iPhoneでAppStoreのアプリ検索を高速化して電池の持ちをよくする方法!

Apple関連 iPhoneの小技 iPhone関連
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 686 [slug] => tweak [name] => iPhoneの小技 ) [2] => Array ( [parent] => 238 [slug] => iphone [name] => iPhone関連 ) )
スポンサーリンク

iPhoneからアプリをダウンロードする際に使用する「App Store」

AppStore高速化

アプリを検索した際に結果が表示されるまで遅かったりしませんか?

そんなAppStoreの検索結果表示の高速化を図る小技をご紹介します!

さっそく試してみましょう!

スポンサーリンク

 設定アプリからプライバシー選択

まずは設定アプリを起動します!

その中にある「プライバシー」を選択します。

AppStore高速化

 位置情報サービス選択

次に「位置情報サービス」を選択!

AppStore高速化

システムサービス選択

表示された画面の一番下にある「システムサービス」を選択します!

AppStore高速化

 Genius for Appsをオフ

表示された一覧の中にある「Genius for Apps」に注目です。

デフォルトでは「オン」になっている設定を「オフ」にすることでAppStoreの検索が高速になります!

AppStore高速化

 AppStoreで確認しよう!

バッググラウンドでAppStoreが起動していたら一度終了しましょう。

再起動後にアプリを検索してみると、体感できるほど結果表示が早くなっています!

AppStore高速化

設定をオフにした「Genius for Apps」項目は、AppStoreで「Genius」ボタンをタップした場合に表示されるアプリの解析に使われるものです。

今まで「Genius」を使用していなかった方は、設定をオフにしたままにすることをお薦めします!

位置情報サービスを読み取らないようにしたので電池の持ちも多少良くなると思います。

一度設定状況を確認してみて下さい。

以上「AppStore」のアプリ検索高速化のご紹介でした!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。