iPhoneのアラームをバイブのみに設定する方法。標準アプリでも可能に。

Apple関連 iPhoneの小技 iPhone関連
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 686 [slug] => tweak [name] => iPhoneの小技 ) [2] => Array ( [parent] => 238 [slug] => iphone [name] => iPhone関連 ) )
スポンサーリンク

iPhoneのアラームをバイブのみに設定する方法。標準アプリでも可能に。

いつも気を遣っていたカズヤ(@kazumiso_s)です。

僕はいつも朝4時~5時くらいに起きて1日の活動を始めるように心掛けています。

その為、起床時はスマホのアラームが必須です!

アラームがないと9時くらいまで爆睡してしまいますので・・・zzz

でもアラームが鳴ると隣で寝ている奥さんも起こしてしまい、非常に申し訳ない気持ちで一杯に(・ω・;A)

そんな話を仕事でお世話になっているお客さんにしたら、

iPhoneのアラームをバイブのみに設定する方法」を教えてもらえた!

スポンサーリンク

 

起床時、電車の寝過ごし防止にも有効なバイブのみアラームを設定!

iPhoneでは時計アプリでアラームを設定することができます。

しかし、サウンドを「なし」に設定すると、バイブも一緒に消えてなんも意味もなさない無能っぷりを発揮。

そんな話を会社のお客さんに愚痴ると・・・

 

僕:iPhoneのアラーム、バイブのみにできなくないですか?

 

お客さん:普通だとできないね。なにかしらを音を設定しないとダメみたい。

 

僕:やっぱり?なんかいいアプリありますー?

 

お客さん:いや、音のでない無音ファイルを「サウンドに設定する」といいよ。

 

僕:!!!
アナタは神ですか。

 

お客さん:そうです。髪がない神「ゲーハー」です。

 

僕:ありがたやー _●/|_

ってことでゲーハー様に、iPhoneだけで無音ファイルを作りバイブのみアラームを設定する方法を伝授して頂いたので、みなさんにも共有したいと思います!

ちょっと面倒ですが、一度やってしまえば快適なバイブのみアラーム生活が訪れます(ノ´∀`*)

1.GarageBandというアプリを起動

まずはAppStoreから「GarageBand」というギターのアイコンのアプリを探しましょう。

通常600円するアプリになりますが、2014年9月1日以降にiPhoneを購入した方なら無料でダウンロードができます。

どんなアプリなのかよく知らないんですが・・・レコーディングアプリ?なのかな(笑)

こいつで音無しのファイルを録音して作るので、出来る限り静かな場所で作業しましょう。

アプリ本体の容量が1.54GBあるのでWi-Fiへ繋いでから行って下さいね。

インストールしたら起動しましょう!

GarageBand
価格: \600
※価格は記事執筆時のものとなります。

2.左上の「+」をタップ

アプリが起動すると画面が横になります。 左上の「+」をタップ!

3.「新しい曲を作成」をタップ

続いて「新しい曲を作成」をタップ!

4.スワイプしてマイクを選択

起動したら横にスワイプして、マイクのアイコンまで移動してタップ!

5.メトロノームを無効にする

なにやら難しそうな画面が開きます。

この画面で録音します。 まずは上部にある「メトロノーム」をタップして無効にします。

6.再生ボタンをタップ

それでは音無しのファイルを録音してきましょう! 上の再生ボタン(緑色の▶)をタップするとメモリ部分が動き出します。

これはやらなくてもいいそうなのですが、スムーズに録音ができ成功率がアップするそうです。

ちなみにこの時はまだ録音はされていません!

7.音無しのファイルを録音する!

ここで無音ファイルを録音。

「赤い●」部分を一度タップすると録音状態になり、もう一度「赤い●」をタップすると録音終了となります。

1度目と2度目のタップの間にiPhoneが音を拾って、その間の音を録音するという機能ですね。

なので、「赤い●」を「トントン!」と素早く2度タップして録音時間を極力短くします!

そうすることでなにも音が録音されない状態を作ることできます。

メモリの部分を見ると青い部分が細く表示されています。

この部分が録音した間隔となりますので、音がまったく入っていなければ成功です!

8.下矢印をタップする!

録音しただけではアラームにセットすることはできません。

これをiPhoneへ保存する必要があります! 左上の「下矢印」をタップして出てくる「My Songs」をタップ!

10.録音した音源を選択!

最初の画面に戻ります。

画面右上に「選択」となっている部分をタップし、先ほど保存した「My Songs」をタップして選択。

青い枠で囲まれたら、左上のボタンをタップしましょう!

11.保存先として着信音を選択

録音した音を「着信音」として保存します!

12.名前を決めて書き出し

着信音として保存する際の名前を決めます。

ここでは「音無し」と入力しました。 入力したら右上の「書き出し」をタップ!

13.iPhoneへ音無しファイルを保存できた!

無事に保存が成功! 長かったですね。

最後にアラームにセットして確認したら終わりです。 もう少しお付き合い下さい。

14.時計アプリを選択

iPhoneの標準アラームは「時計」アプリから行えます。

ホーム画面から探してタップ!

15.アラームの時刻などを設定!

時計アプリを起動して、画面下から「アラーム」を選択し、アラームを登録する画面(画像左)を開きます。

初めての方はなにも表示されていないかもしれません。 画面右上の「+」ボタンをタップしましょう!

すると、アラームの編集画面(画像右)となります。

画面の下部にある「サウンド」をタップ!

16.録音して保存した無音ファイルを設定

サウンド設定画面(画像左)を見ると、先ほど録音して保存した名前のファイルが表示されています!

こちらを選択すればこのアラームに「音のないファイル」を設定することができます。

バイブレーションのタイプ設定も同画面で行えるので忘れずに設定しておきましょう!

最後にアラームを保存して作業終了!

1分後にアラームをセットしてバイブのみでアラームが起動するかお試し下さい。 お疲れ様でした。

まとめ

やたらと長く面倒な方法ではありますが、音が鳴らないバイブだけのアラームは本当に役立ちます!

朝起きるときだけではなく、電車の寝過ごし防止や、会社など音を出せない場所で予定忘れ防止の為にも使えます。

iPhoneユーザーの方はお試し下さい!

そして、同じように困っているお知り合いの方がいたら是非教えてあげてください。

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。