MacBook AirのSSDを増量!自分で交換できる「JetDrive」が発売!

ガジェット・モノ パソコンのモノ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => gadget [name] => ガジェット・モノ ) [1] => Array ( [parent] => 663 [slug] => pc-goods [name] => パソコンのモノ ) )
スポンサーリンク

JetDrive

これ欲しい!カズヤ(@kazumiso_s)です。

MacBook Air/ProやMac miniのSSDを自分で交換して容量を増やすことができるJetDriveがAmazonで発売されています。

最大960GBのSSDに交換できるので容量不足に悩まされている方にはおすすめかも!

スポンサーリンク

専用工具

JetDriveにはSSD交換に必要な専用工具が同梱されています。

買ってすぐに交換が可能!

専用工具

JetDrive

交換手順

JetDriveを使ってのおおまかな交換手順は以下になります。

本体のデータをバックアップしたのち交換することで、OSの再インストールをしたり、保存していたデータが消えたりすることなく交換できるそうです。

専用工具でパネルを外すくらいなので簡単に交換できそう!

  • 1.JetDriveにSSDを取り付け
  • 2.JetDriveをPCに接続
  • 3.JetDriveにデータをバックアップ
  • 4.バックアップしたSSDに交換

動画もある!

詳細な手順はこちらの動画を参考にしましょう!

分かりやすく説明されています。

ムダにしない!

元々パソコンに付いていたSSDはJetDriveを使って外付けドライブとして利用できる!

容量が少ないとはいえ、捨てるのはもっていないので有効に利用しましょう!

外付け

選べる容量

JetDriveは機種ごとに対応したものを選ぶ必要があります。

Amazonで取り扱っているものは以下になります。
購入する際は注意しましょう!

MacBook Air Late 2010/Mid 2011

MacBook Air Mid 2012

MacBook Pro (Retina)

MacBook Pro/MacBook / Mac mini

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。