超簡単!CDやDVDディスクを使って時計の自作に挑戦してみた!

日常ネタ 日常ネタの雑記

自作時計

好きな画像を使って時計を自作!ぴあろ(@iPIARO)です。

CDやDVDディスクに自分の好きな画像を印刷したものを使って、自作時計を作ってみました!

ディスクに印刷できるプリンタを持っていれば、あとは時計キットを買うだけで誰でも簡単に作れちゃいます!

スポンサーリンク

時計キットを使ってオリジナル時計を作成!

自分の部屋に時計がないのでネットで色々探したのですが、いまいち気に入るものがなかった。

じゃあ自分で作っちゃえ!』ってことで、いつだか忘れましたが知人から聞いたCD/DVDディスクを使った自作時計の話を思い出してチャレンジしてみました!

ディスクにお気に入り画像を印刷!

お手持ちのプリンタにレーベル印刷機能が付いていれば、オリジナル時計は制作できます!

印刷方法などは機種ごとに異なるのでご説明できませんが、取扱説明書などを読めばすぐにわかると思います。
印刷方法が分かったら、時計の文字盤にしたい画像をディスクに印刷しましょう。

私はセカオワのCDをスキャナで取り込み、印刷しました!
ちょうど時計の文字盤のデザインだったので助かったw

印刷したディスク

購入した時計キット

ディスクが用意できたらあとは時計キットに組み込むだけ!

私が購入した時計キットは『ミドルシャフト+時計針Q-3型(唐草・金)セット』というもの。

時計本体と取付部品、秒針・分針・短針、乾電池が付いていて、時計を制作するためのものがセットになっています。

後述しますが、時計のシャフトがミドルシャフトではなくショートシャフトでも良かったかもしれない・・・。

時計キット

時計キットの部品

時計を組み立てる!

それでは時計を組み立てていきます。

まずは時計本体のシャフト部分に壁掛け用の金具、黒い輪っかのゴムを通します。

組み立て手順1

文字盤となるディスクを乗せる

さらに、用意した文字盤となるディスクを通します。

楽勝だな。

って思ってたら・・・

ディスクを乗せる

ナットよりディスクの穴の方がデカイ!

文字盤を時計本体に固定させるために、付属のナットを締める必要がありますがここで問題発生。

なんと・・・『締めたナットよりディスクの穴の方が大きい!

事件ですね。

時計本体にディスクが固定されないことになるので、スッカスカで動いちゃいます。
付属のものより大きいナット用意すれば問題ないのですが、そんなもの持ってないし。

なんとか固定させようと試行錯誤した結果・・・

ナットがすかすか

ナットがすかすか2

ディスクを2枚重ねる!

苦肉の策ですが、文字盤となるディスクの下にもう一枚不要なディスクを挟んで2枚重ねた状態に。
これでディスク2枚分厚みとなり、時計本体とナットとの隙間がいい感じに埋まる。

完全に固定はされないけど、ずれることもなさそうだったのでこれで良しとしました!

瞬間接着剤で時計本体とディスクをくっつけるという手も考えましたが、家に無かったので・・・w

ディスクを2枚重ねる

針を取り付け

最後に秒針、分針、短針の順番で針を取り付ければ完成です。

この針がメッチャ脆く、簡単に曲がってしまうので力の入れ過ぎには注意。

針を取り付け

自作時計が完成した!

想定外のハプニングに見舞われましたが、なんとか時計は完成しました!

ディスクにレーベル印刷、時計組み立て併せて2時間くらいかかりました。
ナットの件さえなければもっとスムーズに行ったんですが・・・。

しかし出来上がってみればかなりいい感じに動いてくれてます。
近くに置いても時計の音がほとんど聞こえないのでストレスにもならない!

でも作ってみて分かった以下のデメリットもあります。

  • ディスク印刷が綺麗に行えないと何度も試すはめになりインクがなくなるかも
  • ミドルシャフトだとディスクと針の間が空き過ぎる
  • 針が長すぎてディスクから飛び出す
  • 上記により床置すると時計の針が回らないので、棚の淵に置くか壁掛け用になる
  • 時計キット代でニトリなどで普通の時計が買える

ぶっちゃけメリットは『時計に自分の好きな画像が使える
ってことくらいですかねw

小学生が夏休みの宿題で作る自由研究にすら値しないかもしれない。
が、私は結構気に入って使ってますw

お気に入り画像を文字盤として使いたい方はお試しあれ!

自作時計
壁掛け

スポンサーリンク
  • この記事をシェア!
feedlyでフォロー!
follow us in feedly
Twitterをフォロー!
この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします!
アプリアン!のLINE公式アカウント登録
LINE@の公式アカウントもよろしくお願いします!
「LINEアプリ起動→設定画面→友だち追加→QRコード」で読み込んで下さい!