建売の戸建てを購入して3年。生活してきて感じた良いところ・悪いところ

日々の出来事 日記
Array ( [0] => Array ( [parent] => 0 [slug] => daily [name] => 日々の出来事 ) [1] => Array ( [parent] => 1064 [slug] => diary [name] => 日記 ) )
スポンサーリンク

戸建てに3年間住み続けてきて分かった良いところ・悪いところ

勢いで戸建てを買ったカズヤ(@kazumiso_s)です。

今から3年ほど前、新築建売の戸建て物件を購入しました。

元々マンションを買おうと思い内覧するなど探していましたが、しばらくして予算的にも場所的にも条件の良かった戸建てが見つかったので内覧したその日の内に買うと決めました。

もうちょっと慎重に選んだ方が良かったんじゃ・・・

今となってはそう思いますが、3年間生活してきた中では”失敗した”と思うような大きな不満は感じていません。

とは言えそれは結果論であって、前情報があれば戸建てはヤメてマンションを買っていたかもしれません。

そこで実際に住んでみて分かったことや感じた事などをまとめてみたいと思います。

今後、マイホームを購入される方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

戸建てを買って良かったところ

まずは戸建てにして良かったところから挙げていきます。

上下階の住民を気にしなくて良い

マンションにあって、戸建てにないもの・・・それは”上下階の住民問題

上の階の騒音が気になる、下の階から騒音で注意されるというトラブルは良く聞く話です。

実際、僕達夫婦が賃貸住まいの時にも上下階の音は気になることは多々有りました。

階下への騒音問題は大人なら意識して注意すれば済む話ですが、小さい子どもはそうも行きません。

2歳になるころにはドタバタ走り回ったりソファからジャンプしたり・・・めっちゃ騒ぎます。

無邪気に元気で遊んで良いことだと思いますが、それは自分の子供だからそう思えること。

他人の子供が上の階でドタバタして騒がれたら苦情を言ってくる人も少なくありません。

そう言った点で、戸建てはこの問題をまったく気にしなくていいので気楽です。

僕も一緒に子供とジャンプして騒ぎまくっています。

ちなみに不動産屋に言われましたが、最近のマンションは大人がジャンプしても階下には音が響かないほど騒音対策はされているそうです。

と、言われても実際ドタバタしてたら階下の人が気になってしまいますよね・・・特に夜中など。

家計の負担が少ない

マンションには管理費、修繕積立金が物件価格の他に毎月支払いが必要となります。

私が物件探しをしていた時や周りから聞いた話では”月に2万~4万円”ほど必要な物件が多かったです。

物件によって異なってきますが、住宅ローンを組むとなるとこれらが上乗せとなりますね。

反面、戸建てにはこの管理費、修繕積立金の支払いはないため、純粋に住宅ローンを組んだ分だけが毎月の支払いとなります。

言うまでもなく負担が少ない戸建ては家計に優しいです。

もし車が必要であればマンションの場合、駐車場代も発生します。

戸建てなら1台はカースペースがあるところがほとんどだと思うので、やはり負担が増えることはありません。

固定資産税というものも毎年払わなければならいので、極力支払いは減らしたいところ。

修繕費を積み立てる必要は?

まだ住んだばかりですので不明確な部分ですが、長く住んでいると修繕費が必要となってくる場合がいつかくるはず。

戸建てはこの時のためにお金を貯めておく必要があるから、結局マンションと同じだけ負担がある

なんて考えにも至りましたが、マンションの場合で支払っている修繕積立金はあくまで共有部分の修繕を賄うお金であり、専有部分(自身の住居エリア)に関わる修繕費は積立からは出ません。

築30年となる妻の実家のマンションも700万円かけて大々的に部屋を修繕していました。

つまり積み立てている修繕積立金は他人の為に使われ、自身の専有部分の修繕は実費で支払う必要があるということ。

そう考えるとやはり戸建ての修繕費はマンションに比べ安くなると考えています。

ただ・・・私の祖父母宅(2階建て戸建て)は築60年近く立ちますが、一度も修繕したことがないそうです。

庭を有効活用

戸建てには庭が付いてくるところが多いはず。

ガーデニングや家庭菜園なども楽しむことができるので、家に帰る楽しみが増えますね。

我が家は夫婦ともどもガーデニングなどには興味がないので、ウッドデッキにして洗濯物を干したり、夏は小さいビニールプールを出して子どもたちと遊んでいます。

天気が良い日はウッドデッキでシートを引いてお昼ごはんを食べたりすると子どもが喜びます!

