iPhoneを自分で防水加工できるスプレー『Flash Flood』が便利そう。

ガジェット・モノ スマホ・タブレットのモノ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => gadget [name] => ガジェット・モノ ) [1] => Array ( [parent] => 663 [slug] => smartphone-goods [name] => スマホ・タブレットのモノ ) )
スポンサーリンク

Flash Flood

天敵対策。カズヤ(@kazumiso_s)です。

iPhoneを雨の日に使ったり、お茶をこぼして濡らしてしまった時は少し焦る。

そんなiPhoneを自分で防水加工できるスプレー『Flash Flood(フラッシュフルード)』が便利そうです!

スポンサーリンク

防水スプレー「Flash Flood(フラッシュフルード)

Flash Flood(フラッシュフルード)』はイギリスのNanostate社が販売している防水スプレーで、髪の毛の40,000分の1という極細粒子を吹きかけることができるそうです!

これにより、iPhoneに極薄コーティングが加工されて防水効果が期待できるとのこと。

指紋認証のTouch IDも問題なく使えるそうです。

動画を観てみるとかなりの量の水をiPhoneにかけていますが、iPhoneは水を弾いていて問題なく使用できている様子が映しだされています。

水没レベルまで完全に対応しているわけでないようですが、生活防水レベルは問題ないとのこと!

海やプール、スキーにスノボなどのレジャー時、自宅では洗面台や水回りの家事をしている時と、日常生活には『』は近くにあるもの。

過度な期待は禁物ですが、防水加工しておけば大切なデバイスを濡らして故障させてしまう心配がなくなるので気持ちが楽になりそうですね。

気になった方はチェックしてみてください!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。