Googleアドセンスの非同期型コードが登場!さっそく試してみた!

Web・ブログのこと Wordpress
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => web-tips [name] => Web・ブログのこと ) [1] => Array ( [parent] => 701 [slug] => blog [name] => Wordpress ) )
スポンサーリンク

GoogleAdsense

GoogleがGoogleAdsenseの「非同期型広告コード」の提供を開始しました!

非同期型を扱うことにより、「広告を読み込む速度に問題があるページでも、ページのコンテンツは問題なく読み込むことができ、ユーザーの利便性が高まる」らしいです!

まだベータ版とのことですが、さっそく試してみました!

スポンサーリンク

非同期型コードの取得

まず、非同期型コードの取得方法をご説明。

アドセンスの管理画面にログインして「広告の設定」を開きましょう。

作成済みの広告一覧が表示されるので、「コードを取得」をクリックしましょう!

開いたウインドウの「コードタイプ」を「非同期(ベータ版)」を選択して、新たにコードを取得!

コピーした新しいコードを、現在表示している広告コードと置き換えましょう。
googleadsense

ページ速度の比較

当ブログのこちらのページを10回開いて、ページ表示速度の平均を計測しました。

1ページに表示しているアドセンスの広告は4つです。

非同期型にする前はページを表示するのに平均で4.24秒かかっていました。

そして4つの広告を非同期型に変更し、再度10回開いて計測した結果・・・平均で4.01秒でした。

約0.2秒の速度改善でした。

う~ん・・・たった10回じゃ信憑性に欠けますね。

そもそも計測方法も正しいのかどうか・・・w

体感的に早くなったとは感じられませんでしたが、しばらくは非同期型のコードを使用して運用していきたいと思います!

アドセンスを使用している方は楽してみてください!

参考:マイナビニュース

 

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。