駐車場が目の前

戸建の場合、駐車場が玄関のすぐ側にあることがほとんどかと思います。

集合住宅であるマンションはそうも行きませんね。

スーパーで買い物をしたり、大きな荷物を抱えて出かける時に”車へすぐアクセスできる”という点が戸建てならではのメリットですね。

小さい子供がいるうちは特に。

マンション住まいの妻の実家に行く度に思います。

荷物を抱えて、エレベーターに乗ったり階段昇り降りしたり・・・面倒くさい。

駐車場も機械式だと出し入れにも時間がかかりますからね。

金払って駐車しているのに不憫なことだらけ。

車はそもそも不要だと考えてみては?

住む場所にも寄りますが、そもそも車は不要だと思っています。

なので我が家はマイカーがありません。

この先も買う予定はありません。

週末しか乗らないものに300万近い本体を買い、毎年支払いが義務付けられている無駄な税金や2年毎の車検。

ただの負債でしかありません。

移動は250cc以下のバイクや電動自転車で十分こと足ります。

遠出するならレンタカーを利用しましょう。

一時的に支払いが必要となりますが、車の年間維持費と比べれば安いものです。

住む環境にもよるので不要と言い切ることはできませんが、本当に必要な環境なのか?と疑問に思ってみると意外といらないという結論に至るかもしれません。

もちろんあれば便利ですが、費用対効果を考えると一般家庭には大きな負債と化すものでしょう。

戸建てに不満に思うところ

続いて戸建ての不満に思うところ。

夏は暑く冬は寒い

戸建てだと多くが木造となります。

そのため室内の温度が外の気温にかなり影響を受けます。

夏はクソ暑く、冬は凍えるほど寒い。

これに伴い電気代とガス代が夏場冬場は高騰します。

電気代が1万を超える月が年間で4ヶ月ほどあります。

地上7階建てマンション(妻の実家)の6階の部屋だと、夏はエアコンいらずの涼しさで冬も暖房入らずの暖かさ。

同じ区内なのに信じられないほど室温が違ってきます。

クモ、蟻などの害虫

地上に近い戸建てはクモや蟻などの害虫が家の中に侵入してきます。

蟻は滅多にないんですが・・・クモがヤバイ。

リビング、トイレ、洗面所に特にいますね。

スゴく小さく害はない(たぶん)のですが、いちいち妻や子どもたちが悲鳴をあげるのでめんどくさい。

どこから侵入してきてるのか・・・。

梅雨時期の天敵あるあるGさんも3年の間に1度出没しました。

地域にもよると思いますが、このような害虫さんはマンションに比べて多いです。

野良猫の糞尿被害

地域を徘徊している野良猫の糞尿被害。

野良猫に餌付けしている迷惑な家が近くにあると最悪。

我が家は側道の砂利の部分が野良猫のトイレスポットになってしまったことがあり、対策として超音波発生機を設置するハメになりました。

マンションでは発生し得ない問題ですね。

ガーデンバリア GDXで猫の糞尿対策!超音波が効果抜群!
ガーデンバリア GDXで猫の糞尿対策!超音波が効果抜群!
猫に取り憑かれた・・・。カズヤ(@kazumiso_s)です。先日、自宅の敷地内の側道に生えている草むしりをしているとどこからか異臭が・・・。不自然に盛られている砂利部分を掘り返してみると・・・猫に糞をされていた(^_^メ)これはマズイと思い猫の糞尿被害に効果があると評判の高かった「ガーデンバリア GDX」という超音波で猫を寄せ付けない機械を購入!即効果を発
こちらの記事を読む

2階へ行くのが面倒

戸建てなら2階建て、3階建てがオーソドックスな造りですね。

我が家は1階にリビングとキッチン、2階に寝室や書斎など4部屋ある間取りとなっています。

基本の生活スペースは1階ですが、着替えなどは2階へ収納しているため階段の昇り降りが発生します。

これが地味に面倒で。

元々戸建て住まいの方なら小さい頃から当たり前のことだと思いますが、マンション住まいだった方には面倒に感じます。

すぐ慣れると思っていましたが、住み始めて3年経った今も面倒に感じます・・・。

掃除するときも掃除機を上に持っていかないといけないのですからね。

2階用の掃除機を買えば解消する話ですが(笑)

