GoogleChrome(クローム)が勝手に翻訳してしまう場合の対処方法

パソコンのこと
スポンサーリンク
photo credit: Horia Varlan via photopin cc

photo credit: Horia Varlan via photopin cc

気づかぬ内に。カズヤ(@kazumiso_s)です。

パソコンのブラウザ「Google Chrome」が英語などのサイトを勝手に翻訳してしまう場合の対処方法。

いつもすぐ忘れてしまうので自分のための備忘録(・ω・;A)

スポンサーリンク

30秒で終わります。

メニュー

ブラウザの右上にあるメニューを開いて「設定」をクリック。

chrome1

詳細設定

開いた画面の下の方にある「詳細設定を表示」をクリック

詳細設定

チェックを外す

追加された表示項目の中にある「母国語以外のページで翻訳ツールを表示する」のチェックを外す。

チェックを外す

最後に

以上でChromeが自動翻訳しないようにする設定は終了です。

このチェックが外れていれば英語のページを開いても自動翻訳されなくなります。

気づいたら勝手に翻訳される状態になってしまっていることがしばしば。
まぁ自分で翻訳されるようにボタンを押してしまっているのですが・・・。

同様の事象でお困りの方の為になれば幸いです。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。「好酸球性副鼻腔炎」という難病かもしれない?嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。