Apple WatchでパソコンのiTunesを遠隔操作する方法!

Apple関連 Apple Watch関連 設定・小技
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => applewatch [name] => Apple Watch関連 ) [2] => Array ( [parent] => 1300 [slug] => setting [name] => 設定・小技 ) )
スポンサーリンク

remote

地味に便利。カズヤ(@kazumiso_s)です。

Apple Watchでは『Remote』というアプリを使って、パソコンのiTuensを操作し音楽の再生・曲送りなどができます!

その『Remote』の設定方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

Apple WatchでPCのiTunesを操作!

まずはApple WatchのHOME画面から『Remote』アプリを選択。

青い背景で白い右矢印のアイコンになります。

起動すると『デバイスを追加』という項目があるのでこちらを選択し、4桁の数字が表示されるのを確認。

この状態で放置し、PC側の設定を行います。

Apple Watch側

PC側でiTunesと連携

Apple WatchをペアリングしているiPhoneと同じWi-Fiに繋がっているパソコンで、iTunesを起動します。

左上の方にRemoteボタンが表示されるのでこちらを選択。

選択するとパスコードの入力を求められるので、Apple Watchの画面に表示された4桁の数字を入力しましょう!

これでApple Watchとパソコンが連携され、Apple Watchから操作が可能となりました。

Remoteボタン押下

認証

Apple Watchで音楽を再生

PC側で設定が完了したらApple Watchに戻ってみましょう!

設定前は「デバイスを追加」しかなかったRemoteアプリですが、PC側のライブラリが追加されています。

こちらをタップすればiTunesでの音楽再生・曲送り・ボリューム調節が可能となります!

しかし、プレイリストの表示やアートワークの表示などには対応していません。
今後のアップデートで対応されるとより使い勝手が良くなりそう。

ライブラリを削除したい場合は、アプリと同じように長押しすれば削除可能となります!

家にいるとき、遠い場所から音楽再生などが可能となるため地味に便利。

とりあえず設定だけでもしておくといいかもしれません。

Apple Watchで操作

ライブラリ削除

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。