遂に来た!Apple Watchが届いたのでさっそく開封の儀!

Apple関連 Apple Watch関連 関連情報
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => applewatch [name] => Apple Watch関連 ) [2] => Array ( [parent] => 1300 [slug] => related-info [name] => 関連情報 ) )
スポンサーリンク

Apple Watch

待ってました!カズヤ(@kazumiso_s)です。

本日4月24日(金)発売となったApple Watchが手元に届いたのでさっそく開封の儀を行うと共に、iPhoneとペアリングするまでの様子を写真にてご紹介!

スポンサーリンク

Apple Watchが来た!

朝一で家のインターホンが鳴ると画面にはクロネコ様が!

さっそく受け取ってみると・・・横長の箱。

Apple Watchは正方形よりの箱かと思っていました・・・。

外箱

パッケージには・・・

さっそく外箱をペリペリってめくると、真っ白な化粧箱が出てきました!

中央には「Apple Watch」の文字が刻まれています。

外箱オープン
Apple Watchの刻印

真っ白な化粧箱

Appleらしい真っ白な化粧箱。

横側にはどのタイプのApple Watchなのかが記載されています。

底部分には注意事項などが。

化粧箱

化粧箱横

化粧箱底

フタを開けると・・・

化粧箱のフタをあけると今度はプラスチックのケースが登場!

保護されているフィルムをペリペリっと剥がす。

ケース中央部にはリンゴマークが刻印されています!

フタオープン

保護フィルム

リンゴマーク

Apple Watchキター!

ケースのフタを開けるとApple Watchが!!!

AppleStoreなどで試着はしていなかったので、Apple Watchを目の前で見るのは初。

すげぇ。本当に時計だ!w

フタの裏にはApple Watch Sportの文字がありました。

Apple Watch全体

Apple Watch裏

Apple Watch表

蓋の裏

説明書など

Apple Watchの下には説明書などが入っていました。

サイズの小さいバンドも付属されていたので、元々付いていたバンドでは大きすぎ!って方は付け替えられます。

リンゴマークのシールは・・・ありませんでした。

説明書など

説明書など2

替えのバンド

充電ケーブルとアダプタ

説明書などの下にはApple Watchの充電ケーブルとアダプタが。

アダプタはiPhoneと同じタイプ。

充電ケーブルはマグネット式の丸い形になっているApple Watch専用ケーブルです!

少しだけ凹んでいる側がApple Watchへ取り付ける側。

マグネットなので近づけるとピタッとくっつきます!

付属品

アダプタ

マグネット充電ケーブル

表

接着面

Apple Watchをイジってみる!

それではApple Watchを見ていきます!

購入したのはサイズの大きい42mmタイプ。

ですが、大きいという印象はなく、ちょいどよいサイズだと感じました。

腕の太い方には小さく感じてしまうかもしれません。

右側面にはボタン類があり、左側面にはマイクやスピーカー。

裏側は充電ケーブルを接着させる部分があります。

価格が一番安いApple Watch Sportなので、安物感があるのでは・・・と心配でしたが、本体はそんなことありません。

バンドはシリコンなのでチープですが。

まぁ安いっても5万円しますからね・・・それなりでないと困りますw

ディスプレイ

裏側

マイク

デジタルクラウン

Apple Watch 起動!

電源ボタンを押してApple Watchを起動。

うっすらリンゴマークが画面に映し出されました。

・・・

パット起動するもんだと思ったけどなかなか起動しないw

iPhoneと同じくらい起動には時間がかかる。

初期設定では言語選択があり、そのままiPhoneとのペアリングを促す画面が表示。

ペアリングを待機していると画面には元気玉みたいな青いものが表示されました!

カッコイイ・・・( ゚д゚)

起動画面

言語設定

ペアリング開始

ペアリング待機

iPhoneでペアリング!

ペアリングするにはiPhoneのiOS8.2で追加となったApple Watchペアリング用アプリを起動します。

カメラが起動するのでApple Watchをファインダーに合わせてペアリング。

iPhone側の画面で、「装着する側の腕、利用規約の同意、位置情報サービスの利用、アプリインストール」など簡単な設定を行います。

作業は数分で完了し、最後は同期が完了すればApple Watchが使用可能になります!

iPhoneでペアリング

装着する腕

アプリインストール

Apple Watch 始動

最後に

まさか発売日当日にApple Watchを手にすることができるとは。

ゆっくり弄りたいところなんですが・・・39度近い熱が出ていてグッタリ。

Apple Watch到着日に高熱でダウンなんてツイてない(^_^;)

熱が出たお陰で会社を休み、Apple Watchを朝から手にできたんですけどね・・・。

では、Apple Watchを着けて病院に行って来ますw

後日、使用感などを記事にしたいと思います!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。