無料で遊べる!「横浜アンパンマンミュージアム」隣接モールは夕方が空いていたのでオススメ!

日々の出来事 遊び・観光
スポンサーリンク

無料で遊べる!「横浜アンパンマンミュージアム」隣接モールは夕方が空いていたのでオススメ!

いつ来ても楽しい!カズヤ(@kazumiso_s)です。

先日、テレビでアンパンマンミュージアムにて映画に登場するキャラクターのパンが売っていることが映しだされていました。

その映画は公開当日に僕と長女二人で観に行ったもの。

それを観た長女が・・・

長女:ルンダのパン!

僕:ナンダ?ナンダ?

長女:ルンダ!食べたい!

僕:ルンダ?ナンダ?

長女:ル・ン・ダ!パパと観に行ったでしょ!( ・`д・´)

からかったら怒られました・・・。 ってことで週末に横浜市にあるアンパンマンミュージアムへ「ルンダのパン」を買うついでに遊びに行ってきたので、モールの様子など写真を添えてご紹介したいと思います!

夏休み期間中の土曜日にも関わらず夕方はめっちゃ空いててビックリしました!

スポンサーリンク

子供にとっては夢の国!上も下も左も右もアンパンマンだらけ!

実家に車を借りていざアンパンマンミュージアムへ!

施設に隣接しているメインの駐車場が40台しか停められないと、妻が事前に調べていましたが・・・。

午後3時時点ではめっちゃ空いてました。

駐車場からアンパンマンの顔が見えて早くも長女大興奮!

駐車場から施設内に入ろうとすると・・・ 自動ドアに敷いてあるマットもアンパンマン!

駐車場から施設に入るとすぐに案内図やパンフレットなどが置いてあります。

初めての方はこちらでもらっておきましょう!

案内図側にはトレイもあります。

子供向け施設なので当然ながら男子トイレにも赤ちゃんが乗れる椅子が設備されており、壁にはアンパンマンキャラクターが描かれています!

エレベーターで下へ降りると荷物を入れるロッカーが登場!

やっぱりアンパンマン一色!

足元にもアンパンマン! 床に動くのあるギミックが埋め込まれているものが各所にあります。

子供たちが下を向いて立ち止まってしまうので逆に危ない気がするけど・・・。

3,000点を超える一番大きなグッズ売り場が見えてくる!

駐車場から降りてくると、右手に一番大きなグッズ売り場が見えてきます!

約3,000点を超えるおもちゃや雑貨などが売られています。

どでかいアンパンマン号がお出迎え(笑)

衣服やお風呂の入浴剤・・・

アンパンマングッズが多数並べられている!

ブロック玩具で作られたサンプルがディスプレイされたり。 アンパンマン世代の子供がどこを向けば落ち着くのか分からないくらいたくさんのグッズがあります(笑)

一部のおもちゃは遊ぶこともできます!

このグッズ売り場の中央にはアンパンマンおもちゃで自由に遊べるスペースが提供されています。

たくさんの子供で溢れ、おもちゃがひっちゃかめっちゃか(笑) 親は外で見守っている感じですね。

パパが見ている間にママがお買い物する・・・なんてご家族がほとんど(笑)

飲食店や遊戯コーナーもある!

グッズ売り場以外には有料の遊戯コーナーや飲食店なども入っています。

こちらは「バタコさんの手づくりハウス」 ボタンやワッペン・生地・オリジナルの手芸キットに、お名前刺繍を入れてオリジナルアイテムが作れるお店です! 思い出作りにピッタリ。

女の子が大好きそうな店構えの「ドキンちゃんのドキドキおしゃれショップ」 リュックやポーチなどが売られていて、ここでしか買えないグッズもあるみたい! 我が家はなるべく早く通り過ぎるように心がけています・・・(笑)

フレッシュジュースやつぶつぶのアイスを売っているお店も! 子供はもちろん、大人も美味しく飲める!

高いけど美味しいジュースです。

ドキンちゃんはグッズのみならず飲食店も展開(笑) 子供は喜ぶメニューがたくさんある洋食屋です!

が、アミューズメント施設内にある飲食店です。

予想はできると思いますが、値段と味が釣り合いません。

外に出てもアンパンマンだらけ!

外にでると中央広場を沿うようにお店が並んでいます! 写真はアンパンマンゲート(正面入口)から入ってきた様子です。

表にはアンパンマングッズを使ったディスプレイされたりしています。

ロッカーのみならずゴミ箱もアンパンマン仕様!

アンパンミュージアムの入り口には要注意!

アンパンマンゲートから入ってきた場合、ここに有料エリアのアンパンミュージアム入り口があります。 モールだけで無料で遊ぶ時はここは要注意。

子供を連れて入り口付近に行くと・・・

長女:パパ! あっち行きたい!

僕:ん・・・? 今日は終わっちゃったみたい。

長女:だってみんな入ってるよ!行こうよ!

