iOS8が正式公開!色んな機能が追加され出来ることが増えた!

Apple関連 iOS関連
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => ios [name] => iOS関連 ) )
スポンサーリンク

iOS8
めっちゃ増えてる!カズヤ(@kazumiso_s)です。

本日、9月18日より最新のiOS「iOS 8」が正式にリリースされました!

メジャーアップデートなだけにかなり機能追加があります!

Apple史上最大のアップデートだと記載がありますw

スポンサーリンク

100以上の機能追加!

かなりの数のアップデートが行われているので全てはご紹介できませんが、主な機能追加は以下のとおり!

個人的にはiClud Driveが便利すぎてヤバイ。

メッセージの機能改善

  • Tap to Talkで音声、ビデオ、または写真をスワイプするだけで送信
  • グループメッセージのオプションによりグループチャットに名前
  • を付けたり、チャットから離れたり、宛先の追加/削除が可能に
  • “おやすみモード”、位置情報の共有、および添付ファイル表示を含む新しい“詳細”表示

写真の機能改善

  • スマート編集ツールでライトやカラーをスワイプで調整
  • 微調整コントロールで露出、明るさ、コントラスト、ハイライト、シャドウなどの調整が可能
  • 日付、撮影地、またはアルバム名での検索や、スマート候補を使用可能
  • スローモーションビデオ、バースト、パノラマ、タイムラプス用のスマートアルバム
    他社製の写真フィルタや編集ツールを“写真”Appで直接サポート
  • iPhotoの写真とメタデータは“写真”Appに移行されます。ブック、ジャーナル、およびスライドショーは、写真のみを含むアルバムに変換されます。iOS用iPhotoは、iOS 8以降が搭載されているデバイスではサポートされません。

カメラの機能改善

  • タイムラプスモード
  • タイマー機能
  • 写真撮影の前に指を上下にスライドするだけで露出を調整することが可能
  • iPhone 5sの前面側カメラでのバーストモード
  • iPad AirおよびiPad mini Retinaディスプレイモデルでのパノラマ撮影

QuickTypeキーボード

  • あなたの文章のスタイルに合わせてパーソナライズされ、受信者やAppを基にカスタマイズされる予測入力
  • “予測”は、英語(オーストラリア、カナダ、英国、米国)、フランス語(カナダ、フランス、スイス)、ドイツ語(ドイツ、スイス)、イタリア語、ポルトガル語(ブラジル)、スペイン語、タイ語で利用可能
  • 他社製キーボードをサポート

ヘルスケア

  • 新しい“ヘルスケア”Appを使って、健康やフィットネスのデータをダッシュボードで見やすく表示
  • 健康データをほかのAppと共有して、健康やフィットネスをまとめて管理
  • アレルギーや病状などの情報を含むメディカルID機能を追加。ロック画面からメディカルIDにアクセスできるようにするオプションも用意
  • iPhoneおよびiPod touchで利用可能

ファミリー共有

  • iTunes、iBooks、およびApp Storeで購入した項目を最大6人の家族と共有
  • 家族の買い物の支払いを1枚のクレジットカードにまとめ、子供の買い物は“承認と購入のリクエスト”で承認が可能
  • 家族の写真、カレンダー、位置情報などを簡単に共有

iCloud Drive

  • すべての書類をiCloudに保存して、iPhone、iPad、iPod touch、Mac、またはPCからアクセス
  • 同じファイルを複数の対応Appで共有
    1つのデバイスで編集した内容を、すべてのデバイスで自動的にアップデート
  • iPhone、iPad、およびMacでの作業がこれまで以上にシームレスになる連係機能
  • Handoff機能で進行中の作業を1つのデバイスから別のデバイスに引き継ぐ事が可能

iPadやMacでの電話の発信/着信、SMSまたはMMSメッセージの送受信がiPhoneの携帯電話接続を使って可能に

  • Instant Hotspot機能により、ほかのデバイスからiPhoneのインターネット共有を自動的に利用してインターネットに接続可能
  • OS X YosemiteのAirDropとの互換性を追加
    iPhone 5以降、iPad(第4世代)、iPad Air、iPad mini、iPod touch(第5世代)で利用可能

アップデート可能デバイス

iOS8へアップデートできるデバイスはこちら。
今回からiPhone4が対象外になりました。

  • iPhone 4s
  • iPhone 5
  • iPhone 5c
  • iPhone 5s
  • iPod touch(第5世代)
  • iPad 2
  • iPad Retinaディスプレイモデル
  • iPad Air
  • iPad mini
  • iPad mini Retinaディスプレイモデル

最後に

ほんの一部ですがiOS8で追加された機能のご紹介でした!

アンドロイドのように他社製のキーボードを使えるようになるのも楽しみな機能の一つ!

とはいえ、リリース直後はバグが出たりすることが多いので安定したものを使いたい方はアップデートを見送った方が良いかもしれません。

また、iOS8のダウンロードサイズが大きいためiPhoneの本体容量が少ない方はご注意を。

iOS8

Posted from するぷろ for iOS.

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。