iPadをサブディスプレイ化するアプリ「Air Display 2」の使い方!

Apple関連
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 238 [slug] => ipad [name] => iPad関連 ) [2] => Array ( [parent] => 238 [slug] => iphone-app [name] => iPhoneアプリ ) [3] => Array ( [parent] => 687 [slug] => handiness [name] => 便利アプリ ) )
スポンサーリンク

Air Display2

意外と使える!カズヤ(@kazumiso_s)です。

Macの画面をiPadに映せないかなぁって色々調べていたら「Air Display 2」というアプリで実現可能なことが判明。

モニタの小さいMacBook AirなどのサブディスプレイとしてiPadが使えるようになれば、作業の効率が上がります!

アプリはちょっと高いけどお値段以上の価値はあると思います。

価格: ¥1,000
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
※アプリ価格は掲載時のものです。

AppStoreでアプリをチェック!


スポンサーリンク

PC設定編

iPad側はアプリを起動するだけですが、パソコン側は専用のツールをインストールする必要があります。
特に難しい作業はないのでサクッと設定しましょう!

ツールダウンロード

iPad側に画面を映すための専用ツールをダウンロードする必要があります。

こちらのサイトからMacまたはWindows用のツールをダウンロードしましょう!

Avatron Software | Get Air Display

公式サイトからダウンロード

インストール

ダウンロードしてきたツールをインストールしましょう!

インストール完了後、パソコンの再起動が求められるので作業中のものがある場合は保存しましょう!

インストール

iOSアプリ編

パソコンの再起動中にアプリ「Air Display 2を」のインストールを行いましょう!
ユニバーサルアプリとなっているため購入すればiPhoneでもiPadでも使用可能となります!

インストール

アプリは1,000円とちょっと尻込みしてしまう価格かもしれません。
私は機能面を考慮すれば安いとは思いますが、スペックの低いパソコンやiOSデバイスでは正常に機能しない可能性があります。

どのアプリにも言えることですが、期待以上のことができなかった時は諦めましょう・・・。
こういう時、GooglePlayのキャンセル機能が羨ましく感じます。

価格: ¥1,000
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
※アプリ価格は掲載時のものです。

AppStoreでアプリをチェック!

Wi-Fi接続

パソコンの画面をiPadに映すには同じネットワークに接続している必要があります。

Wi-Fi接続を行いパソコンと同じネットワークに繋がっていることを確認しましょう。

アプリの起動

サブディスプレイ化するにはAir Display 2を起動している必要があります。

起動すると画像の状態になるのでこのままにしておきます。

iPad

接続してみよう!

パソコンにツール、iPadにアプリのインストールが完了したら接続してみましょう!

ワンクリックで接続できるので簡単!

接続確認

Macにツールをインストールし再起動中すると上部のツールバーにモニタが2個重なっているアイコンが表示されるようになります。

こちらがAir Display用のツールで、接続可能なiOSデバイスが表示されます。

あとはサブディスプレイ化したいデバイスを選択して接続するだけ!

設定画面を開けばRetinaディスプレイの解像度で接続させるなどの設定が行えます。

もし繋ぎたいデバイスが表示されていない場合は、「Air Display 2が起動しているか。パソコンと同じネットワークに繋がっているか」を確認してみましょう!

接続確認

設定画面

サブディスプレイ化!

パソコンから接続するとiPadがサブディスプレイ化され、Macの画面が映ります!

接続したMacからブラウザなどを左に向かってドラッグして、iPad上に表示されるか確認してみて下さい。

Redtinaディスプレイモードにすると解像度が高いため、一つ一つが小さい映ります。
下の2枚の画像はRetinaディスプレイにした場合としていない場合で、同じ状態のブラウザを表示したものです。

表示される大きさが全然違うことが分かると思います。

用途によって解像度の大きさを使い分けましょう!

Retinaディスプレイモード

非Retinaディスプレイモード

最後に

概ね求めたことは実現できましたが、動作はモッサリします。

普通のiPadのようにヌルヌル・サクサクとはいかないようです。
サブディスプレイ化したiPad上で文字をタイプしたりすると追い付いて来ない時があります。

資料の閲覧、監視ツール、ネット閲覧などあまり操作しないものの表示を目的としたほうが良さそうです!

気になった方はチェックしてみて下さい!

価格: ¥1,000
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
※アプリ価格は掲載時のものです。

AppStoreでアプリをチェック!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。