これはオススメ!軽くて激安なiPad Airのキーボードを購入!

ガジェット・モノ スマホ・タブレットのモノ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => gadget [name] => ガジェット・モノ ) [1] => Array ( [parent] => 663 [slug] => smartphone-goods [name] => スマホ・タブレットのモノ ) )
スポンサーリンク

iPad AIr キーボード

思ったより良い。カズヤ(@kazumiso_s)です。

軽くて安いF.G.S社製のiPad Air専用のキーボードを購入しました!

ロジクールのキーボードと悩みましたが、安さに負けました。。。

思った以上に良い品だったのでご紹介!

スポンサーリンク

製品仕様

本体サイズ:横245mm×縦173mm×厚さ9mm
重さ:230g
無線インターフェース:Bluetooth Ver 3.0、GFSK
充電時間:約4~5時間
連続使用時間:最大約55時間(メーカー推奨値、保証するものではございません)
電源:リチウムイオン電池350mAh(内蔵)
対応機器: iPad air(第5世代ipad)
製品内容:Bluetooth対応キーボード、USBケーブル(キーボード充電用)、ユーザーガイド、簡易日本語取扱説明書

via:Amazon

こちらが製品仕様。

一番の魅力は230gという軽さ!
iPad Airと合わせても699gと、先代iPad4の重さ(約652g)とほぼ同じ。

もちろん、iPad AirとはBluetoothで接続可能!

連続使用時間は55時間と、2日間以上不眠でブログを書き続けられるくらい長持ちします。

到着

商品注文翌日に到着しました。

やっぱりAmazon最強。

さっそく開封!

FGS

見た目

開封後

本体はビニールに包まれています。
キーボードを充電するためのmicroUSB1本と簡単な説明書が同梱されています。

開封後

豊富なキー

キーボード全体はこちら。
iPadを使う際に便利なショートカットキーが豊富。

F8のキーを押すと日本語入力、ローマ字入力、絵文字がワンタッチで切り替えられるのは感動した。
その他、文字の全選択、コピー&ペースト、音量調整などよくあるショートカットも搭載。

しかし数が多い分、一つ一つのキーが小さめ。
手が大きい方はタイピングしずらいかもしれません。

全体

背面

背面はシルバーのプラスチック製素材。

一見アルミっぽいけど、違った・・・。
残念ながら高級感はありません。

でもこの素材が超軽量を実現しているのかもしれません。

また、背面上部がパカっと開きスタンドの高さを上げることができます。

斜め

背面

キーの厚み

キー部分はやや厚みがあります。
ロジクールのキーボードより厚みがあるため、抵抗がある人もいるかもしれません。

ただ、Macの純正キーボードよりほんの少し厚みあるくらいです。
私は初めだけ違和感がありましたが、すぐに慣れました。

背面素材と同様に、キーボードの素材もちょっと安っぽい。
おもちゃに使われるような感じ・・・。
従ってこちらも高級感はなし。

キー配列

電源

本体左下にキーボードの電源とBluetooth接続ボタンがあります。
接続中は電源ボタンが多く光ります。

ボタン

装着してみる!

収納時

iPad Airをキーボードに装着!
カパってはめる感じですw

キーボードの厚みが9mm、iPad Airの厚みが7.5mmなので、装着すると合わせて16.5mmくらいです。
使うカバンにもよりますが、キーボードを付けたことでの影響はあまりないと思います。

装着

装着

使用時

キーボードの上部に溝があるので、そこにiPad Airをひっかけて使う感じ。
横置き、縦置きの両方に対応しています!

特に難なく、快適に使えます!

ソフトキーボードに比べ遥かに早く正確にタイピングでき、動画などの視聴もいい角度で観ることができます。

また、溝の部分にマグネットが入っているのか本体がくっつきます。
多少の揺れなら外れることはなさそうですが、過度の期待は禁物。

電車内などで使うときは注意しましょう。

横置き

縦置き

宙に浮く

1つだけ注意!

このキーボードを使う上で一つ注意が必要です。

キーボードにiPad Airを装着するときに、キーボードにある爪が当たります。
1週間使った時点で傷がついたりはしていませんが、結構ガリっといきます。

そのため、本体に傷が付く恐れがあるので気になさる方は購入を避けたほうがいいかもしれません。

注意点

最後に

以上、iPad Air専用キーボードのご紹介でした!

見た目は値段相応に安っぽいけど、キーボードとしての能力は優秀でした!

気になった方はチェックしてみてください!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。