iPad Air!?アップル 10月22日の新製品発表会で公表された内容のまとめ!

Apple関連 製品発表
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => showcase [name] => 製品発表 ) )
スポンサーリンク

apple-dev-1022

現地時間2013年10月22日から開始されたAppleの新製品発表会。

こちらで公表された内容をまとめました。

途中追いつかず抜け漏れなどがありますので、参考程度にお願い致します。

要点をまとめると以下になります。


・OS X「Marvericks」は10月23日から無料でアップデートが可能となる。
・Mac Proは12月中に発売され、価格は2999ドル。
・新しいMacBook Proが13、15インチが10月23日から発売する。
 価格は13インチが134,800円~
、15インチが204,800円~となる。
・iMovieなどが無料でアップデート可能。
・iWorkも新しいMacを購入した場合、無料でアップデート可能。
・iPadは「iPad Air」と名称を変え、薄さ7.5mm、重さ469gと軽量化。
 11月1日に発売され、シルバーとスペースグレーの2色でTouch IDは非搭載。
 価格は51,800円から。
・iPad miniはRetinaディスプレイが搭載される
 11月中に発売され、シルバーとスペースグレーの2色でTouch IDは非搭載。
 価格は41,900円から。
・iPad Air,iPad mini共にドコモからの発売はなし。

スポンサーリンク

イベント開始~

予定通り現地時間10時からイベント開始。

ティム・クック氏が登場し、iPhone売上数やAppStoreでのダウンロード数の発表。

・iPhone5s/5cは最初の週末で900万台売り上げた。
・iOS7のアップデートは64%のユーザーがアップデートした。
・App Storeでは600億以上のダウンロードが行われ、開発者は今では13億ドル以上の利益を得ている。

Apple

Marvericksについて

「Marvericks」をインストールすることでバッテリーの節約となり90分以上長く使えるようになる。
圧縮メモリと呼ばれる新しい機能を搭載し、4GBのRAMのデータ6GBを収めることができる。

GPUをより少ないメモリで割り当てることができます。
OpenCLをサポートし、1.8倍速くタスクを実行することができる。

「Marvericks」にはSafariで共有リンク、強化された通知はFinderのタグ、複数の表示処理が行える。

Safariの共有リンクはカレンダーアプリがマップと連動して時刻、日付、場所などの情報を検出することができる。

「Marvericks」へのアップデートは今日から配布され、無料でアップデートが可能になる。
Mavericks

MacBook Pro

Retinaディスプレイ搭載したMacBook Proがアップデート。

9時間の使用が可能にバッテリーを搭載。

Wi-Fiは802.11ac規格、サンダーボルト2を搭載。

13インチ

2.4GHzのi5の4GBのRAM、および128ギガバイトSSD。

10月23日から発売され、価格は134,800円から。

15インチ

2.0GHzのi7の、8GBのRAM、256ギガバイトSSD。

10月23日から発売され、価格は204,800円から。

MacBook Pro

Mac Pro

前モデルと比べ8分の1の大きさになった。

XeonプロセッサE5最大12コア。

最速メモリ:1866MHz DDR3 ECCメモリ。

二つAMDのFireProのGPU。

フラッシュストレージは1TB。

HDMI 1.4で4Kディスプレイに接続可能。

以前より70%少ないエネルギーで動き、Mac miniと同じくらい静か。

価格は2999ドルで、12月中に発売予定。

Mac Pro

iLifeのアップデート

iPhoto、iMovie、GarageBandが全て無料でアップデート可能に。

iPhoto

iOSのために再設計され、Macと同じように見える。

iPadでもフォトブックが作成可能になる。

iMovie

iOSのために再設計され、編集および共有機能の強化。

また、Macのための新デザインとなりブラウジングも強化。

iPhone5sのスロームービーも編集可能となる。
シアターという機能も搭載し、作成した動画を共有できる。

GarageBand

iOS7のためにアップデートされ、新しいサウンドライブラリとなった。

登録した仮想ユーザーが曲に合わせてドラムなどをセッションしてくれる。

iLife

iWorkについて

Mac用に書き換えた史上最大のアップデート。

iOS,MAC,Web上で完全なファイル互換となる。

Mac上で新しいコンテキスト依存形式パネル。

iCloud上にドキュメントを保存し、複数人で編集が可能となる。

新しいMacやiOSを購入した場合、iWorkのアップデートは無料。

iWork

iPadについて

クック氏による演説。

iPadは革命的で魔法のような先進的なデバイス。

今まで1.7億台の売上があり、タブレット市場では81%のシェアがある。

475,000以上のiPadアプリがあり、常に顧客満足度の1位を獲得してきた。

今までより良いバージョンで更新してきた。

iPad Air

iPadは「iPad Air」という名前に変更。
9.7インチのRetinaディスプレイは変わらず。

本体は28%軽くなり469g、20%薄く7.5mmとなった。

世界最軽量のフルサイズタブレットになる。

CPUはA7チップを搭載し、最大8倍の高速パフォーマンス、72倍高速なグラフィック性能となる。

Wi-Fiも高速化。

5メガピクセルのiSightカメラ、1080pのFaceTimeカメラを搭載。

10時間使えるバッテリーも搭載

本体はシルバー、スペースグレーの2色。

16GBは51800円からとなり、11月1日に発売。

指紋認証のTouch IDは非搭載。

キャリア版はSoftbank,KDDIの2社となり、Docomoからの扱いはなし。

iPad Air

iPad Air

iPad miniについて

解像度は2048 x 1568ピクセルとなり、Retinaディスプレイを搭載。
CPUはA7チップ。

最大8倍速、4倍速のグラフィック性能となる。

Wi-Fiも高速化。

5メガピクセルのiSightカメラ、1080pのFaceTimeカメラを搭載。

10時間使えるバッテリーも搭載。

本体はシルバー、スペースグレーの2色。

16GBは41,900円からとなり、11月中に発売される。

指紋認証のTouch IDは非搭載。
キャリア版はSoftbank,KDDIの2社となり、Docomoからの扱いはなし。

尚、初代iPad miniも販売は継続し、31,800円からとなる。

iPad mini

iPad mini

SmartCover

新しいSmartCover、SmartCaseも発売される。

SmartCoverは4080円

SmartCaseは8100円~。
SmartCover
SmartCase

最後に

最後にティム・クック氏がまとめて講演終了です。

今回発表された内容は、以前から噂されていた通りの内容とあまり相違はないですね。
Mac Proが意外とお手頃価格だったのが印象的。
まぁモニタが付いていない上、拡張性が低そうなので打倒でしょうか・・・。

iPadはゴールドカラーとTouch IDが非搭載でしたね。
また、キャリア版ではドコモからの取り扱いは今のところなさそうです。

iWatchに関する発表もまったくなかったのが残念。

今回発表された内容は既にAppleStoreに反映されています。

是非新しくなったApple製品をチェックしてみてください!

Apple Store

参考サイト:THE VERGE

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。