iPhoneの標準アプリのカレンダーに日本の祝日を表示する方法!

Apple関連 iPhoneの小技 iPhone関連
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => appleinfo [name] => Apple関連 ) [1] => Array ( [parent] => 686 [slug] => tweak [name] => iPhoneの小技 ) [2] => Array ( [parent] => 238 [slug] => iphone [name] => iPhone関連 ) )
スポンサーリンク

iPhoneの標準カレンダーには土日が青字・赤字になりません。

それどころか日本の祝日は表示すらされません!w

calender

そんな日本の祝日を表示できる方法をご紹介します!

さっそく試してみましょう!

スポンサーリンク

ダウンロードページヘアクセス

まずはこちらのページにアクセスしましょう!

Appleのサイトが開くので、右下の「Download」ボタンをタップします!

これは日本の祝日情報のダウンロードになります。

祝日の表示

カレンダー紹介の確認

画像のように照会するかを問われるので「照会」をタップしましょう!

祝日の表示

祝日情報の追加完了

数秒ほど待つと追加が完了したとメッセージが表示されます!

これで標準のカレンダーアプリに祝日が表示されるようになります!

祝日の表示

カレンダーで確認

カレンダーアプリを起動して確認してみましょう!

例えば7月15日(月)は「海の日」で祝日です。

カレンダーの日付は赤字にはなりませんが、終日「海の日」とイベントが登録されて、祝日だということがわかるようになりました!

祝日の表示

以上「標準アプリのカレンダーに日本の祝日を表示する方法」のご紹介でした!

一度登録すればずっと表示されたままになるので、登録しておいて損はないと思います。

まだの方は是非お試し下さい!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。