その点、マンションだと階段がないので部屋間の移動が楽でいいですね。

セキュリティが心配

マンションならエントランスを通らなければ入れないですし、防犯カメラを設定しているところも多くありますね。

反面、戸建ては道路からすぐ侵入できてしまうので防犯面で不安があります。

長期で家を空ける時など特に。

同じように不安を抱えて月5,000円払ってセコムを契約している知人がいます。

共働きし始めて子供達だけでお留守番するような時を迎えたら・・・我が家もセコムに加入しようと考えています。

同年代の家庭が少ない

マイホームを購入する世代は20代後半から40代前半が大半になります。

結婚直後や子供が生まれたなど家族が増えることをキッカケにすると思います。

新築マンションなら世帯数が非常に多いため、同じ世代の方たちが集まり自然と仲良くなれます。

子育てで大変な時期に同じ境遇のママさんと仲良くなれ、自然と子どもたちも同年代のお友達ができることが期待できます。

一方、戸建てに関しては誰かが売りに出した土地に新しい家を建てることになるので、周りに住んでいる方は昔から住んでいる年配の方ばかりという可能性も十分ありえます。

複数の戸建てが売られたとしてもマンションほどの規模にはならないため、交友関係を広げるという点では劣っています。

新しい住まいの地域が奥さんの地元から離れていて、友人や両親と頻繁に会えない環境となる方にはマンションの方が安心できると思います。

子供が幼稚園に行くようになれば解消される問題だとは思いますが・・・。

細かい所の作りが雑

建売なので注文住宅に比べると安く購入できました。

ですが、細かい所の作りが雑で・・・

  • クローゼットの奥行きが一般的なハンガーの長さより短く、斜めにしないと扉が閉まらない。
  • 表札とポストの柱にペンキらしき塗り後が微妙に残っている。
  • 購入して半年ほどで洗濯機の蛇口から水漏れした。

などなど。

内覧時には目が行かなかった部分が生活している内に見えてきました。

水漏れに関してはクレーム入れて物件の売り主に無償で修理してもらいましたが・・・他にもあるんじゃないかと不安は残ります。

番外編:賃貸に比べて良かったところ・悪かったところ

ちょっと主題とはずれますが、賃貸の時と比べて感じたことをまとめたいと思います。

家に愛着が持てる

多額の借金を背負ってまで購入したマイホーム。

さすがに愛着が湧きますね。

今後色々な事があると思うけど家族の思い出となる場所を持てたことは自分の自信にも繋がります。

近所付き合いをするようになる

賃貸の時と比べて近所付き合いをするようになりました。

子供がいることの影響が大きいかもしれませんが、近所の人達と顔見知りになれば安心感もあります。

ただ迷惑人間が近所にいると身動きが取れないので我慢しながらの生活を強いられるリスクがあります。

広くなったことの影響

賃貸の時は部屋が狭かったので広いリビングや書斎が持てたこと。

同じ広さの賃貸を借りるとなるとさすがに家賃が払えません。

その反面、掃除が大変になりました。

引っ越しが容易ではなくなる

賃貸のように引っ越しが容易ではなくなるのはデメリット。

よほどのことがない限り、死ぬまでその家で地域で暮らすことになるので新鮮感は感じられない。

無駄な税金を払う

マイホームを所有すると、固定資産税という無駄な税金を払うことになります。

我が家は年間13万円ほど。

金利によって返済額が変わる

住宅ローンを組む際に”変動金利”というタイプで借りてしまうと、金利の変動により毎月の支払額が変わってしまうリスクがあります。

5年毎の見直しにはなりますが、20年後はいくらの支払いになっているのか?

その時になってみないと分からないので不安が残ります。

可能であれば頭金をしっかり用意して固定金利で住宅ローンを組むことをオススメします。

まとめ

以上が私が建売戸建てに住んできて感じたことになります。

実際住んでみないと分からないことだらけではありましたが、戸建てを購入して後悔はしていません!

マンション派だった妻も大きな不満を抱えることなく普通に生活しています。

住めば都

ですね。

それじゃ、また。

住宅購入に関する参考情報はこちら!

スポンサーリンク

この記事は私が書きました。

管理人:カズヤ(@kazumiso_s)

31歳、横浜市在住の2児の父。本業はシステムエンジニアで目標は今の会社で取締役になること。「毎日に価値を見出す」ことを信念に置き、未来に役立つ情報を発信しています。難病「好酸球性副鼻腔炎」という嗅覚障害持ち。最近生まれて初めて坊主にした。詳細なプロフィールはこちらから

この記事をシェアはこちらから。

フォローして頂けるとブログの更新情報をお届けできます。

この記事が気に入ったら「いいね!」
最新情報をお届けします。

もう1記事いかがですか。