スマホカメラは卒業!初心者の僕が子供のためにミラーレス一眼を買った理由。

僕の趣味 カメラ関連
スポンサーリンク

買って損なし後悔なし!カズヤ(@kazumiso_s)です。

僕はミラーレス一眼を手にするまで、写真はスマホで十分だと思っていました。

いつも持ち歩いているし、ガラケー時代に比べるととてつもなく綺麗に取れて楽に加工出来たりシェアできたりするし!

恐らく子供を授かっていなければミラーレス一眼なんて買わなかったはず。

値段高いし荷物になるしデータ保存面倒だし・・・なにより扱うの難しそうだし。

しかしそんな風に思っていた僕は長女が2歳の時に6万円ほどのレンズセットのミラーレス一眼を購入し、その後に本体だけで16万円ほどする高価なミラーレス一眼に買い替えするほどハマってしまいました!

こちらの記事ではカメラに興味がなかった僕が

なぜミラーレス一眼を買おうと思い、高価なカメラを買うまで魅了されてしまったのか。

というお話をさせて頂きます。

スポンサーリンク

スマホの容量オーバーから始まり一眼レフで撮った写真の綺麗さに圧倒された。

今まで、妻と二人で旅行に行ったりしてもそこまで写真を撮ったりはしませんでした。

風景の写真や珍しいご当地料理、記念撮影・・・一度の旅行で多くても30枚ほどでしょうか。

お互いiPhoneを使っていて僕は64GB、妻は32GBもあれば十分余裕があって容量を持て余していたくらいです。

一緒にいる時間が長くなればなるほど、毎日のようにパシャパシャと写真撮ったりしなくなってきますよね。

でも・・・そんな僕達のiPhoneがたった6ヶ月間でiPhoneの容量が一杯になってしまったんです!

そう、長女が僕達の間に舞い降りた日から写真を撮りまくる日々!!

気付いたら二人ともあっという間に容量オーバーです(;´∀`)

僕達と同じような経験をしているご夫婦は多く、友人の奥さんは32GBから128GBと容量が4倍多いiPhoneに買い替えたくらいです。

iPhone1台10万円を2人分・・・高いな。

僕達夫婦もiPhoneの容量がなくなり、不要な写真やアプリなどを消したりしてやりくりしていましたが、子供の写真を撮りたい思いの方が強く容量確保が追いつかない・・・!

そんな日々を過ごす中、新しいiPhoneが出た時には当然かのように容量の多いものに機種変更してしまいました。

1台13万円が2台・・・子供の写真を撮るために26万円ですよ!

月額料金が割引され、24回の割賦払いでの購入とは言え、スマホって高いですよねぇ・・・。

当時はまだGoogleやAmazonなどが容量無制限の写真保存サービスを提供していなかった(もしくは知らなかった)し、いちいちパソコンに保存するのも面倒でした。

iPhoneで写真をパソコンに残しても見たい時にiPhoneで見れなきゃ意味ないし(-ω-;)

そう考えるようになった時、写真を撮るためにiPhoneを買い換えるくらいなら「一眼レフのカメラを買ってみたらどうだろう?」っと興味を持ち始め色々調べだしたのが始まりです!

一眼レフなどで撮った写真の綺麗さに圧倒された!

携帯やスマホ以外のカメラと言えば、中学生の時に「写ルンです。」を使った以来、手にしていないほどカメラとは無縁の人生を送ってきた僕。

しかしカメラに興味を持ち始めて調べている内に見つけた写真共有サイト「PHOTOHITO」に投稿されている写真を見た時は震えました!

そりゃーもう綺麗なこと。

なにこれ?同じ人が撮ったもの?

と目を疑うような美しい写真の数々が投稿されているんですよ!

特に風景写真なんかは思わず鳥肌が立ってしまうような素晴らしい作品が多数上がっています。 ポチポチ写真を開いていくうちに、

こんなに綺麗な写真を残せるカメラで長女を撮ってあげたいな。

という思いがどんどん強くなってきて一人でテンション上がっていきました。

カメラを買った後には色々面倒なこともあることを知る。

買うモデルが決まったら後はポチッと購入ボタン押すだけ!

