみると差がわかる!

オリジナル画質で送信したもの(左)とそうでないもの(右)の画像情報を比較。

解像度を見てみるとその差は歴然だ!

スマートフォンで開いた時は画質は落ちていないように見えるかもしれないけど、パソコンなど大きなディスプレイで開いてみるとハッキリと違いが分かる。

通信容量と保存容量には注意!

撮ったままの写真を送れるのは嬉しいことですが、注意しなければならないこともあります。

ひとつ目は、「データ通信容量」。

一眼レフなどで撮った写真はもちろん、最近のスマートフォンは非常に高画質で撮影ができるため、一枚の写真サイズが非常に大きくなります。

写真のサイズが大きいとそれだけ送信するのに通信容量を使うことになり、ダウンロードする側も大きいサイズの画像を保存すると通信容量を今まで以上に消費してしまいます。

先ほど例で使用した画像を見てみると、オリジナル画像が「1.386MB」、画質を落とした画像が「220KB」と、オリジナル画質は約6倍サイズが大きいことになります。

ふたつ目は、「端末の使用容量」。

送られてきた写真を保存する側は大きいサイズの写真を保存することになります。

そのため端末の使用容量を今まで以上に消費することになるので要注意。

オリジナル画質が送信されてきた場合は、保存する際にオリジナルか画質を落としたものを保存するか選択できるので上手に活用しましょう。

最後に

LINEでやりとりした画像をパソコンでダウンロードする機会が多いので、オリジナル画像をやりとりできるとかなり助かります!

みなさんも綺麗な写真で思い出をシェアして楽しみましょう(^o^)/

ただ、毎回オリジナル画像にチェックを入れないいけないのは面倒だな・・・。
デフォルトでオリジナルかどうかを設定できるようにして欲しい(-ω-;)

スポンサーリンク
  • この記事をシェア!
feedlyでフォロー!
follow us in feedly
Twitterをフォロー!
この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします!
アプリアン!のLINE公式アカウント登録
LINE@の公式アカウントもよろしくお願いします!
「LINEアプリ起動→設定画面→友だち追加→QRコード」で読み込んで下さい!