量子技術のbattenaice(バテナイス)って!?日本マイクロニクス社が開発している二次電池が凄そう!

日々の出来事 メディア
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => daily [name] => 日々の出来事 ) [1] => Array ( [parent] => 1064 [slug] => media [name] => メディア ) )
スポンサーリンク

battery

生活が激変する!? カズヤ(@kazumiso_s)です。

日本マイクロニクスという企業が開発している製品「battenaice(バテナイス)」という電池が凄そう。
まだ開発段階みたいですが、製品化されれば私達の生活に大きな変化をもたらしてくれるかもしれません!

スポンサーリンク

量子技術の二次電池

日本マイクロニクス社はグエラテクノロジー社と共同で「新原理による二次電池の量産化技術の開発」に成功。
この「バテナイス」は量子技術の二次電池となり、多層薄膜構造により小型軽量化が可能で、電力密度、出力密度を飛躍的に高められる。
via:マイナビニュース

しょっぱい脳みそを持つ私には難しい言葉で頭が爆発しそうですが・・・
要は小型で軽くて電力ハンパねー!っていう電池ですかねw

会社HPを見てみた!

電池が小型化されるってことはiPhoneやMacBookなどのノートPCが更に薄く軽くなるかもしれない!
ってことで気になったので会社HPに公開されている、バテナイスに関するお知らせを見てみました。
日本マイクロニクス社HP

バテナイスの特長

高い安全性

バテナイスの材料は不燃性らし、過充電や短絡でも燃焼や熱暴走が発生しないそうです。
充放電に関してもほとんど発熱しないそう!

ノートPCに使われるようになれば、膝の上に置いても熱くならないかもw

長寿命

1万回以上の充放電を繰り返しても劣化せず長期間の使用が可能だそうです。

iPhoneを1日1回充電するとしたら・・・27年間はバッテリーの持ちが悪くならない!
・・・さすがに27年間は言い過ぎかもしれませんが、機種変更までの2年間はバッテリーは劣化しなそうw

環境性

原材料に危険・有害物質を使用しない、希少資源使わないため安定した製品供給が可能みたいです。

ってことは・・・レアメタルだなんだって騒がなくて済む!?
日本発の製品ともなれば資源に関することで他国との干渉も無くなり、家電類が安くなるかも!

シート構造

シートを積層することで高電圧化が容易になり、デバイス形状に合わせた応用が可能みたいです。

これには驚いた・・・電池っていうもんだから単3電池みたいなのを想像していましたが全然違いました。
本当にこんなペラペラで高密度な電力を貯めておけるのか!?って感じですw
画像の引用は控えます・・・気になった方はHPをチェックしてみてください。

最後に

2013年11月時点で、「量産化技術の早期確率を目指すとともに製品化の検討を進める」と記載があったので世に出回るとしたら数年後かな・・・。

それでも製品化が実現すれば、今のスマホやノートPCなどは半分以上の軽さ・薄さになり、1週間以上充電しなくても問題なしになり、予備バッテリーを持ち運ぶ手間もなくなるかも!

「充電」が関係するものなら・・・車もこの電池で動かせちゃうかも!?
でも普及していくにつれ「乾電池」が無くなっていくかな・・・w

と、私の乏しい脳みそではこれくらいしか思いつきませんが・・・
きっと日本を超えて世界へ誇れる日本の新技術が誕生することでしょう!

改めて日本の技術は素晴らしいものだと感じました。
バテナイスの今後の動向に期待!!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。