っていう所まで感情は先走っていましたが、カメラを買った後の事を調べてると色々と面倒そうなこともあることを知りました。

使用後のお手入れは必須!しっかり掃除が必要。

まずはカメラを使った後にはお手入れをしっかりと行わないとダメなこと。

カメラ本体は手の皮脂が付いてしまう、レンズには砂埃やホコリが付着してしまう。

この状態で放置するとカビの原因になったり写真にホコリが映り込んでしまったりするそうです。

そこまでデリケートになる必要はありませんが、こまめに掃除が必要だということは覚えておきましょう。

今となってはカメラに愛着が湧いているのでまったく苦ではありません。

子供のオムツを変えてあげるようなものです。

梅雨の時期は湿度に注意する必要がある!

前述した通りカメラ内にカビが生えてしまう恐れがあります。

そのため、梅雨などは湿気対策が必要となります。

適度な湿度を保つ為の防湿庫というものが使用したりして管理が必要になります。

防湿庫は本格的なので・・・僕は乾燥剤を入れたプラスチックの箱に入れて保管してあります!

お手入れにせよ長く使うためにちょっとした気遣いが必要です。

レンズの種類によって撮影できる幅が変わってくること

一眼レフ、ミラーレス一眼の特徴の一つにレンズ交換ができるという部分があります!

このレンズには色々な種類があって・・・広い視界で撮れるものだったりものスゴく近づけてアップで撮れるものだったり。

スマホカメラは被写体に結構近づけてもピントがしっかりとあって撮影ができますが、デジカメはレンズによっては近づき過ぎるとピントが合わず綺麗に撮影できません。

最初は非常に驚きましたが・・・スマホと同じ感覚で撮影はできないということを学びました。

子供以外に広大な景色、ライトアップされた夜景、遠くにいる野鳥・・・など撮りたい幅が広がるとそれ相応のレンズが必要になってくることは覚えておきましょう。

スマホ以上に持たないバッテリーに悩まされた!

スマホと同じようにデジカメもバッテリーで動いています。

そのためパシャパシャ撮りまくっているとあっという間にバッテリー切れという目にあいました。

枚数にして400枚ほど・・・多そうに思うかもしれませんが連写モードで撮ったりしているとあっという間です。

スマホより大きい本体なのでバッテリー切れなんて起きないと高をくくっていましたが甘かったです。

予備バッテリーを購入して持ち歩く、モバイルバッテリーなどで充電できるモデルを買うなど対策が必要になります。

400枚と言うのは僕が使っていたモデルなのでもっと多く撮れるものも販売されているので事前に口コミなどで調べておくといいですね。

誰もが残したい子供の可愛い姿!これからもスマホで撮り続ける?

さて長くなりましたが本題に移ります。

色々と面倒な部分があることを知りつつも、僕の頭の中は長女の綺麗な写真を撮るためにカメラを構えている姿しか思い浮かんでいません。

色んな所へ出かけて最高の笑顔を見える形で残したい。

・・・しかし!

購入にあたり最後にネックなのがカメラの値段です・・・。

以前、一緒に仕事していたカメラ好きの先輩達がいたのですが、二人でよく「カメラは金かかる趣味だよなー。」的なことをよくボヤいてました。

金がかかるって・・・「15万とか20万とかするのかなー」なんて事を思いつつ、カメラに興味のなかった僕は特に話を深掘りすことなくスルー。

今なら分かる・・・先輩、話を聞いてあげなくてすいませんでした(笑)

でもカメラに興味がない人からしたら僕と同じように高いんじゃないかなっていうイメージ持ったりしていますよね。

思った以上に安かったミラーレス一眼。5万円台で購入可能!

で、いざカメラを買うってなっても色々種類もあるしどんな物がいいのか分からない!

なので、当時カメラ話をスルーしてしまった先輩Aに久しぶりに連絡取って初心者向けカメラはどれがいいか相談してみました。

 

僕:お久しぶりっす!子供を撮る為にカメラ欲しいんですがどれがいいか教えてください!

 

先輩A:おー!ようやくカメラの良さが分かるくらいまで成長したかー(笑) ちょっと待ってろ!

