ダイソンがドライヤー「Dyson Supersonic」を発表!満足できなければ全額返金キャンペーンも実施。

美容・健康 美容関係
スポンサーリンク

初の美容家電。カズヤ(@kazumiso_s)です。

掃除機で有名な「ダイソン」より初の美容家電となる製品「Super Sonic」というドライヤーを販売すると発表しました!

スポンサーリンク

5月11日から一般販売されるダイソンのドライヤー

発表されたダイソンのドライヤー「Super Sonic」。

見た目は今まで発売されてきたダイソンシリーズを連想させるデザインとなっています。

デザインだけではなくダイソンならではの技術が詰まっている高機能ドライヤーとのことなので、どのような特徴があるのか調べてみました。

過度の熱によるダメージを防いで、髪を乾かすことができる

Super Sonic」にはインテリジェント・ヒートコントロールという機能が備わっていて、これにより過度の熱によるダメージを防いで髪を乾かすことができるそうです。

毎日使うドライヤーだからこそ、熱によるダメージは極力避けたいもの。

髪に安全な温度を保ち、最低限のダメージに抑えてくれるそうです。

他のヘアードライヤーより速く乾かす。

掃除機では吸引力がスゴイと評判のダイソン。

なんとなく連想できましたが、ドライヤーでは風圧の高いパワフルな風が出てくるそうです。

これにより他のヘアードライヤーより速く乾かせると謳っています。

バランスを重視した設計

今までのドライヤーはヘッド部分にモーターが収まっていました。

そのため、持ち上げて乾かす際にヘッドが重く腕が疲れてしまう経験をした方は多いはず。

Super Sonic」はそのモーターをハンドル部分に収める設計になっているのでこのような疲れがなくなり、軽快にドライヤーできるのではないかと思います。

ダイソン スムージングノズル

ドライヤーの先端部に取り付けるノズル。

このノズルを取り付けることで、ブラシいらずでブローとスタイリングができてしまうそうです。

ノズルはマグネット式で脱着も角度を変えるのも簡単そうに見えます。

用途にあったノズルを使用することで思い通りのスタイリングが簡単に行えるのかな。

その他仕様

風速調整機能は3段階、風温調整機能は4段階とそれぞれ組み合わせることで柔軟にブローが行えます。

重さは618g、最大消費電力1200Wと最新のドライヤーと比較すると同じくらいですね。

本体の大きさは245 x 78 x 94mm(高さ×幅×奥行)となっており、他製品と比較すると奥行きがかなり短い。

モーターをヘッドではなくハンドル部に収まっている恩恵ですね。

最後に

公式サイトのページや公開されている動画などを見てみるとスゴそうなドライヤーだな!ってのは伝わってくるのですが、正直他製品とどのような違いがあるのか今ひとつハッキリしません。

そして価格もダイソン級・・・48,600円 (税込)!

高いですね。想像以上に。

ドライヤーに5万弱は出す気にならないなぁw
いつも行く美容院に導入してもらいたいw

毎日使うものだし使った感じがよければ高くても満足できるんですけどね。

掃除機はダイソンを使っていて非常に満足できているのでダイソンがスゴイってのは分かるのですが・・・w

という私のように一度使ってみたいという方向けなのか・・・

2016年4月28日~5月10日の間に予約注文または購入した方で、 2016年5月31日までに返品された方を対象に全額返金するというキャンペーンを行っています。

非常に短い期間ではありますが、本気で購入を検討している方はこの期間中に使ってみて判断した方が良さそうですね!

製品詳細などはダイソンのオンラインストアをチェックしてみてください!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。