2015年はガラケー+スマホの『ガラホ』が登場する!?

日々の出来事 メディア
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => daily [name] => 日々の出来事 ) [1] => Array ( [parent] => 1064 [slug] => media [name] => メディア ) )
スポンサーリンク

ガラホ

photo credit: DavidErickson via photopin cc


需要あるのかな!?カズヤ(@kazumiso_s)です。

2015年にガラケーとスマホを掛け合わせた『ガラホ』が登場するかもしれないと日経新聞が報じました。

一体どんな端末だ!?

スポンサーリンク

2015年は『ガラホ』の年となるか!?

日経新聞によると、国内ユーザーでスマホを利用しているのは53.5%(2014年3月末、総務省調べ)で依然半数はガラケーを利用しているとし、キャリアやメーカーはこのガラケーユーザーを如何に攻略するかが2015年の課題と報じています。

スマホで人気があるのはiPhoneを始めとする海外メーカー製となり日本メーカー製の人気は低下する一方ですが、日本メーカーには以下の様な理由からスマホ市場よりもガラケー市場の方が優位に立てるとの記載もあります。

  • ガラケーに関しては長年の経験がある日本メーカーに強みがある
  • デザインや機能面の進化が僅かにすぎないため開発コストが低い
  • 日本メーカーの高品質な製品は海外キャリから高い評価を受けている

ガラケーはスマホユーザーにはお馴染みの高速通信回線『LTE』に対応していないことなどが課題としてあるものの、『見た目がガラケー、中身はスマホ』のような端末が登場すれば現ガラケーユーザーはもちろんのこと、スマホに機種変したけど使いこなせないからガラケーに戻したいって方にも人気が出るかもしれません。

低価格の端末、安い料金プラン、操作が容易となれば尚のこと。

今後、『ガラホ』という第三の携帯電話がどのような形で登場するのか楽しみです!

via:日経新聞

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。