男は楽してる。「育児より仕事している方が楽」ということを年末年始に改めて痛感。

育児・子育てのこと 体験談
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => child [name] => 育児・子育てのこと ) [1] => Array ( [parent] => 1583 [slug] => experiences [name] => 体験談 ) )
スポンサーリンク

男は楽してる。「育児より仕事している方が楽」ということを年末年始に改めて痛感。

たったの6日間でやられらカズヤ(@kazumiso_s)です。

今年の年末年始休暇は6連休でした。

毎年、長期休暇の時は妻が丸1日休みをくれて友だちと出掛けたりするんだけど、今回は都合が合わなかったためずっと家族と過ごしました。

内2日間はお互いの実家へ帰り過ごしましたが、子供が生まれてから6日間も家族と長時間いたのは初めてかもしれません。

3歳7ヶ月になる長女がいるのに今更?と妻に思われてしまいそうですが、

育児より仕事をしている方が楽

というよくある話を年末年始に身をもって痛感しました。

まじで辛かった。

今まで本当に楽をしていたんだな、と妻に申し訳なくなる。

スポンサーリンク

育児は息抜きができない辛い生活。

普段から家事や育児は協力している”つもり”ですが、実際加担できるのは平日の仕事終わりと週末の2日間だけ。

そんな中、去年の10月に第二子が生まれたので2人の子供と過ごす長期休暇は初めて。

何をしたわけでもないのに・・・めっちゃ疲れて疲労感たっぷり。

妻が如何に大変な思いで育児をしているのかを痛感した。

夜中に何度も起こされ、授乳を妨害される

下の子はまだ生後3ヶ月に満たないので授乳中。

数時間おきに起こされる妻。

これだけでも大変なのに、長男が泣き叫ぶ声で長女が起きる。

そして授乳しようとする妻を見て、嫉妬心から

オッパイあげちゃだめ〜〜!!

と奇声をあげ妨害する。

長女をあやそうと俺が止めに入るんだけど、3歳の子供とはいえ制止するにはかなり体力がいる・・・。

妻は平日は仕事があるからと俺を起こさずにいつも一人でこなしている。

気を遣ってくれてありがたいけど、遠慮なく起こしてくれればいいのに。

騒がしいのに起きない俺も俺だけど。

子供がいると予定が予定にならない。

外出しようにも子供がいると予定通りにはことは進まない。

風邪ひいたりグズりだしたり食べるのが遅かったり・・・予期せぬ事態がたくさんある。

昨日アップしたウンチが出ない事件もその内の一つ。

血が出る前に使いたい。「イチジク浣腸」は便秘で泣き叫ぶ子供を救った救世主。
血が出る前に使いたい。「イチジク浣腸」は便秘で泣き叫ぶ子供を救った救世主。
”※お食事中の方、閲覧注意”泣き叫ぶ娘を見てられなかったカズヤ(@kazumiso_s)です。年末年始休みの最終日、家族で出掛けようとして準備していると、3歳の長女が
こちらの記事を読む

楽しみにして予定を組んでいても思い通りに行かないことは多々ある。

小さなイライラが積み重なる毎日・・・。

肉体的負担も多い

3歳7ヶ月の長女は体重14kg、2ヶ月の長男は5kg。

長女はまだまだ抱っこして欲しがる。

長男が生まれてから抱っこ欲が更に増して、どこへ行くにしても抱っこの嵐。

14kg・・・マジで重い。

長男は動きはしないが、抱っこしていないと泣き叫ぶ時があるので何十分も横抱きで抱っこ。

酷い時は1時間以上。

たった5kgとは言え頭を支えることは負担になる。

必然と背中が丸まり、首が前に落ち、肩コリが酷くなる。

妻は毎日サロンパス必須の体となっている。

俺も年末年始に腰がやられた・・・。

まとめ

息抜きをする暇が本当になくいつも時間に追われている。

通勤時にスマホいじったり昼休憩時に好きなご飯を温かい状態で食べれたり。

仕事している方が息抜きできるし話し相手もいるから精神的にかなり楽。

こんなに大変な育児を何年も続けてきてる妻には改めて感謝です。

という話を妻にしたら、

育児は任せてくれればいいから、育児より大変な思いをしてたくさん給料もらってきて(ノ´∀`*)

とのこと・・・。

が、頑張ります(・_・;)

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。