 

僕:いえすぼす。

 

先輩A:カカクコムで1位(当時)で安いし軽いし小さいしズームレンズ付いてるからこれでいいんじゃね?( ・`д・´)

 

僕:え!思ったより安い!こんなもんで買えるんですねー!

 

先輩A:初めて持つカメラならこれで十分だろ。慣れてきたらもっといいの買えばー!

 

僕:あざます!あ、でもこれミラーレス一眼ですね。一眼レフと何が違うんですか?

 

先輩A:自分で調べな(笑)

 

僕:・・・はい(;´∀`)

って教えてもらったのがLUMIXのミラーレス一眼「GF7 ダブルズームレンズキット

僕が購入した当時で5万8千円くらい。

カメラ買うのに10万は軽く超えると思っていたのでかなり驚きでした! 6万円弱ってなるとそりゃぁ安い買い物ではありませんが・・・独身時代の貯金を使って買ってしまいました! 未だにミラーレス一眼と一眼レフの性能的にどう違うのかよく分からないけど。

子供メインで撮るならCanonのKissもいいかもねー。」とも教えてもらいました。

確かにCanonは人物の被写体を得意とするメーカーと書いてあるサイト様もありました。

ボケ味のある写真を撮れるのが最高の醍醐味!

そんなこんなでカメラを手にした僕はとりあえず撮って撮って撮りまくりました!

難しそうだと思っていた設定や操作は初心者でも簡単に扱えるように出来ています。

そして・・・やっぱり写真が綺麗なんです。

なんといっても背景をボカして被写体を強調できる写真がとにかくスゴくて。

以前の僕と同じくカメラには興味のない妻も綺麗だと感動するほどです!

スマホでこのボケ味を出すのは難しいですよねぇ・・・これぞデジカメの醍醐味!

来週はどこにいく?外出することが楽しくなる!

元々出不精だった僕ですが・・・カメラを手にしてからは外出するのが楽しくなりました。

自ら次の週末に出掛ける場所を調べて妻に提案したり。

旅行などはしょっちゅう行くのは難しいけど近場で子供と遊べる場所は調べてみると結構あります!

長女は外で遊ぶのが好きだし、色々な所へ連れて行ってあげたら感性豊かにもなりそうだし。

出掛けることで家族の思い出をたくさん作れるようになったのでカメラには本当に感謝!

同時に遠出できるようにマイカーも欲しくなりました・・・(=o=;)

目に見えて物として残せる思い出を作る。

スマホカメラを主に使っていた時は写真を撮りはしますが、印刷まではしませんでした。

Facebookなどやっていたらその場で撮ってシェアしたりするかもしれませんが、出掛ける度に撮った
写真の中からいいものをピックアップしようという気にはならなかったですね。

なぜか・・・?

今思うとスマホカメラで撮った写真に対して思い入れが強くないからだと気付きました。

スマホで撮った写真って、保存可能な容量に余裕があるならずっと残せておけるし不要であれば簡単に消せる。

気軽に撮れる分、写真を撮ることに特別な感情や意気込みがないので当たり前のようにシャッターを切るんですよね。

でもそういう感覚で撮った写真って僕の中では特別感が生まれなくて・・・。

だからこそあえて印刷しようと思えなかったんです。

でもミラーレス一眼などのデジカメで撮った写真は違いました!

撮影する際の前提として「子供の最高の笑顔を撮る!家族の思い出を綺麗な写真に残す!」などと、「いい写真を撮ろう」という思いがあります。

そんな思いで撮った写真には感情を抱きます。

スゴイぶれてしまったり、斜めになってしまったら・・・

しまった~・・・最高のチャンスだったのに。次はこうして撮ってみよう

と、悔やんだり失敗を次に活かそうとしたり。

思い通りに撮れたり、期待以上の出来栄えだったら・・・

よっしゃー!これは最高だ!家に飾らなきゃ!

と、喜びや興奮を覚えたり!

そんな思いがこもった写真は全てチェックする気になるし、その中から納得できる作品をピックアップして印刷してアルバムに残そうって思えるようになります!

