マジで!?クロネコメール便のサービスが3月31日に廃止される。

日々の出来事 日常ネタの雑記
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => daily [name] => 日々の出来事 ) [1] => Array ( [parent] => 1064 [slug] => zakki [name] => 日常ネタの雑記 ) )
スポンサーリンク
クロネコヤマト

photo credit: クロネコヤマト

便利だったのに・・・。カズヤ(@kazumiso_s)です。

クロネコヤマトの配送サービス『クロネコメール便』が2015年3月31日の受付を持って廃止されることが発表されました。

スポンサーリンク

クロネコメール便が3月31日で終了

クロネコヤマトが発表した内容によると、メール便の廃止理由は『信書を知らない内に送ってしまうリスクがあるため』としています。

法律上、『信書』と呼ばれるものをメール便で送ることが認められておらず、気付かずに送付者が『郵便法違反』に抵触してしまう恐れがあったそうです。

この事から、私たち利用者にとっての「安全で安心なサービスの利用環境」、「利便性」をクロネコヤマトの努力だけで持続的に両立させることが困難と判断した結果、クロネコメール便の廃止を決断したそうです。

「お客さまが知らないうちに信書を送ってしまうリスク」をふせぐために、本年3月31日の受付分をもって、クロネコメール便を廃止いたします。
(中略)
現在の規制が変更されないままではお客さまにとっての「安全で安心なサービスの利用環境」と「利便性」を当社の努力だけで持続的に両立させることは困難であると判断し、クロネコメール便を廃止する決断に至りました。
via:クロネコヤマト

4月からは新サービスが開始

4月1日からは、法人向けにお申し込みの時に内容物の種類を確認できるカタログ、パンフレットなどの「非信書」に限定し、運賃体系を見直したうえ、『クロネコDM便』と名前を変えサービスを継続するとのこと。

個人向けには以下のサービスが開始されるそうです。

  • 小さな荷物を専用BOXで、リーズナブルな運賃で送れる安心で手軽な新しい宅急便サービス
  • 薄くて小さな荷物をポストに届ける宅急便品質の新しいサービス

前者は『宅急便60サイズより小さめの専用BOXと専用薄型BOXの2つの専用パッケージで利用できる対面手渡しサービス』で、物追跡・時間帯お届サービス・再配達・配達完了報告などの宅急便基本サービスや、店頭受取りサービスなどが利用可能。
運賃は地帯別運賃。

後者は『厚さ2.5cm以内の小さな荷物を自宅のポストに届けてくれる』もので、再配達にならずに宅配物がポストに投函され、受取人に配達完了メールが届くサービスとなるそうです。
個人が送る時は『クロネコヤマトと契約のあるフリマサイト利用時のみ』で、運賃は全国一律とのことです。

最後に

送れるものに制限があったものの、送料が安く手軽に手続きできるクロネコメール便は非常に便利でした。

それが区別の曖昧な『信書』というものが原因でサービス廃止になるなんて残念。
とはいえ、クロネコヤマトだけでなく、クロネコメール便の利用者が警察に取り調べを受けたり、書類送検されたりするケースが発生しているそうなので仕方がありませんね。

4月1日から始まる2つのサービスでは、今ある宅急便サービスよりは安価になるそうですが最安80円で送れたメール便と比較してしまうと辛いものがありそうです。

また、インターネットやオークションなどで商品を購入した際の送料も今後上がることが予想できます。
クロネコメール便を送ったことがない方にも金銭面で影響が出てくるかもしれません。

専門委員会に規制の見直しを提案し見送られてきているそうですが、将来的にはクロネコメール便が復活できるような規制の見直しがされることを望みます。

クロネコヤマト

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。