Windowsでどこのディレクトリが容量を多く使っているかを調べる「DiskInfo」が便利すぎる。

パソコン ツール

Windowsでどこのディレクトリが容量を多く使っているかを調べる「DiskInfo」が便利すぎる。

神。ぴあろ(@iPIARO)です。

WindowsのCドライブ容量が一杯になりそうで、不要ファイルを削除することに。

でも・・・どこのディレクトリが容量を多く使っているのかが分からない。

なんて時に便利だったツール「DiskInfo」をご紹介したいと思います。

まじ神。

スポンサーリンク

Windowsでディレクトリ使用量がぱっと見で分かる神ツール「DiskInfo」

まずはツールを窓の社でダウンロード。

Windowsが32bitか64bitでダウンロードするものが分かれるので注意。

どっちかわからない時は「マイコンピュータを右クリックしてプロパティを開き、表示されたウインドウのシステムの種類」をチェックしましょう。

「DiskInfo」をダウンロードしてきたら解凍して中にある「DiskInfo3.exe」を起動する!

1.diskinfo起動

最初に左上にある「解析」という部分をクリック!

するとパソコンに入っているドライブの一覧が表示されます。

ディレクトリの使用量をチェックしたいものを選択しましょう!

2.diskinfo解析

ドライブを選択すると数十秒ほど解析が始まります。

完了するとウインドウ右側の上段にディレクトリ一覧、下段に選択したディレクトリ配下にあるファイル一覧が表示されます!

ここに表示されている緑色のバーを見ると、どこでたくさん容量を使っているかがパッと見で分かる!

すげぇ。

4.diskinfo エクスプローラ

さらに、一覧の並び替えもできます。

サイズという部分をクリックすると、使用量の昇順・降順に並び替えられます。

これを使用量の降順とすることで、上から使用量の多いディレクトリが判明。

ディレクトリ名をダブルクリックすることでそのディレクトリ配下へ進むことができるので、使用量の多いディレクトリを辿って行って、不要なファイルがないかをチェックしてきましょう。

5.diskinfo 並び替え

いらないものをバシバシ削除していって、Cドライブの容量を30GBほど容量を確保することができました!

真っ赤じゃないって素晴らしい。
これでしばらくは大丈夫だな。

6.diskinfo 削除結果

最後に

いつも適当にファイルをコピったりしてちゃんと管理しないからすぐにドライブ容量が逼迫・・・。

DiskInfoのおかげでサクッと容量の大きなファイルを見つけ、削除することができました!

本当に助かった。神ツールすぎる!

ただし、中には消したらまずいシステムファイルなどがたくさんあります。

消していいかどうかの判断がつかない時は、「消さない or なんのファイルか調べる」という選択を取りましょう。

不容易に消すとWindowsが起動しなくなるかも・・・。

ご利用は計画的に。

DiskInfoのダウンロードはこちらから

スポンサーリンク
  • この記事をシェア!
feedlyでフォロー!
follow us in feedly
Twitterをフォロー!
この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします!
アプリアン!のLINE公式アカウント登録
LINE@の公式アカウントもよろしくお願いします!
「LINEアプリ起動→設定画面→友だち追加→QRコード」で読み込んで下さい!