いつまで続く!?値上げするディズニーリゾートに期待したいこと。

日々の出来事 日常ネタの雑記
スポンサーリンク
ディズニーの値上げに期待すること

Photo credit: Hernan Piñera via Visual hunt / CC BY-SA

いつまで続く・・・?カズヤ(@kazumiso_s)です。

先日発表されたディズニーリゾートの入園料値上げ。

2016年4月1日から大人のワンデーパスポートは500円UPの7,400円となり、3年連続値上げとなります。

これに期待できることはなにか・・・希望的観測を書き連ねてみます。

スポンサーリンク

値上げを続けるディズニーリゾートに期待すること

まずは過去にどれだけ値上げしてきたのか、入園料の推移を調べてみました。

東京ディズニーランドがオープオンした1983年は3,900円となっており、そこから2年〜3年毎に値上げが実施されています。

ここ数年の値上げ幅が高いことから注目を浴びていますが、定期的に値上げしてきたことが分かります。
オープン当初に比べると2倍近くまで値上げしていることが分かります。

1983年・・・3,900円
1985年・・・4,200円
1989年・・・4,400円
1992年・・・4,800円
1996年・・・5,100円
1997年・・・5,200円
2001年・・・5,500円
2006年・・・5,800円
2011年・・・6,200円
2014年・・・6,400円
2015年・・・6,900円
2016年・・・7,400円

ワンデーパスポート以外の料金については公式サイトの価格改定のお知らせページにて確認できます。

価格値上げは体験価値向上を目的としている

株式会社オリエンタルランドは、今回の価格改定時には発表されたプレスリリースにて、ディズニーランド及びディズニシーにおいてアトラクションやパレードの追加など快適な環境づくりに向けた改善を行うなどしてゲストの体験価値向上を努めてきたとコメント。

さらに今後は更なるクオリティの向上を図ることで、ディズニリゾートでしか体験できない魅力に満ち溢れた世界で唯一のテーマリゾートを目指し成長していくとしています。

値上げ分された分は新アトラクションへの投資か。

入園料が値上げされた分は一体になにに使われるのか・・・

それは定かではありませんが、2014年10月に発表されたディズニーリゾートの面積拡大という開発構想があるため新施設設置に向けた投資になると思われます。

それを裏付けるように、2015年は新アトラクション「スティッチ・エンカウンター」や新パレードの導入が行われ、2016年には新キャラクターグリーディング施設と新しい飲食店がオープン予定と、短いスパンで新しい施設が追加となっています。

2024年には今のアトラクションエリアが2倍にし、大型アトラクションの追加などを予定している開発構想を着実に実現していることが伺えますね。

その反面、2024年に向け入園料が今後も定期的に値上げされることが予想できます。

過去の値上げ幅、そしてアトラクションエリア拡大構想があることを考えると2024年には大人のワンデーパスポートが9,000円前後になっていてもおかしくありません。

アトラクション以外に期待したいこと

新しい大型のアトラクションが登場するのは来場する私たちにとって楽しみが増えるので嬉しいことですが、それ以外にも改善・充実して欲しいことは多々有ります。

個人的に感じたことは書き連ねていきます。

【小さい子供を連れて行った場合の環境】

子供を連れていって初めて感じましたが、授乳室などがあるベビーセンターが少なく、エリア各所に屋根付きでゆっくりと休めるスペースが少ないことに気づきました。

飲食店に入れば話は別ですが、毎回お金を払うわけにもいきません。

妊娠中の方や小さい子供連れ家族にも優しい環境が増えると嬉しいですね。

【アトラクションや飲食店の待ち時間】

楽しいアトラクションが沢山あるにも関わらず、混雑していて1日に3つしか乗れなかったじゃ話になりません。

せめて90分以内・・・欲を言えば60分以内で済むくらいに改善してくれるとよりディズニーを楽しむことが出来て値上げしても納得できる。

飲食店も混雑していてなかなか入れない時もあるので、子供連れには厳しい面も。

【食事の質について】

エリア内に複数ある飲食店やワゴン販売の料理・・・お世辞にも美味しいと言えないものが多い気がします。

なのに値段は高め。

これ系の話はディズニーに限ったものではありませんが、もう少し価格を抑えるのか質を上げるかして欲しい。

【駐車場料金高すぎ】

2015年に駐車場料金の値上げも行われ、土日は3,000円となりました。

元々の2,000円でも高いと感じるのに更に値上げなんて。

同行者の人数が多ければ多いほど電車賃との差が出て安くなるケースはあるにせよ・・・。

入園料の値上が止まらないのであれば周辺環境はお財布に優しくして欲しい。

ちなみにUSJは繁忙日だと3,000円で通常の土日は2,500円です。

最後に

私は自宅からディズニーリゾートが近いため、かなり身近なテーマパークとなっています。

予定はしていなかったけど、「明日ディズニー行く?」みたいな軽いノリで妻と遊びに行くことも多々有りました。

近すぎるからこそ、値上げされると影響が非常に大きく思えてきますが、年に1回~2回くらいしか行かないなら値上げが続いても問題ないかなという考えにも至ります。

・・・ワンデーパスポートが15,000円までは許容できるかな。

ディズニーには普段の生活では味わえない楽しみや感動があることは確かで、一泊二日の温泉旅行代とさして変わらないくらいなら許せますw

みなさんはいくらまでなら行く気になりますか・・・?

今後のディズニーリゾートのサービス改善、パーク内施設の充実に大きく期待します。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。「好酸球性副鼻腔炎」という難病かもしれない?嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。