見える形で物として思い出を残し、子供が大きくなったら一緒に見返して「この時、こんな所へ遊びに行ったんだよ」って教えてあげたいです。

大人になったら3歳、4歳くらいの頃の記憶は薄れていますからね・・・。

子供のためがいつしか自分の趣味になる。

子供の写真を撮ることはもちろん、旅行先の風景写真なども積極的に撮るようになりました。

春は桜、夏は海、秋は紅葉、冬はイルミネーション・・・季節ごとに撮りたいものが出てきてカメラと共に行動する機会が増える。

そうしている内に不満というか、向上心というか、興味というか・・・

もっといいカメラ使ったらどんな写真が撮れるんだろー!!

という、思いが日に日に強くなっていきました。

使いこなせてはいないけど高みを知りたくなる悪い癖

最初のカメラを購入してから約1年ほど経った頃、まだまだ使いこなせていませんし、腕もそんなに上がっていない。

でも飽きっぽい自分がここまでハマってきたものってそんなにあっただろうかって自問自答の日々。 英会話やスポーツジム・・・どれも3ヶ月持たずして辞めてきたのに。

それでもカメラだけは続けてこれた!

だからもっといいやつ買っちゃおう。 という形から入る悪い癖が出てしまい、「SONY α7 Ⅱ」というモデルを買ってしまいました。

レンズは別売りの物がほしかったので、こちらも別途購入。

高いカメラなりに満足できる写真は撮れている!

このSONYのカメラ・・・高いです。

レンズも高いので僕の貯金がほとんどなくなりました。

でも後悔はしていません。

それだけ素敵な写真が撮れていることは実感できているんです(´∀` *)

下の画像は友人家族とヘリコプターを観に公園に遊びに行った時の写真。

迫力満点!日野中央公園で行われたヘリコプター訓練で離陸する瞬間を見てきた!
迫力満点!日野中央公園で行われたヘリコプター訓練で離陸する瞬間を見てきた!
初めて見た!カズヤ(@kazumiso_s)です。先日、友人家族らから「広い公園にヘリコプターが来て離陸する瞬間が見れるらしいから行こう!」というお誘いを頂きました。話を聞いた時はなんで公園にヘリコプターが来るのか分かりませんでしたが、調べてみるとこの公園では「スマイリングフェア&ヘリコプター訓練」というものを実施。大規模災害を想定した消防隊、救急隊、航空消防隊の連
こちらの記事を読む

追いかけっこして遊ぶ子供たちが強調され、芝生の青々とした鮮やかな緑が印象的です。

こちらは三脚を使って夜景撮影に初挑戦した時に撮ったもの。

暗い夜でも綺麗に撮影することに成功!

想像以上に綺麗に撮れていて、家に帰ってパソコンでチェックした時は震えました。

こちらは先日の夏季休暇時に山梨県にある「精進ヶ滝」へ訪れた際に撮った滝の写真です。

山梨県のオススメ撮影スポット!自然に囲まれた「精進ヶ滝」へ写真を撮りに行ってきた!
山梨県のオススメ撮影スポット!自然に囲まれた「精進ヶ滝」へ写真を撮りに行ってきた!
大変だったけど感動した!カズヤ(@kazumiso_s)です。夏季休暇に同僚と山梨県「精進ヶ滝」へ写真撮影しに行ってきた!落差121mという東日本最大のドデカイ滝に圧巻でしたー!精進ヶ滝へ向かう途中の遊歩道などの写真を添えてご紹介したいと思います! 車で3時間!まずはサービスエリアで腹ごしらえ同僚と集合してからその場のノリで決めた「精
こちらの記事を読む

シャッタースピードを遅くした「スローシャッター」というものに初挑戦し、滝の流れを滑らかに写し出すことができました!

まとめ

僕にとって子供たちの成長を記録するにはカメラは必要不可欠となりました。

もっと早く、特に子供が生まれる前にカメラに興味を持っていれば・・・と後悔するほどです。

大人と違い子供の成長は早く変化はあっという間で、頻繁に親と一緒に行動してくれるのは小学生くらいまでですよね。

そう考えると家で一緒に遊んだり、外へ出掛けられたりする時期というのは貴重でかけがえのない時間です。

可愛い子供の「今しかみれない姿」を綺麗な写真で残してみませんか?

それじゃ、また。

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。