カメラレンズの湿気/カビ対策にドライボックスを買ってみた。

ガジェット・モノ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => gadget [name] => ガジェット・モノ ) )
スポンサーリンク

カメラ、レンズの湿気・カビ対策にドライボックスを買ってみた。

サイズ間違えた。カズヤ(@kazumiso_s)です。

先日、OZPAさん(@OZPA)とお会いして、カメラバッグを奢ってもらった時に教えてもらったカメラに関する湿気対策。

「レンズにカビが生えたら大変なので、ドライボックスに入れておいた方がいいよ。」と助言を頂きました!

さっそく買ってみた。

スポンサーリンク

梅雨時期に必ず欲しいカビ対策のドライボックス

ドライボックスと言ってもただのプラスチック製の箱だったw

洋服をしまうような物と同じで、ただ密封性に優れているという点だけ違うイメージ。

食品などを収納してもいいらしいので、食いかけのポテチが湿気ない。

湿気をシャットアウト

ボックスの側面4箇所にパチっと留める留め具がある。

湿気をシャットアウト

フタを取り外してみるとゴムパッキンが付いています。

こいつのおかげでボックス内は密封され、湿気対策に有効となる。

逆を言えば、こいつがヘタったら交換が必要だ・・・。

ゴムパッキン

フタを開けたらただの箱。

パッキンがヘタったら洋服入れや小物収納などに使おう。

ふたを開けたボックス

付属品は説明書、除湿剤、湿度計。

付属品

湿度計はボックス側面に収納が可能。

27L型だけ密封させるため、上から付属されている棒で蓋する。

湿度は40~60の間がカメラにとっていい状態とのことです。

湿度計を入れる場所

湿度計を入れる場所を密封

湿度計確認

湿度計をセットしたところでさっそくカメラとレンズを収納!

・・・

スッカスカ!!!

やってしまったwww

サイズもよく見ず、Amazonの「ベストセラー1位」という肩書に流されポチった代償だ。

ダンボール開けた時から分かってたけどね・・・・。

さすがにアホすぎる。

ポチる瞬間に戻って自分を思いっきりぶん殴ってやりたい。

すっかすか

すっかすか2

ドライボックスの大きさはさておき、防カビ剤と強力除湿剤も同時購入した。

念には念を入れておく。

除湿剤もおまけで付いてくる奴はあまり信用ならないのでスゴそうなやつをピックアップ。

どのみちいつかは取り換えが必要ということもあり先走った。

乾燥剤

防カビ剤

あまりにスッカスカで寂しかったので使ってないPS3のコントローラーも収納してみた。

特に意味はなし!!

すっかすかのドライボックス

最後に

カメラが湿気に弱くカビが生えたら大変だなんて知らなかったので、ドライボックスが必要だと知れてよかった。

OZPAさん(@OZPA)に改めて感謝。

ありがとうございます!!

でも・・・ボックスのサイズを事前にちゃんと調べよう!

間違えると洋服入れになる。

5.5Lで十分だったな・・・。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。