要注意!iPhoneなどのiOSが起動不能状態になってしまう日付設定バグがあると発覚!

Apple関連 iOS関連
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => ios [name] => iOS関連 ) )
スポンサーリンク
iPhoneが起動不能となる日付設定バグ

photo credit: 9to5Mac

これは怖い・・・。カズヤ(@kazumiso_s)です。

iOS端末でとある日付設定をすると端末が起動不能となる不具合があると、9to5Macが報じています。

スポンサーリンク

iPhoneなどのiOSが起動不能状態になってしまう日付設定バグがあると発覚

iPhoneなどの設定アプリを起動して日付時刻の設定欄を開くと通常は自動設定となっています。

これを手動で1970年1月1日に変更し再起動。

すると・・・Appleのロゴマークが出る画面で止まってしまい何も出来なくなってしまうそうです。

やっかいなのがこの状態になってしまうと、再起動やiTunesへ繋いで復元などが行えず、アップルストアへ持ち込まないと直らないとのことです。

ありえない日付なので誤って設定するようなこともないとは思いますが、興味本位で試すことはオススメしません。
また、この日付にするとiPhoneが軽くなる・速くなるなどのデマ情報が流れても騙されないように注意が必要です。

実際に再現された様子を公開している動画もあるので良かったらご覧になってみてください。

via:9to5Mac

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。