子供がいる家庭は1万円がもらえる!子育て世帯臨時特例給付金を申請しよう。

日々の出来事 小ネタ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => daily [name] => 日々の出来事 ) [1] => Array ( [parent] => 1064 [slug] => topic [name] => 小ネタ ) )
スポンサーリンク
子育て世帯臨時特例給付金

photo credit: xopherlance via photopin cc

忘れないように!カズヤ(@kazumiso_s)です。

2014年4月から消費税が8%へ増税されて日用品などの出費が気になるところですが、子育て世帯には良いこともあるようです。

嫁がYahoo!ニュースを見せてきて、「これ申請して!」と一言。

なになに・・・国が増税に伴い「子育て世帯臨時特例給付金」という制度を設けるだと!?

え?15歳までの子供がいる家庭は子供一人につき1万円支給されるの!?

スポンサーリンク

子育て世帯臨時特例給付金とは!?

厚生労働省が公開している「子育て世帯臨時特例給付金」に関するページでは以下のように説明しています。

お金のかかる子育て世帯の増税負担を軽減すべくとった政策ですね。
こんなのやるなんて知らなかったww

平成26年4月から消費税率が8%へ引き上げられますが、子育て世帯の影響を緩和し、子育て世帯の消費の下支えを図る観点から、臨時的な給付措置として行うものです。
 また、児童手当の上乗せではなく、臨時福祉給付金(簡素な給付措置)と類似の給付金として、これと併給調整をして支給するものです。

給付対象児童とは

子供1人につき1万円が給付される制度ですが、給付対象となる児童は以下の条件を満たしている必要があるそうです。
児童手当の受給者が条件となるので中学3年生(15歳)までのお子さんが対象となります。

基準日(平成26年1月1日)における平成26年1月分の児童手当(特例給付を含む。)の受給者であって、その平成25年の所得が児童手当の所得制限額に満たない方を基本とします。

給付金を受け取るには

この「子育て世帯臨時特例給付金」を受け取るにはどうしたら良いのか。
厚生労働省のページに以下のような記載があります。

2014年1月1日時点で住んでいた市町村にある役所に申請を行い、審査に通れば給付されるイメージですね。
具体的な申請内容は市町村によって変わるのか詳しい記載がありません。

2014年4月1日以降に役所に直接問い合わせたり足を運んだほうが良さそうです。

支給対象者は、原則として、基準日(平成26年1月1日)時点の住所地の市町村(特別区を含む。)に対して、支給の申請を行います。
申請を受け付けた市町村は、児童手当の受給状況、平成25年の所得、臨時福祉給付金の受給資格等について審査の上、支給対象者に対して支給を行います。

最後に

1人につきたったの1万円かよ!!

って最初は思いました。

でも、5%と8%での税金差額が1万円になるのは33万円分の買い物をした時です。
つまり子供1人に対して33万円分の買い物は5%の時と同じ価格で買える計算になります。

パンパース208パック、もしくは粉ミルク196缶分の増税分が浮いたと思うとデカイな。

3人の子供がいれば約100万円相当の消費増税分がチャラになる感じです。

たかが1万円、されど1万円・・・もらえるものはありがたく頂戴しましょう!

いつまで申請可能なのか記載がなかったのでわかりませんが、子育て世帯のお父さんお母さんは忘れないように。

元ネタのYahoo!ニュース記事を書いて下さったライターの方には感謝!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。