僕:いやぁ。ここは入れなんだよー。

長女:なんでここだけ入れないの?行きたい!行きたい!

僕:ごめんねー・・・今日は無理なの><

ってことになります(;´Д`)

また、入り口に大きなアンパンマンの顔があるといういやらしい設計・・・。

ベビーカー置き場も用意されている!

大きなテントが張っている下にはベビーカーを置くことができます。

後でご紹介しますが、広場で行うショーを観る時はこちらに置いておきましょう。

森の本屋さんで絵本が読める!

なんとかアンパンミュージアムを回避して森の本屋さんにやってきました。

多くのアンパンマン絵本が並んでいます。 試し読みできて、事前にどんな内容なのか確認できるのが良い!

アンパンマンの洋服が売っている!

アンパンマン キッズコレクション」ではベビー・子供服・衣料雑貨などを扱っています。 自分の子供に買うのはもちろん、出産祝いなどの贈り物として利用してもいいかも!

アンパンマンのヘアサロン!?

ここにくるといつも謎なのがヘアサロンがあること。 普通の美容院と変わらないカット料金です・・・。 なのにいつも予約でいっぱい。

ぬいぐるみ好きは大興奮!

アンパンマンシリーズの各種ぬいぐるみを扱っている「ふわふわぬいぐるみやさん」 入り口にはデッカイバイキンマンが! ・・・ 暑くてグッタリしてるように見える(笑)

店内に入るとぬいぐるみたくさんで大人もちょっとテンション上がる!

遊べる大きな時計塔

広場には大きな時計塔があります! キャラクター達が乗っかっていて、下をくぐったりして遊べる作りです!

大人気!ジャムおじさんのパン工場!

さて、お目当てのルンダのパン。

こちらは「ジャムおじさんのパン工場」で販売されています!

モール全体は空いてたものの、ここだけは混雑していました!

表にはルンダのパンが数量限定で販売とお知らせが! ピンク色の髪の毛なのに「アジアンマンゴークリーム」が入っているらしい。 なぜだ。

表からはパン工房で売られているパンが並べられています!

店内に入ると・・・ありました!ルンダのパン!! 出来たてホヤホヤが並んでいます! あー、売り切れて無くてよかったー(笑)

もう一つ、コキンちゃんもお買い上げ! コキンちゃんは来る度にいつも選んでるなー(笑)

その他、15種類以上のパンが売られています! どれもそっくりに作られていますねー。

一個300円近くするから意外と高いけど・・・(笑)

店内ではパンを作る様子も見ることができます!

レジにはたくさん買った人だけが入れてもらえる専用ボックスが展示されていました(笑) 2、3個くらいだと白い箱です。

アンパンマン達が登場するショーも無料で楽しめる!

モールの広場では一日数回、イベントショーが行われることがあります! 我が家が訪れた日は17:30から開始!

30分前くらいに場所取りして最前列をゲット! 混雑時はもっと早く前から場所取りしないと無理です・・・。

その日に何が行われるかはイベントカレンダーをチェックしておきましょう!

横浜アンパンマンこどもミュージアムのイベントショーカレンダーはこちらから

この日のイベントは「アンパンマンと扇のきらめく夏まつり」。

無料で配布されるうちわでパタパタ仰ぎます。 お姉さんたち一緒に練習していると・・・。

わーはっはっはー!

と、どこからか聞き慣れた笑い声が聞こえ・・・ バイキンマン登場!

ドキンちゃんもいまーす!

そしてアンパンマン達が登場!

アンパンマーン!!!

子供たちのボルテージは一気に上がる!! そりゃそうだ。

テレビの中から飛び出してきて、目の前にヒーロー達がいるんだから(笑)

ショーが開始されみんなアンパンマン達に釘付け!

楽しそうでした(*^^)

キャラクター達と触れ合える場が!

子供たちがステージに集まりアンパンマン音頭を踊ったしてキャラクター達と触れ合える場が設けられました。 混んでいるときはなかったはずだけど・・・空いていたからかな。

最期は握手してバイバイキーン!

最期はキャラクター達が子供たちと握手をしてグルっと回ってくれましたー!

子供たちの夢のような時間は15分ほどであっという間に終わりました。

まとめ

以上、「アンパンマンミュージアム隣接モール」の様子でした~!

有料施設に入ると家族3人で行っても4,500円以上かかります・・・。

入ったら入ったで楽しいのですが、無料でここまで遊べるからモールだけで十分楽しめます。

是非、一度足を運んでみてはいかがでしょうか!

但し、車で来場される方はスゴく早く来るか遅く来るかした方がいいですね。 第一駐車場(40台)、第二駐車場(100台)の計140台しか入りません。

また駐車料金は、最初の一時間520円・以降270円/30分となっており、まさかの割引制度がありませんので要注意です。

それじゃ、また。

横浜アンパンマンこどもミュージアムについてはこちらから

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。