日本脳炎とは?予防接種する時期や間隔などについて覚えておこう!

育児・子育てのこと 体験談
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => child [name] => 育児・子育てのこと ) [1] => Array ( [parent] => 1583 [slug] => experiences [name] => 体験談 ) )
スポンサーリンク

日本脳炎とは?予防接種する時期や間隔などについて覚えておこう!

日本脳炎をよく知らなかったカズヤ(@kazumiso_s)です。

先日、長女が日本脳炎の予防接種へ行ってきました。

最初に行くと言われた時になんの事だかサッパリで・・・

 

妻:明日、「にほんのうえん」に行ってくるねー!

 

僕:(´-`).。oO(日本農園・・・?)

 

僕:野菜取り放題でもやるの?楽しんできてね(´∀`*)

 

妻:へ?予防接種だよ!(笑)

 

妻:注射しに行くの(´_`。)

 

僕:(´-`).。oO(畑で注射・・・?)

と、こんな具合で話が噛み合わないことが(笑) さすがに全く知らない状態も恥ずかしいので、日本脳炎について色々調べてみました!

スポンサーリンク

 

予防接種「日本脳炎」について覚えておこう!

日本脳炎」とググると厚生労働省のホームページが出てきました。

こちらを参考に色々見てみると、日本脳炎がかなり怖い疾病だということが分かりました・・・。

接種時期や間隔なども重要です!

日本脳炎 |厚生労働省
日本脳炎について紹介しています。
こちらのページを読む

日本脳炎は蚊を介して感染する疾病。

日本脳炎は日本脳炎ウイルスにより発生する疾病で、蚊を介して感染

意識障害や麻痺等の神経系の障害を引き起こす病気で、後遺症を残すことや死に至ることもあるそうです。

日本脳炎ウイルスに感染したおよそ1000人に1人が日本脳炎を発症し、発症した方の20~40%が亡くなってしまうといわれているそうです。

また、生存した方の中でも45~70%の方は精神障害などの後遺症が残ってしまうそうです。 これだけを見るとかなり怖いですね・・・。

日本脳炎は、日本脳炎ウイルスにより発生する疾病で、蚊を介して感染します。以前は子どもや高齢者に多くみられた病気です。突然の高熱、頭痛、嘔吐などで発病し、意識障害や麻痺等の神経系の障害を引き起こす病気で、後遺症を残すことや死に至ることもあります。 引用 : 厚生労働省

予防接種を受けることで大幅なリスク軽減が期待できる!

日本脳炎がかなり怖い病気だと分かりましたが、予防接種をすることで病気にかかるリスクを75~95%減らすことができると報告されているそうです!

・・・ 正直なところ25%もリスクは残るのかと思っていしまいました(;´Д`)

が、それでも予防接種するしないでは大きな違いがありますね。

ちなみに日本脳炎の予防接種は定期予防接種に含まれていて、国や自治体から接種することを強く推奨しているものとなります。

住んでいる地域によって異なると思いますが、無料もしくは低価格で予防接種を受けることができます!

全部で4回の予防接種が必要

怖い病気のリスクを経験できる予防接種ですが、日本脳炎の場合は全部で4回の接種が必要となります。

大きく2期の接種時期があり、1期接種は「3歳の時に2回、4歳の時に1回」あります。 2回目は6日〜28日間の間隔を空ける必要があり、3回目は2回目の接種よりおよそ1年の間隔を空け、4歳の時に1回の接種を受けることができます!

最後の4回目の2期接種は「9歳の時に1回」となります。

間隔が空いてしまうのでスマホカレンダーに入れるなどしてしっかりと把握して覚えておきましょうね!

一時期、予防接種の案内を控えていた時期があった。

以前、日本脳炎の予防接種後に重い病気になった事例があったそうです。

これをきっかけに、平成17年度から平成21年度まで、日本脳炎の予防接種の案内を厚生労働省から行っていなかったそうです。

そのため、平成7~18年度に生まれた方については、平成17~21年度に日本脳炎の予防接種を受ける機会を逃していることがあると記載があります。

心当たりのあるママさん、パパさんはお子さんが接種していない可能性があるかもしれないので母子手帳などを見返してくださいね。

尚、現在は新たなワクチンが開発され日本脳炎の予防接種を通常通り受けられるようになっています!

まとめ

予防接種は1回で済むものだと思っていましたが、日本脳炎は全部で4回も接種が必要なのですね。 全然知りませんでした・・・。

そして怖い病気だということも。

とは言え、過去にワクチンを接種することで重い病気にかかってしまった事例もあることから必ずしも予防接種がいいこととは限らないという事実も知れました。

当然、子供が判断できるものではないのでママとパパがしっかりと把握して予防接種するかしないかを判断してあげましょうね!

それじゃ、また。

参考 : 厚生労働省

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。