変わったところは何?iPhone6s/Plusの変更点をまとめてみた。

Apple関連 iPhone関連 まとめ
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => iphone [name] => iPhone関連 ) [2] => Array ( [parent] => 686 [slug] => summary [name] => まとめ ) )
スポンサーリンク

iphone6s

ついに発表された。カズヤ(@kazumiso_s)です。

9月9日に行われたAppleのイベントで新型iPhone『iPhone6s』などが発表されました!

盛り沢山な内容でしたが、まずは直近で発売されるiPhone6sについて変更点などをまとめてみました!

スポンサーリンク

iPhone6s/Plusで変わったところ

3D Touch

まずはiPhone6sで目玉となる新機能『3D Touch(タッチ)』と呼ばれる操作技術。

AppleWatchやMacBookに既に搭載されている「Force Touch(フォースタッチ)」と同じで、ディスプレイを指で押した時の圧力を感知する技術。

ホームアイコンなどを強く押すことでメニューのようなウインドウが表示されて様々な機能へ素早くアクセスできたり、メールを開く前に内容を確認できたりする。

3D Touch

photo credit: Apple

新色「ローズゴールド」が追加

本体カラーも1色追加となり、鮮やかなピンク色が印象的な『ローズゴールド』が追加となりました。

AppleWatchにも採用されていたカラーでもあり、女性に人気が出そう!

ただし、ゴールドと名前がついていますが実際は使わされている素材はアルミとなります。

ローズゴールド

強化されたボディとディスプレイガラス

iPhone6 Plusが発売されてすぐに、ボディが折れ曲がってしまうなんていうニュースが出てきたりしました。

これを対応したものかは明白ではありませんが、今までよりも丈夫なアルミ合金製の素材がボディに使用されております。

航空宇宙産業で使われているものと同じグレードのアルミニウムが採用されていて、独自の成分配合で作られたこのアルミニウムは、これまでiPhoneに使ってきたものの中で最も強いアロイとのことです!

また、ディスプレイに使用されているガラス素材も変更となりました。

特殊な二重イオン交換プロセスを使って作られたガラスはスマートフォン業界の中で最も丈夫なガラスとなっております。

これらの強化の影響によるものなのか定かではありませんが、iPhone6に比べて厚みなどサイズが0.1mm〜0.2mmほど増えています。

そのため、今まで使用していたiPhone6用ケースが使えなくなるケースも想定されるので注意が必要です。

演算・グラフィック処理性能がアップ

処理速度に影響するCPUは、新しいチップ「A9」が採用。

これによりiPhone6と比べて処理速度が70%アップしたとのことです。

また、グラフィック性能も向上しており、こちらはiPhone6と比較して90%アップと大幅な性能アップとなっております。

A9チップ

photo credit: Apple

カメラの性能アップ・新機能追加

背面カメラの画素数も向上しており、800万画素から1200万画素へとアップ。

画素数が上がったのはiPhone4S以来。

これにより暗い場所での撮影能力や画質の鮮明さなどが向上とのこと。

静止画撮影前後の瞬間も保存することができる『Live Photos(ライブフォト)』という新機能も実装されました。

動画撮影については4Kでの撮影及び編集が可能となりました。

発売が噂されている4KのiMacや既に発売されている5KのiMacなどで高鮮明な動画を楽しむことができそうです。

また、ディスプレイ側にある前面カメラの画素数も向上しており、120万画素から500万画素へアップしています。

フラッシュのついていない前面カメラですが、iPhoneのディスプレイを発光させて明るさをカバーできるようになっているとのことです。

Live PhotosのサンプルがApple公式サイトにて公開されているので気になった方はチェックしてみてください!

指紋認証機能の向上

iPhone5sから採用されている指紋認証機能「Touch ID」のセンサーも向上し、従来よりも処理速度が速くなりました。

今までTouch IDを使っていて遅いと感じたことありませんでしたが、体感で分かるほど速くなっていれば嬉しいですね!

Touch ID

photo credit: Apple

LTEとWi-Fiの速度が向上

iPhone 6sでは『LTE-Advanced(キャリアアグリゲーション)』というものに対応。

これにより従来の2倍早いインターネット通信が可能となりました!

既に日本の3大キャリア「docomo、KDDI、SoftBank」3社共にサービスを開始しているので、意識せずLTEでの通信速度が上がるはずです。

最後に

以上、iPhone6s/6s Plusでの変更点となります。

sシリーズとなるため例年通り外観に大きな変化はなく基本スペックの向上や機能追加がメインとなりました。

とはいえ、今までのsシリーズに比べると性能の上げ幅が非常に大きいため、iPhone6から変更しても違いがハッキリと分かるかもしれません。

一つ気になるところがあるとすれば、メモリの搭載容量。

iPhone6では1GBが採用されておりましたが、これが据え置きとなると動作のもっさり感が出てきそう。
いくら処理速度が70%UPしていたとしても重く感じてしまうことがあるかもしれません。

最低でもiPad Air2と同じ2GBになっていることを願います・・・。

予約開始は9月12日(土)16時1分から各キャリアのオンラインサイトにて行えます。

発売日は9月25日(金)です!

私は新色のローズゴールドを購入予定なので発売日が待ち遠しいです!

誰でも簡単! ソフトバンクオンラインショップで機種変更する手順をご紹介!

iPhone6s/6s Plusの予約はキャリアオンラインサイトが便利です!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。