Apple 2014年スペシャルイベント 製品発表会の内容まとめ!

Apple関連 製品発表
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => showcase [name] => 製品発表 ) )
スポンサーリンク

Apple製品発表会

2014年9月9日(現地時間)に行われたAppleのスペシャルイベントで発表された内容のまとめページです。

スポンサーリンク

iPhone6・6Plus

ディスプレイ

2サイズのディスプレイが用意。

大きいサイズは「iPhone6 Plus」という名前に。

id4g7r4kqwpplakb9pz4

ディスプレイサイズは4.7と5.5インチ。

iPhone 6は4.7インチの1334×750ピクセル(326ppi)
iPhone 6 Plusは5.5インチのフルHD 1920×1080ピクセル(401ppi)の「RetinaディスプレイHD」を搭載。

iPhone6は6.9ミリ、iPhone6 Plusは7.1ミリとこれまで以上に薄い。

cya89gdwwsmn6us0fqjd
ubwrk5ugpuzgfibzwvxz

親指で操作できるように新しいジェスチャーがある。

fmi8jwpnvp5xby9ahoal

CPU・バッテリー

CPUはA8チップを採用。
A7よりも13%小さく、25%高速、50%の高速グラフィックに対応。

ゲームをプレイするデモ中を公開。

fwhkzxhzciq5zpbnlyoz

従来と比較し、バッテリーの持ちがよくなっている。
音楽再生はiPhone5sと比較して2倍の80時間。

k9zcmwrfwnihajzozxrr

iPhone6、plusは階段などを登ったりした時の高度もわかるようになり、気圧計が含まれる。

VoLTEにも対応する。

カメラ

800万画素のiSightカメラ。新しい技術「FocusPixels」を採用。

マクロ撮影がより高度になり、ピンぼけしにくくなった。
iPhone6 plusには光学式手ぶれ補正が付いた。

カメラレンズが可動する。

ビデオでは、240fpsでの撮影、フルHDのスロービデオが撮影可能。

lsy1j0vzxrexlmmxwn64

発売情報

新しいシリコンケースとレザーケースを発売する。
本体カラーはiPhone5sと同様に3種類。

128GBモデルも登場。
予約は12日からで発売は19日。

17日にiOS8が正式配布。

i1o88fdsr4cglxmcogzz
f3qdiei73ty80iofq9ho

ApplePay

iPhoneでモバイル決済が可能に。

新しい決済システム「Apple Pay」を実装。
Touch IDを押すと支払い可能に。

カメラでクレジットカードを撮影して、PassBookに登録することができる。
セキュリティ面を考慮し、PassBook内ではクレジットカード番号は表示されない。

アメリカはAmex、Mastercard、Visaのカード会社に対応。

飲食店店や地下鉄など83%の箇所で使用可能になり、AppleStoreやディズニーランドでも使える。

アメリカは10月から対応していく。

rvs8axza9kmvts6evhal
w0goewddlxo7uatrtmhe

Apple Watch

Appleのウェアラブルデバイス「Apple Watch」が登場。

fxrxmhnl9dnmx2gwkowl

m04n4jwv9opgjxwcxnj1

dotrxnjipze37t7bc0af
jbu55plwuszbtrl0hvdz

nhfbeuv0ksbalqawliub

at8nra9nitepml1pyk4u

側面のダイヤルでピンチイン・アウトができ、スクロールも行える。

写真、メール、メッセージ、アラーム、カレンダー、天気、地図など使用可能。

サファイアディスプレイを採用。
S1チップというものを採用。

iaw3nu9tpkywanuednqk

充電は背面にマグネットをつけて充電する無接点充電。

vmbj89plfzqpucwchw18

バンドの付け替えが可能。

ディスプレイは大小の2サイズ登場し、用途に合わせた3種類の「Apple Watch」が登場。

最上位機種には18金が使われる。

gjuyyvuqdsyrrrpsj3sd

ディスプレイを指で操作できる。

jnh0sjb4s1yh9fo0qf5n

dwbwobkbfhwddzw9lfvv

接続したiPhoneなどの音楽を再生できたりする。

AppleWatch上で簡単なメッセージを送信できる。

eggx7yc6cmnc8kizsyvh

qrfxzh9s3mafzpk8a3h5

Siriも使用可能。

写真アプリも使える。

uatq3vrllfoset7h0qq3

地図アプリは音声で検索してくれる。

ナビゲーションも可能。
qfdxq386evqedo04kfpj

TwitterやFBなどの外部アプリも使用可能。
電車の降りるタイミングを通知してくれたり、車を停めた場所などもわかるようになる。

jwehjmklftuzu0bxbxc0

フィットネスアプリとして全てアクティビティを監視する。

GPSはiPhoneから取得し、ワークアウト内容や消費カロリーの参照、目標などを設定できる。

rosib1hqxa5wnvke4872

対応機種はiPhone5、5s、5c、6、6Plus。

価格は349ドルからとなり、2015年の頭に発売予定。

AppleWatchでも決済(ApplePay)が使用可能。

fbd69bnkpgwkn92gjoj3

最後に

iPhone6はリーク画像通りの形、ディスプレイサイズでした。
防水機能もあるなど言われていましたが、残念ながら非搭載。

発売は9月19日となり、5sの時とは違い予約を行うかもしれません。

また、待望のAppleウェアラブルデバイス「Apple Watch」が登場することにより更なる盛り上がりを見せそうです!

当ページの記載内容には抜け漏れが多々あるかもしれませんので、ご了承下さい。

なお、既に日本のApple公式サイトにiPhone6やApple Watchの情報が公開されているので是非チェックしてみてください!

https://www.apple.com/jp/

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。