速い!Macでフォトストリームの画像を素早く表示する設定方法!

パソコンで使える小技 パソコンのこと
Array ( [0] => Array ( [parent] => 1268 [slug] => pc-tweak [name] => パソコンで使える小技 ) [1] => Array ( [parent] => 1586 [slug] => pc [name] => パソコンのこと ) )
スポンサーリンク

キャッチアイ

一度設定するだけ!カズヤ(@kazumiso_s)です。

Macでフォトストリームに上がっている写真をFinderで素早くアクセスする方法をご紹介!

iPhotoの起動を待たずにワンクリックでいけます!

スポンサーリンク

フォトストリームに素早くアクセス!

まずはFinderを開きます。
Finderの「移動」メニューにある「フォルダへ移動」を選択するか、「Shift」+「Command」+「G」を押して、フォルダへ移動するためのウインドウを表示します。

表示されたウインドウの入力欄に以下の文字列をコピペ!

~/Library/Application Support/iLifeAssetManagement/assets/sub/

フォトストリームへ移動

フォルダがたくさん!

移動すると訳のわからないフォルダがたくさん出てきます。

この中にフォトストリームの写真が隠れているので絞り出してやります。

検索前

検索条件の設定

次に「Command」+「F」を押して検索条件設定欄を表示させます。

検索範囲を「このMac」から「sub」に変更。
その下にある種類設定を、「種類が全てのイメージ」に設定。

するとFinder上には画像ファイルが表示されます。
これがMacに保存されているフォトストリームの画像です!

とは言っても、毎回今の作業を行うのは手間なので検索条件の保存を行います。
右端にある保存ボタンをクリックして任意の場所、名前でショートカットを保存!

この時にサイドバーに保存しておくと、いつでもFinderからフォトストリームにアクセスできるようになります。

検索条件設定

開いてみる

保存したショートカット(サイドバーまたは紫のフォルダアイコン)をクリックすると、先ほど検索して絞り込んだフォトストリームの画像が表示されます!

これでいつでも楽々フォトストリームへアクセスできるようになりました!
iPhotoを起動するよりも断然速い。

最初に検索条件を設定した時は画像がFinderに表示されたのに、ショートカットをクリックして開いたときは何も表示されないぞ!
って方はドライブの索引を再作成する必要があります。

次の手順にお進み下さい。

フォトストリームショートカット

フォトストリームの画像がFinderに出ない時

システム環境設定から「Spotlight」を開きます。
開いた画面のプライバシータブを選択。

次に左下のプラスボタンをクリックして、Macintosh HDを選択。
「Spotlight で“Macintosh HD”を検索しないようにしてもよろしいですか?」と表示されるのでOKを選択!

そのまま2分ほど放置!お茶でも飲んで一休みして下さい。

時間が経ったら先ほど追加したMacintosh HDを選択して、マイナスボタンで対象から削除します!
これでドライブの索引が再作成されます。

インデックス

索引作成確認

索引が再作成されているかはステータスバーの右端にある「虫眼鏡」アイコンをクリックすると分かります。
「画像のように◯◯◯の索引を作成中」とゲージが表示されていればOKです!

ドライブの容量などにも左右されますが、索引の作成完了までは数時間ほど時間を要します。
2〜3時間したら再度虫眼鏡をクリックしてみて下さい。
進行具合が表示されなくなっていれば索引の作成が完了です!

索引作成完了後に、先ほどのフォトストリームへのショートカットを開いてみてください。
表示されなかった画像がFinder上に表示されるようになっております!

インデックス更新中

最後に

最初に一手間必要ですが、一度ショートカットを作成してしまえばあとは開くだけ!
一度使ったら元には戻れないほど快適すぎますw

頻繁にフォトストリームの画像を参照する方は試してみてください!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。