自宅に保管しておきたい防災グッズ・非常食のまとめ。

ガジェット・モノ 日常で使えるモノ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => gadget [name] => ガジェット・モノ ) [1] => Array ( [parent] => 663 [slug] => usually-goods [name] => 日常で使えるモノ ) )
スポンサーリンク

自宅に保管しておきたい防災グッズ・非常食のまとめ。

先日、インストールしておきたい防災関連のiPhoneアプリをまとめました。

その話を妻としていたところ、我が家にはまともな防災グッズがない・・・。という事に気付く。

小さい子供もいるしさすがにそれだとマズイね。ってことで自宅に保管しておきたい防災グッズや非常食を調べてみました。

できれば使う機会がないことを祈るばかりだが、万が一の時に備えて用意しておいたほうがいいですね。

防災関連のiPhoneアプリもまとめているのでよかったらご覧になってみてください。

家に必ず備えておきたい防災グッズのまとめ

防災グッズ収納バッグ

食料、水などの非常食、スマホの充電器、LEDライトの電気類などがまとまっているもの。

最低でも一家に1つは置いておきたいマストアイテム。

色々な非常食

賞味期限設定が5年と長期のようかん。

1本でご飯をお茶碗一杯分のカロリーが摂取でき、万が一の災害時・避難時に最適な備蓄・保存用ようかん。

食品衛生法で対象とされるアレルギー物質は含んでいないため安心して食べられる。

コンパクトで軽いため携帯するときも負担になりにくい。

「ビスコ」の保存食版。

5枚ずつ分包したものが6袋入っているので分けやすい。

賞味期限は製造後から5年3ヵ月と長期。

「リッツ」の保存食版。

賞味期限は製造日から5年と長期。

ミネラルウォーター

ミネラルウォーターはもはや必須。

我が家は家の各部屋に数本ずつおいています。

12種類のお米セット。

お湯または水を注ぐだけで食べられる非常食。

賞味期限は5年保存だが、Amazonレビューには8年保存しても食べられたとの記載あり。

個別に防災グッズを揃えよう

コンパクト簡易毛布。

10cm以下とかなりコンパクトに収納されているため、防災バッグに人数分入れておきたい。

価格が安いのも嬉しい。

薄いながらも保温効果が高く、毛布やブランケットの代わりになるので冬場にあると活躍すること間違いなし。

水が使えない状況でも汚物袋をかぶせるだけで用を足すことができる非常用トレイ。

消臭効果があり、水を使わないので緊急時にあるといいですね。

安定性のある缶入りローソク。

途中で消すときもフタがあるので次回も使いやすく鳴る。

一つで約8時間の使用が可能。

折りたたみ可能なウォータータンク。

断水時などにあると水を貯めておけて便利。

卓上ライト、懐中電灯と二役で使えるライト。

包帯やハサミなどが入った緊急応急セット。

自分たちでケガの応急処置する時に便利。

手動充電可能なライト付きラジオ。

乾電池でもソーラー充電でも使用可能。

ライト付きなので停電時にも活躍できる。

20徳のツールナイフ。

切ったり穴を空けたりできる道具があれば心強い。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。